Top > 海洋帝国民のラプトルの生態


海洋帝国民のラプトルの生態

Last-modified: 2019-08-25 (日) 14:49:34

受付の人「今日狩るモンスターはコイツだっ!」
デデン!
海洋帝国民のラプトル
ハンター達「ザワザワ」
ハンターA「あれってたしか、膨大なページ数wikiの編集者じゃね?」
受付の人「えっと学者さん、お願いします。」
学者「えー...今日は謎多き珍獣「海洋帝国民のラプトル」の生態を紹介します。」
学者「奴はドロマエオサウルス科の生物で、ドロマエオサウルス科の中でも最大級の属です。」
学者「しかし、日本という小さい島に住んでいるので、島嶼性矮小化して小さくなっています。」
学者「なので手に入る素材の量が少ないです。」
学者「後肢の第二趾に付いている鉤爪は長さ10センチメートルに達します。」
学者「また、50mを驚異の11秒で走ります。あと、扁桃腺が大きく熱が出た時に高熱になりやすいです。」
学者「身長は驚異の約160cm!全然食べないからこんなに低身長なんです。」
学者「一番興味深いのは二足歩行をするという点ですね。」
学者「あと、すぐ泣くので速攻でモンスターにやられます。」
学者「なぜこんなんが野生の世界で生きて行けたのかというと、」
学者「襲われた時に時空の穴をあけ、そこに逃げているからです。」
学者「また、これを使いモンスターの首を切断したりします。」
学者「しかし、本体のHPは200なのですぐに倒せます。」
学者「また、奴はアメリカのユタ州から来たと言い張っていますが、」
学者「実際の所はロシアから来た可能性が高いです」
学者「また、皮膚を鑑定した結果、地球外生命体...」
一同「うわあああああ」
(拠点に謎の巨大生命体が突っ込んできた。)

ということで、来年ぐらいに改名します。
海洋帝国民のラプトルって長い...
(短くなるだけだから期待しないでね。)
あと地球に地球外生命体連れてくる。(大嘘)

例のアレ

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?