真夏の夜の夢(シェイクスピア)

Last-modified: 2022-01-16 (日) 16:34:00

茶番(注1:大筋のみ 注2:ポケモンBBSネタ多め 注3:長い

 

ある夜、鬱蒼とした森に2匹のポケモンが訪れました。どうやら訳アリの様子……。

 
 

>o'ω'o<:デデンネ
「トレーナーめ……『6Vメタモンとタマゴを作れ、嫌ならミラクルに流すぞ』とか勝手な事を言うンネ!
 愛しのニャスパーくんとのタマゴが作れないのなら駆け落ちしてやるンネ!」

 

(X ◎;◎ X):ニャスパー
「上手くいかないなぁ恋愛ってね。だから面白いんですわぁ……」

 
 

ポケモンを預けるボックスに不具合が生じ、それを利用してこっそり脱走したようです。
しかしそんな彼らに続くように、森に向かうポケモンがいました。

 
 

6V・_ .\:メタモン
「デデンネの やつ ミラクルに ながされたいのか ばか
 さいきょう 10Vの おれが バトルしてでも つれもどしてやる」

 

┌(⌒)(´●v●`)(⌒)┐:マッシブーン
「メタモンくん、どこかな……。ごめんねデデンネちゃん。
 あなたから聞いた駆け落ちの話を、メタモンくんに会う為のダシに使うような事をして……
 でもメタモンくんはあなたが居なくなったと知ったら絶対探しに向かうから……」

 
 

この2匹もそれぞれ森の中へ消えて行きました。
しかし彼らが入った森、『ぽけ林道』はジュカインと夫婦生活を営む妖魔『けろ』が支配する不思議なダンジョンだったのです。

 
 

ケ(*>ロ<)ノ:けろ
「ジュカインさん……ミラクルで流れてきた『6V色違いレベル100』のポケモンについて
 『逃がすくらいならGTSの弾にしろ』としつこく勧めてくれてありがとう
 いい加減すぎぃ!どう考えても改造産なのにそれをネットに流すのはどうなのですか><
 もーおこでしたよエルフーンさん><」

 

{ @・ワ・@ }:エルフーン
「ひどいです!ひどすぎます!
 なので!虹マメさんを砕いて作った『幸せの虹の粉』を浴びせて、たまたま通りかかった
 王子さんの小さなキノコさんの虜になるようにしてあげたんですよね!えへ!
 ちなみに幸せの虹の粉の効果は『浴びた方が、その後初めて見た方に恋をする』というものです!えへ!」

 

ケ(*>ロ<)ノ
「あの光景は現在進行形で見苦しいぞ……
 ところで先ほど私の森にポケモンが何匹か迷い込みましたね、
 あの中にいるマッシブーンさんはメタモンさんに想いを伝えられずにいるみたいです><
 エルフーンさん、幸せの虹の粉でメタモンさんが彼女に恋するようにしてあげてください><」

 

{ @>ワ<@ }
「マッシブーンさんの為に元気にしますね!えへ!」

 
 

いたずら好きなエルフーンにより、メタモンに幸せの虹の粉が撒かれたのですが……

 
 

>o`ω´o<#
「何でお前らまでここにいるンネ!つーか何でニャスパーくんはマッシブーンにホレ出したンネ!?」

 

(X ◎j◎;X)
「mtkr!何やマッシブーンさんの肉体美ィ!こんなん見とれて初手竜舞や!」

 

6V・_ .\
「それな
 でも おまえには ぜったい わたさない」

 

(⌒)┛´●v●`;┗(⌒)
「え、え?どうなってるのこれ?!ち……違うのデデンネちゃんっ!!」

 
 
ワーワー ギャーギャー
 
 

ケ(*>ロ<)ノ
「あれ?」

 

{ @・ワ<@ }
「夜中だというのに森がずいぶん賑やかになりましたね!えへ!
 うっかりニャスパーさんにも幸せの虹の粉を浴びせちゃったからかもしれません!えへ!」

 
 
アーーアーー(デケデケドンwwww)
アーーーア↑ーーー(デンデーンwwww)
 
 

ケ(*>ロ<)ノ
「親切心でやったのに、森に混乱を引き起こす結果となったのは論理的結論としてどうなのですか><
 私のせいとはいえ目に余るので、秘術『L+R+START』で解除ですよ><」

 
 

こうして『L+R+START』によって幸せの虹の粉の効果が無くなり、大騒ぎになってしまった森は再び平穏を取り戻したのでした。
ところがメタモンは元からマッシブーンの事を愛していたらしく、マッシブーンはめでたくメタモンと結ばれました。
デデンネとニャスパーもトレーナーに忘れられて捜索されなかったので、もう恋の障害は存在しません。
どちらのカップルも野生ポケモン界のおしどり夫婦として末長く幸せに暮らしましたとさ。

 

ついでに秘術の効果でジュカインも元に戻り、けろと和解してイチャつくようになりましたとさ。おしまい。

 

長杉産業

  • 男女が駆け落ちして森に入り込む
  • それを知った女性の本来の婚約者Aと、Aに想いを寄せる女性Bも森に向かう
  • Bに同情した妖精の王がお節介をした結果、恋の矛先が滅茶苦茶になる珍騒動に

概要

ウィリアム・シェイクスピアが作成した劇の一種。
恋に悩む男女の姿を、妖精というファンタジー要素を織り交ぜて描いている。
ちなみに読みは「まなつののゆめ」である。よるではない。
タイトルに『真夏』と付いているのは、本来の季節がいつだろうが恋は熱くなくっちゃな!と考えた結果だという説がある。

登場人物

  • ハーミア(茶番では>o'ω'o<
    父親が用意した政略結婚を受け入れられなかったため、「デデーン!死刑!」と言い渡された女性。
    政略結婚か死刑のどちらかを選べと言われ、駆け落ちの道を歩むことに。
     
  • ライサンダー(茶番では(X ◎;◎ X)
    ハーミアと相思相愛の男性。ハーミアとともに駆け落ちし、森へ向かう。
     
  • ディミートリアス(長杉産業ではA、茶番では6V・_ .\
    ハーミアの父に指名されていた男性。ハーミアの死刑を避けるため、ハーミアを探す。
     
  • ヘレナ(長杉産業ではB、茶番では┗(⌒)(`●v●´)(⌒)┛
    ハーミアの友人で、ディミートリアスに恋している女性。
    ハーミアから駆け落ちの話を聞き、ディミートリアスもハーミアを追うと判断して森へ行く。
     
  • オベロン(茶番ではケ(*>ロ<)ノ
    森に住む妖精たちの王。ヘレナに同情し、ホレ薬をディミートリアスに使おうとする。
     
  • ティターニア(茶番ではジュカイン)
    妖精たちの女王でオベロンの妻。
    拾ったイケメン男児の扱いでオベロンと言い争いになった結果、ホレ薬を塗られてロバ頭の人間に恋愛感情を抱くことに。
     
  • パック(茶番では{ @・ワ・@ }
    いたずら妖精でオベロンのしもべ。オベロンの指示でホレ薬を使い、混乱を招く。
     
  • イジーアス(茶番ではトレーナー)
    ハーミアの父親。言う事を聞かない娘を昔の法律で処刑しようとする。
     
  • シーシアス(茶番では人物増えすぎでややこしくなるので割愛)
    イジーアスにハーミアを処刑するように頼まれた大公。自身の結婚式を間近に控えている。
     
  • ボトム(茶番では王子)
    シーシアスの結婚式で披露する芝居の練習のため、たまたま森に入っていた職人のおじ様。
    妖精夫婦の痴話喧嘩に巻き込まれ、パックによって頭をロバに変えられてしまった可哀想な人。
    でも最終的には元に戻れたので問題無しです!えへ!

お ま た せ

 

コメント

  • なんだこれは…… -- ナマコ 2018-02-10 (土) 17:57:46
  • タマゲタケ… -- 2018-02-10 (土) 18:35:56
  • 茶番カヲスすぐるwwww ニャスパーとエルフーンの顔文字初めて見た -- 俺はページを作る者だ 2018-02-10 (土) 23:15:27
  • TDNホモビの風評被害を被ったクッソ哀れな歌劇 -- うにまろ 2018-11-03 (土) 19:44:12
  • 茶番が面白いwwww -- ごまこま 2022-01-16 (日) 16:26:27
  • 真夏の夜の淫夢(シェイクスピア)と間違ったwww -- みかんたろう。? 2022-01-16 (日) 16:34:00

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?