短弓

Last-modified: 2022-08-10 (水) 08:10:21

のうち、比較的短いモノを指す。比較的長い弓は長弓と呼ばれる。主に乾燥していて樹木が少ない土地で作成される。
通常、弓は樹木を使用して作るが短弓の使われる土地では樹木は貴重であり、苦肉の策として木材をベースに家畜や野生動物の骨や腱を接着剤で組み合わせていた*1

牧畜はユーラシア大陸を中心にの多くの地域で行われていることや同大陸内では樹木が多い土地は意外と少ないため、短弓を用いる地域は多く、ユーラシア大陸では主流と言えるかもしれない。

利点は長弓よりも連射できて取り回しが良い。欠点は軽い矢しか使用できず、威力が低くなりがちという傾向が強い。また弓矢の宿命として訓練に時間がかかるため弓の使い手は希少であるのも長弓と変わらない。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 武具 概念


*1 複数の素材を使うため、合成弓と呼ばれることもある。