紺青(編集者)/印象に残ったゲームソフトのBGM

Last-modified: 2021-10-31 (日) 17:26:29

ここでは、ゲーム機の性能が理由でゲームミュージックとして使用できる音色や音の数が限られていた時代の作品を多くとりあげる。
曲が発売されているものはサントラでの曲名での表記。曲が発売されていないものはステージ名での表記。

目次

電子音だとわかる音色だがファミコンより音数が多い

投稿者は技術的なことがわかりませんが、
こういう音色に使われている種類の電子音は、専門用語でFM音源やPCM音源と呼ばれるらしい。

アーケードゲーム

『グラディウス』

『アフターバーナーⅡ』

80年代のPCゲーム

『シルフィード』

『ソーサリアン』

90年代前半のテレビゲーム/ソニックシリーズ

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

  • マーブルゾーン
    動画
    ここと以下のステージでは、残機が減りまくって先に進めなかった。
    特にここは、下にとげのついた足場が落ちてくる音が心臓に悪い。
  • スプリングヤードゾーン
    動画

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』

『ソニック・ザ・ヘッジホッグCD』

エンディング曲はこちら

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』

  • アイスキャップゾーンのBGM
    ACT1ACT2

『ソニック&ナックルズ』

『カオティクス』

90年代前半のテレビゲーム/スーパーファミコン

『ロックマンX』

  • 「OPENING STAGE」
  • 「ICY PENGUIGO STAGE」
  • 「BOOMER KUWANGER STAGE」
  • 「SPARK MANDRILLER STAGE」
  • 「STORM EAGLEED STAGE」
  • 「ARMOR ARMARGE STAGE」
    レコチョク

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』

『ファイナルファンタジーⅤ』

『クロノ・トリガー』

90年代前半のテレビゲーム/メガドライブ

ソニックシリーズはこちら

『チェルノブ』

『エコー・ザ・ドルフィン』

『エコー・ザ・ドルフィン2』

『パルスマン』

ここまでの関連項目

WikiPedia.ja:FM音源
WikiPedia.ja:PCM音源

音数の少ない電子音

ゲームギア、マスターシステム

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

  • ブリッジゾーンのBGM
    動画
  • スクラップブレインゾーンのBGM
    動画

ゲームボーイ、ゲームボーイカラー

『X(エックス)』

『メダロット4』

『ネットワーク冒険記バグサイト』

2000年代の携帯型ゲーム機

ゲームボーイアドバンス

『ロックマン エグゼ3』

『ロックマン エグゼ4 トーナメント レッドサン/トーナメント ブルームーン』

『メトロイド ゼロミッション』

『カスタムロボGX』

ニンテンドーDS

『ロックマンゼクス』

『流星のロックマン3 ブラックエース/レッドジョーカー』

『ソニックラッシュ』

ゲームソフト以外の曲と同じような音数や音質

紺青(編集者)/印象に残ったゲームソフトのBGM/主題歌や挿入歌など

2010年代以降

『ソニックカラーズ』

『フリーダムプラネット』

『フリーダムプラネット2』

現時点では体験版のみ存在する。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?