絶滅

Last-modified: 2021-10-17 (日) 12:15:28

絶滅とは、1つの種・亜種の個体数が0になること。

詳細

地球上に生まれた99%以上の生物は、絶滅したとされる。

短い間に75~90%以上の種が絶滅することがある。
原因は、様々あり生存競争や病気、気候変動などがある。

典型的な種は、最初に出現してから1000万年以内に絶滅するが、
生きた化石と呼ばれるいくつかの種は、数億年の間、形態学的変化をほとんどまたは全く伴わずに生存する。

現在存在する植物と動物の種の半分までが2100年までに絶滅するかもしれないと推定している。
2018年の報告では、300の哺乳類種の系統発生的多様性が、後期更新世以来、人間の時代の間に絶滅したことを示した。
回復するために5~700万年を必要とされる。

ビックフットネッシーなど未確認生物の正体は、絶滅した動物とする説もある。

絶滅した主な動物

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: レッドリスト 絶滅動物