肉だるま

Last-modified: 2022-05-25 (水) 15:59:41

このページは過激な内容の動画を取り扱っています。


































芝居でもなんでもない。これは本物の痛みだ!

メラを回せっ!!
AVの撮影 現場が 一変
して 殺戮 台に…

概要

検索してはいけない言葉の一つ。
検索すると、1999年に「アロマ企画」制作が制作した猟奇系AV 「アロマ企画 猟奇エ◯チカ 肉だるま」がヒットする。

ベッドに拘束した女性の舌と手足を切断して、女性をだるま状態にしてから◯し、最後に◯すという内容。

パッケージには、血まみれの包帯を巻いた女性の写真がデカデカとのっている。

フェイクだが、めちゃリアル。 耐性の無い方は閲覧非推奨。

海外の方にもtumbling doll of fleshというタイトルで知られている

主演の女優「大場加奈子」さんがビデオの発売日前夜に、下北沢駅の踏切で鉄道自殺を遂げ亡くなってしまった*1ことから、「このビデオを観たら呪われる」という都市伝説が生まれ、
ビデオを観た人からは、体調不良などの報告が絶えないと言われるまでになった。

ビデオ発売後も撮影スタッフの周りで不可解な現象が起き続けた。

  • 「翌年の命日に、ある現場で突然女の子の人形が落ちてきてバラバラになる」
  • 「↑の人形を片付けたスタッフが、直後に交通事故に遭う
  • 「打ち上げの際、道に迷い行き着いた先が
    『スナック カナ』だった」

このビデオの監督「穴留玉狂」さんは、この作品以降猟奇系AVを作れなくなり、現在はス◯◯ロ専門の作品を作っているらしい…

コメント

  • こわ -- ebo? 2021-12-10 (金) 14:11:44
  • でも業界は離れずにスカ作ってるってなんか草 -- 塩ヤギ 2022-01-12 (水) 06:29:24
  • それでもうんこものは作れてるの草 -- 2022-05-25 (水) 15:59:41

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 検索してはいけない言葉 動画 グロ


*1 この事は三年後に発売された続編「オソレザン」の冒頭で明かされたことであり、実際の生死は不明。この作品は突然命を絶った大場の霊をイタコに憑依させ死の理由を訊くというものであり、続編制作のために作られた設定という可能性も強い。どっちにしろ悪趣味である。