跳び箱少年

Last-modified: 2022-05-20 (金) 19:08:09

跳び箱少年とは、TikTokに投稿された動画「強者感ありまくりな一年生」(#は、伝説作りそうな小学生)に登場する、男子児童による発言を便宜者名付けた呼称。5月17日投稿、24時間経過時点で20万回以上再生され、数日後の現在は55万再生以上、いいね6万である。1秒に1度のリフレッシュで数百回再生された瞬間も確認できた。

概要

動画は、地方テレビ局が小学校に入学した一年生を取材したシーンを切り抜いたものである。動画内には複数の一年生が登場しており、冒頭で小太りな少年がカメラを覗き込むシーンから始まり、2人の少女が答えたのちに学校で楽しみなことを取材班に聞かれた少年が"跳び箱"とぶっきらぼうに発する流れなのだが、少年があまりに不機嫌なことや学校でやってみたいことのチョイスが跳び箱であったこと、冒頭で「期待を胸に」とアナウンサーが述べたことと反応が真逆なため話題となった、冒頭の少年がカメラを覗き込んだ面白さに対してその後に続く児童たちがあまり楽しそうではないことや、少年が小学校入学の段階でわかりやすい声変わりをしており、また、ただものではなさそうなその風格が、人生何周目なのか?など様々な憶測を呼ぶ、視聴者にとって別の少女の後ろの少年が帽子の裏側についているもので目隠しをしている姿が懐かしさを覚え刺さるものであった。ネット上ではインタビュー動画が人気となることは数多く、新元号発表も間近の2019年には当時の中学3年生の石川県泉丘高校合格発表インタビューが拡散され、彼を真似した中学生が多数インタビュー動画に現れた。2020年の同時期には山口県山口高校(こちらも泉丘高校と同じく高偏差値の学校)で合格したとみられる少女が話題となり拡散、コロナウイルス流行で合格発表が行えない中であったことも相まって、現在1000万回以上の再生を誇る動画となっている。この時期は巣篭もり需要が高まっていたこともあり、「どっちがヤクザかわからん」や「受け子の説得」などのニュース切り抜きが再生回数を多く稼いだ年でもあった。こうした過去から、学校に関連したインタビュー動画は近年注目され、コロナの影響で思うように日々を過ごせない学生やできずに卒業した若者、ひいては昔を懐かしむ世代までもをそのノスタルジックさが虜にしている。ピカピカの一年生が人気なのと同じで、跳び箱少年が人気になったとも思われる。映像からはコロナ対策が見られないため、数年前のものと見られる。現在の化粧や髪型との大きな変化は見られないものの、精通しているものの意見からは髪型の比率をよりバランス型へと変化させ、ギャル系から清楚系へ、髪色がブラウンからブラックへとシフトしていた時代の後期である2013~2015年の可能性があげられている。もし少なくとも5年以上前のものであれば、昨年のTOKIOの城島のような何年も前の動画が掘り起こされて話題となったものの一つなのである。

内容
女性アナ「新入生が期待を胸に新たな学校生活を始めました」
隣の男性アナ微動だにせず
少年Aのカメラ覗き込み 
取材班「おめでとう」
少年A「んーー」
森羅万象少女「いろいろお勉強をしたり」
微積分少女「算数が楽しみです」
取材班「"とにかく"学校でやってみたいことある?」
跳び箱少年「跳び箱」
サッカー少年「サッカー……」

動画のコメント欄では
・とにかくと言っているためそれ以前に少年との間で攻防戦があったのではないか?
・この子が後々ウクライナ戦争を止めることをまだ誰も知らない
・素材しかない
・世界の闇に触れたことがある
・この世の真理に到達した
・末恐ろしい世代
・前世、マスコミに恨み持ってた説
・ウシジマくん、有吉弘行の幼少期
・コナンのように幼児化されている説
・タバコと言っている説
・トリバゴと言っている説
・ゴミ箱と言っている説
・サッカー少年の空気がすこ
・最初の少年Aが可愛い
・目に光がない
・入学前から既に小学校の苦しみを知っている
・鈴蘭ネタ
・闇堕ち半ば

など様々な憶測やネタ、意見が飛び交っている。
跳び箱(棒読み)wwwに至っては約1万いいねがつけられている。

関連動画

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ネタ動画