野々村竜太郎

Last-modified: 2021-12-08 (水) 18:26:12

この世の中を……、うわわあぁーん! この、この世の中ああーぁッ! うわあああーああ! この……世の中……、ああーッ! 世の中をッ……変えたいッッ!!

 

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

 

元兵庫県議員で、公費をネコババしたことで大きな非難を浴びた人物。
2014年に世間を賑わせてネタにされた四天王の一人。
*1
 
史上最もネタにされた元議員であろう。

概よぅぅぅわぁぁーーーん!!!

元々はいたって普通の地方議員……だったはずなのだが、彼が兵庫県議員であった2014年、政務活動費(議員活動のため支給されるお金)を不正に利用した疑惑が浮上する。
その内容とは、兵庫県北部の名湯である城崎温泉に年105回出張したと申請したのをはじめ、他の目的地も合わせて年間195回(2日に一回のペース)出張をしたという名目で、計300万円の政務活動費を着服したというものであった。

 

なお、申請の書類には出張で具体的に何をしたかなどの詳細がほぼ書かれておらず、さらには出張したとされる日付の中に台風でJRが止まっていたはずの日も含まれていたという。
もうこの時点で怪しすぎるよねぇ、みんな?

 

この疑惑がスクープされると、野々村は否定。釈明会見を開くことにした。

 
 

そしてこの会見で、彼は歴史に名を刻むこととなる…

衝撃の釈明会見

2014年7月、その時はやってきた。

 

会見場に現れた野々村は、集まった記者達にいきなり名刺を要求するという謎の行動を見せる。しかもやたら偉そうに。
しかし、序盤こそは一応冷静な態度で話を進めていった………と思いきや、この時点で色々と不可解な発言を残している。

  • 「野々村先生の政策を教えてください」と言われたのに「この度はお騒がせしました(要約)」と謝罪一声。たしかに謝罪すべきではあるがそこじゃない、タイミングがおかしい。
  • 「恫喝をするな、平常心を持って質問してくれ」と記者に要求。なんでわざわざそんな事言う必要があるんですかね…
    というか威圧的に名刺を分捕ったのはなんだったんだろう。
     
     

奇妙なやりとりがかれこれ2時間ほど続くと、彼はこんなことをのたまった。
「議員という大きなカテゴリにおいては、支出報告書とはごくごく小さなものである」と。
額は小さくないんですが

 

するとその直後、彼は本性を表した……!!

 
 

ウワッハハハ↑ーーーーンンンンッッ↑!!!

 
 

突如大泣きし始めた野々村。
そして、とても大人とは思えないほどに泣き喚きながら、数々の爆弾発言を発していく。

以下、語録の一部

  • 「少子化問題・高齢ヘヘヘハハハハアアアア!!↑↑ 高齢者問題はぁ…グズッ…我が県のニートゥッハッハッハッハッハアアアアァァ↑、我が県のみンゥッハー↑ グズッ我が県のみな らずぅう!!ニシンニミヤ…日本人の問題やないですか!!」
    (訳:「少子化問題・高齢者問題は!高齢者問題は…我が県のみ…我が県のみならず!西宮…日本人の問題やないですか!!」)
    • 念のため言うが、この会見は「私は不正なんかしてません!」と釈明するためにやっているのでそんなのは今主張すべき事ではない。他に任せておけば良かったのだ。
  • 「誰がねえ!誰に投票しても!オンナジヤオンナジヤオモデェェ!」
    (訳:「誰がねえ!誰に投票しても!同じや同じや思うてぇ!」)
    • 投票される側なんですが(呆れ)
  • 「サトウ記者ァ!アダダニハワカランデショウネエ! 」
    (訳:「佐藤記者!貴方には分からんでしょうね!」)
    • とある記者に八つ当たり。きっとこの人じゃなくてもわからない。何を言っているのかもわからない。
  • 「平々凡々とした川西(市役所)を退職しデェェ!〈中略〉縁もゆかりもない西宮市民のミナザンニ選出サレテェ!!…やっと議員ニナッタンデスァァ!!!」
    (訳:「平々凡々とした川西を退職して、縁もゆかりもない西宮市民の皆さんに選出されて…やっと議員になったんですわ!!」)
    • その結果がこのザマですわァァ!!
      西宮、川西両市への熱い風評被害。
      そんなあんたが選出されて!こんなことになったんですわァァ!!!
       
       

こうして、この会見は号泣会見として伝説と化し、野々村議員はみんなのおもちゃと化したのだった。
ちなみにこいつは有罪になったが全額返済していたので執行猶予*2になり猶予期間も明けたので実質無罪に。
さっさと返せる当てがあったならなぜこんなマネをしたのだろうか?
……と思ったら、金があると絶対に放したくない性分(守銭奴)だったからだという。
 

そもそも

なぜ、このようなヤバい人が仮にも選挙で当選してしまったのだろうか。

 

実はこの人、選挙の時点で既に不正スレスレのインチキをしていた。
彼が当選した頃、関西地方一帯では橋下徹氏が率いる政党「大阪維新の会」が大ブームを巻き起こしていた。*3
そこで野々村も維新の会に支援を求めるが、あっさり断られてしまう。

 

すると野々村はなんと、自分一人で勝手に「西宮維新の会」なる会派を立ち上げてしまったのだ。
当然、本家とはなんの関係もない。*4
要は人気政党とまぎらわしい名前の会派の所属という肩書きにして、有権者を騙してやろうという魂胆である。
そして、その目論見は成功し、まんまと当選してしまった。
ちなみにこの作戦自体は一応規則違反ではないらしいが……なんともセコい奴だ。

 
 

最初からこんなズルをして議員になったのだから、いずれボロが出るのは時間の問題だったのかもしれない…

余談

実は本家Wikipediaには野々村竜太郎の記事は存在しない。
記事冒頭の注意書きを見て「本当か?」と思った方もいるだろうが、ガチである。
一度は作成されたが、「会見によって注目されたもののやらかした不祥事としては特筆するほどのものでもない」と判断されて削除されたらしい。

関連項目

西宮市

コメント

  • マジでWikipediaになくて草。でも兵庫県議会の記事の不祥事の所がもっと草 -- おちぽひろい 2021-05-04 (火) 23:02:10
  • 俺の印象に残った記者会見No.1 -- タキャキン 2021-06-15 (火) 04:49:52
  • ウワッハハハ↑ーーーー で吹いた -- タキャキン 2021-07-24 (土) 05:04:07
  • システム側で作成できないようにしてあるみたい -- Aaaaaa? 2021-08-07 (土) 21:58:00
  • 野々村さん… ウワッハハハ↑ーーーーンンンンッッ↑!!! -- なりあさ 2021-11-17 (水) 07:05:44
  • 吹いた -- 秋のななくさ(編集者) 2021-11-17 (水) 07:31:25

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

tag(): no argument(s).


*1 STAP細胞はありまぁす!って宣言した科学者、耳が聞こえてた現代のベートーヴェンことエセ音楽家(あとそのゴーストライターだった本職の人)、そして野々村。
*2 「完全無罪にはできないけど今すぐ服役しろってほど罪深くはないから、とりあえず一定期間大人しくしてたら無罪として扱うよ。でもその間にやらかしたら刑務所に入って、どうぞ」という判決。
*3 ちなみに大阪府ではブームで終わらず、2021年現在も大阪府議会の一大勢力となっている。コロナ関連ニュースで頻繁に出てくる吉村知事も維新の会出身。
*4 また会派のメンバーは自分1人なので事実上は無所属のようなものである