集合した中隊/Collected Company

Last-modified: 2020-07-16 (木) 09:51:59
cardimage (1).png
Collected Company / 集合した中隊 (3)(緑)
インスタント
あなたのライブラリーの一番上から6枚のカードを見る。その中から、点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。

概要

「集合した中隊」とはマジック:ザ・ギャザリングに登場するカードの一つである。
タルキール龍紀伝で登場した緑のインスタント?。英語名からカンパニーと呼ばれることもある。
単純に計算して4マナのカードから3×2マナのカードが出てくるので差し引き2マナ踏み倒していることになる非常に強力なカード。更にインスタントなので相手の除去を躱しながら出すこともできる。
しかし6枚の中から最低2枚はクリーチャーを捲らなくてはならないため、そこそこ構築が縛られる。流石に点数で見たマナ・コストが3以下ともなればいつ引いても嬉しいクリーチャー?は少ないし、そもそもデッキが重かったりクリーチャーが少なければ使えない。十分な枚数があるかデッキと相談しながら採用したい。
アリストクラッツ?ドルイド・コンボ?などコンボパーツの両方がこのカードに引っかかるデッキでは強烈なサーチカードとして働いてくれる。

登場時のスタンダード?ではあまり活躍していなかったが、それでもこのカードを主軸にしたデッキはそれなりに存在していた。
猛威を振るい始めたのは戦乱のゼンディカー発売後で、森の代言者?反射魔道士?といった序盤から終盤まで腐らないクリーチャーを獲得してトップメタ?に躍り出る。その後も薄暮見の徴募兵?不屈の追跡者?などの使い減りしないアドバンテージ源に無私の霊魂?呪文捕らえ?といった並べたクリーチャーを守るカードを続々と得てバント・カンパニー?はスタンダード落ちまで最強デッキであり続けた。
その環境の支配率は開発部にも問題視され、最終的に禁止しなかったのは間違いだったと言わせるほど。
モダン?でも活躍しており、上述のドルイド・コンボ?などのコンボデッキのみならずスピリット?デッキにおいても強引に緑を足して採用されることがある。

モダンホライゾンでソーサリー?になり出すのもソーサリーになった集合妖術?が登場した。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

Tag: マジック:ザ・ギャザリング Magic: The Gathering インスタント