麻雀

Last-modified: 2021-09-26 (日) 22:23:11

麻雀(マージャン、繁体字: 麻將、簡体字: 麻将、英語: Mahjong)とは、テーブルゲームの一種である。牌を使い、原則として4人で行われる。中国を起源とし、世界中で親しまれている。 4人のプレイヤーがテーブルを囲み数十枚から一百枚以上あまりの牌を引いて役を揃えることを数回行い、得点を重ねていくゲーム。勝敗はゲーム終了時における得点の多寡と順位で決定される。ゲームのルールは非常に複雑であるが発祥の地である中国のほか、日本、東南アジア、アメリカ合衆国などの国々で親しまれている。
現在の中国語においては麻雀のことを一般に「麻将」(マージアン 拼音: májiàng)という。「麻雀」(マーチュエ 拼音: máquè)は中国語ではスズメを意味する。ちなみに麻雀をするというのは「打麻将」(ダー マージアン dǎ má jiàng)という。広東語?台湾語?では日本と同様に「麻雀」というのが普通である(粤拼:maa4zoek3、白話字:môa-chhiok/bâ-chhiok)。香港?ではスズメと区別するために「蔴雀」と書くことがある。戦前の日本では「魔雀(モージャン)」と表記することもあった。
日本においては34種類136枚の牌を使うのが一般的で、麻雀卓と呼ばれる麻雀専用のテーブルが用いられる。麻雀卓などの専用の道具がなくともプレイできるように、カードにした簡易版の道具も市販されている。使用する道具や採用するルールについては国や地域によって異なる点が多く、日本国内でも標準的とされるルールのほかに様々なローカルルールが存在する。
現在の日本では、家庭や麻雀店(雀荘)で遊ばれるほか、ゲームセンターや家庭用コンピュータゲームやオンラインゲームでもプレイすることが出来る。昭和期における麻雀ブームの時期と比較すると雀荘の数や麻雀専門誌の数は減少傾向にあるが、コンピュータとの対戦やネットワークを通じた不特定の相手との対戦が可能になったことで、形を変えた人気を保っている。また、効率性を思考することや指先の運動により認知症の予防にも役立つという説もある。
参加人口は日本では2018年時点で580万人と減少傾向から回復の兆しを見せている。アジア全体では3億5千万人を数える。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?