エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル の変更点


#ref(./86E779E2-B791-483A-8474-F3B3BB733B5E.jpeg,nolink);
エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル(Erwin Johannes Eugen Rommel、1891年11月15日 - 1944年10月14日)は、[[ドイツ>大ドイツ国]]の陸軍軍人。最終階級は陸軍元帥。

第2次世界大戦の[[フランス>フランス共和国(第3共和政)]]や北アフリカでの戦闘指揮において驚異的な戦果を挙げた、傑出した指揮官として知られる。広大な砂漠に展開されたアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、敵対する側の英首相[[チャーチル>ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル]]をして「[[ナポレオン>ナポレオン1世]]以来の戦術家」とまで評せしめた。アフリカにおける知略に富んだ戦いぶりによって、第2次大戦中から「砂漠の狐」の異名で世界的に知られた。

貴族(ユンカー)出身では無い、中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。数々の戦功だけでなく、騎士道精神に溢れた行動と多才な人柄で悲劇的な最期をとげたが[[SS>親衛隊]]ではなくま[[国防軍>ドイツ国防軍]]の所属であった。
貴族(ユンカー)出身では無い、中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。数々の戦功だけでなく、騎士道精神に溢れた行動と多才な人柄で悲劇的な最期をとげたが[[SS>親衛隊]]ではなく[[国防軍>ドイツ国防軍]]の所属であった。
*コメント欄 [#zefae32e]
#comment

*観覧者数 [#m74f6f79]
|現在|&online;|
|今日|&counter(today);|
|昨日|&counter(yesterday);|
|合計|&counter(total);|

*タグ [#ib279ae0]
&tag(ヴュルテンベルク王国軍,ドイツ国防陸軍);