オスマン家 の変更点


オスマン家([[土>トルコ語]]:Osmanlı hanedanı)は、[[オスマン帝国]]の皇帝の家系として続いたテュルク系のヨーロッパ~アジアの皇帝家。13世紀末にアナトリア半島北東部を支配した初代[[オスマン1世]]に始まり、36代[[メフメト6世]]が廃位される1922年までオスマン帝国に君臨し、今日に至るトルコ人を形成した。

かつてはオスマン部族と呼ばれることも多かったが、オスマンの名は遊牧部族的組織を脱してガーズィー((ジハードに従事するムスリム戦士))集団を率い、君侯国、帝国へと発展しはじめる基礎を打ち立てたオスマンベイ((オスマン帝国の建国者オスマン1世))に由来するため、適当な呼称ではない。現在、成員はオスマンオウル((オスマンの子の意味))という姓を名乗っているので、オスマンオウル家と呼ぶのが正式である。
*コメント欄 [#f625c9d1]
#comment

*観覧者数 [#wc4b1ccd]
|現在|&online;|
|今日|&counter(today);|
|昨日|&counter(yesterday);|
|合計|&counter(total);|