ポケモン一覧/ソーナンス の変更点


CENTER:[[アンノーン>ポケモン一覧/アンノーン]]←  →[[キリンリキ>ポケモン一覧/キリンリキ]]
----
CENTER:&attachref(./600px-202Wobbuffet.png,nolink);
&size(30){&color(Aqua){''ソォォォ~ナンッッス!''};};
#shadowheader(1,目次);
#contents
*基本情報 [#te421632]
|英語名|Wobbuffet|
|分類|がまんポケモン|
|図鑑No.|202|
|タイプ|[[&color(#fb8684){''エスパー''};>ポケモンのタイプ/エスパー]]|
|タマゴグループ|[[不定形>ポケモンのタマゴグループ/不定形]]|
|特性|[[かげふみ>ポケモンの特性一覧/かげふみ]]|
|隠れ特性|[[テレパシー>ポケモンの特性一覧/テレパシー]]|
|高さ|1.3m |
|重さ|28.5kg |

**図鑑説明 [#zf5d364c]
|金、リーフグリーン、ハートゴールド、X、ソード|ひかりや ショックを きらう。こうげきされると からだが ふくらみ はんげきが きょうりょくに なる。|
|X、ソード(漢字)|光や ショックを 嫌う。攻撃されると 体が ふくらみ 反撃が 強力に になる。|
|銀、ファイアレッド、ソウルシルバー|まっくろな シッポを かくすため くらやみで ひっそりと いきている。じぶんからは こうげき しない。|
|クリスタル|くろい しっぽを かくすため くらい どうくつにすみ さらに よるにならないと うごきださない。|
|ルビー、オメガルビー|2ひき いじょう あつまると がまん くらべを はじめるが くうふくを がまんして しまうので ソーナンス トレーナーは ちゅういが ひつよう。|
|サファイア、アルファサファイア|ひたすら がまんする ポケモンだが しっぽを こうげきされる ことだけは がまん できない。あいてを みちづれにする チャンスを うかがう。|
|アルファサファイア(漢字)|ひたすら 我慢する ポケモンだが 尻尾を 攻撃される ことだけは 我慢 できない。相手を 道連れにする チャンスを 伺う。|
|エメラルド|ふだんは おとなしいが くろい しっぽを こうげきされると もうれつに はんげきする。どうくつの すみかで ひぐれを まつ。|
|ダイヤモンド・パール・プラチナ、ブラック・ホワイト、ブラック2・ホワイト2|くろい しっぽを ひっしになって かくすのは しっぽに ひみつがある しょうこだと かんぐられている。|
|ブラック・ホワイト、ブラック2・ホワイト2(漢字)|黒い 尻尾を 必死に なって 隠すのは 尻尾に 秘密がある 証拠だと 勘ぐられている。|
**種族値 [#c8b24f64]
|HP|攻撃|防御|特攻|特防|素早さ|合計|
|&color(Red){190};|33|58|33|58|33|405|
HPがずば抜けて高いが、防御や特防が低い。

**進化 [#j849eb54]
|CENTER:90||CENTER:90|c
|[[ソーナノ>ポケモン一覧/ソーナノ]]|Lv.15以上→|BGCOLOR(#ffffe0):''ソーナンス''|

**覚える技((最新作版のみ)) [#o58820be]
#region
|>|~レベルわざ|
|Lv|技|
|進化時|[[&color(#d5425f){カウンター};>ポケモンの技一覧/カウンター]]|
|進化時|[[&color(#fb8684){ミラーコート};>ポケモンの技一覧/ミラーコート]]|
|進化時|[[&color(#919aa1){しんぴのまもり};>ポケモンの技一覧/しんぴのまもり]]|
|進化時|[[&color(#626dbd){みちづれ};>ポケモンの技一覧/みちづれ]]|
|基本|[[&color(#d5425f){カウンター};>ポケモンの技一覧/カウンター]]|
|基本|[[&color(#fb8684){ミラーコート};>ポケモンの技一覧/ミラーコート]]|
|基本|[[&color(#919aa1){しんぴのまもり};>ポケモンの技一覧/しんぴのまもり]]|
|基本|[[&color(#626dbd){みちづれ};>ポケモンの技一覧/みちづれ]]|
|基本|[[&color(#919aa1){はねる};>ポケモンの技一覧/はねる]]|
|基本|[[&color(#ffaef0){あまえる};>ポケモンの技一覧/あまえる]]|
|基本|[[&color(#919aa1){アンコール};>ポケモンの技一覧/アンコール]]|
|基本|[[&color(#fb8684){ドわすれ};>ポケモンの技一覧/ドわすれ]]|
#br
|>|~[[わざマシン>わざマシン(ポケモン)]]|
|No|技|
|19|[[&color(#919aa1){しんぴのまもり};>ポケモンの技一覧/しんぴのまもり]]|
|29|[[&color(#ffaef0){あまえる};>ポケモンの技一覧/あまえる]]|
#br
|>|~わざレコード|
|No|技|
|17|[[&color(#fb8684){ドわすれ};>ポケモンの技一覧/ドわすれ]]|
|30|[[&color(#919aa1){アンコール};>ポケモンの技一覧/アンコール]]|
#br
|~タマゴわざ|
|なし|
#br
|>|~普通では覚えないわざ|
|技|覚える手段|
|[[&color(#919aa1){くすぐる};>ポケモンの技一覧/くすぐる]]|ソーナノから引き継ぎ(配布限定 ※)|
※ポケパーク2005で配布されたタマゴから生まれるソーナノが覚えている
#endregion

*概要 [#a7c1cbbb]

&attachref(./202.gif,nolink);&attachref(./wobbuffet-f.gif,nolink);
ひたすら我慢するポケモンで、攻撃を受けると体が膨らんで反撃が強力なものになる。
ただ黒いしっぽを攻撃されることは我慢できず、しっぽを隠すために暗闇でひっそりと生きている。必死でそのしっぽを隠すのは「その黒いしっぽに何か秘密があるからでは?」と考えられている。
♀は♂と違い、口紅がついている。
♀は♂と違い、口紅(のような模様)がついている。
**色違い [#ba98b50d]
&attachref(./202_0.gif,nolink,通常色);&attachref(./202_2.gif,nolink,色違い);
体の色が青から紫になっている。
**ゲーム本編でのソーナンス [#e3fc92d0]
・・・がまんポケモンとは言っているが、何故か技「がまん」を''覚えない''。
その代わりに相手の技で受けたダメージを2倍にして相手に返す[[&color(#d5425f){カウンター};>ポケモンの技一覧/カウンター]]や[[&color(#fb8684){ミラーコート};>ポケモンの技一覧/ミラーコート]]、使ってすぐに倒されると相手も一緒に倒せる[[&color(#626dbd){みちづれ};>ポケモンの技一覧/みちづれ]]など、相手の攻撃を利用する技を多く覚える。
ベイビィポケモン・ソーナノから進化していると、相手の行動を縛れる[[&color(#919aa1){アンコール};>ポケモンの技一覧/アンコール]]も使える。
#br
特性は[[かげふみ>ポケモンの特性一覧/かげふみ]]で、相手が逃げる・交代ができなくなるため、相手に殴ることを強いることができる。
ただし、「とんぼがえり」などの交代技を使われたりゴーストタイプ相手だったりには交代されてしまうので過信は禁物。
第3世代では、互いにソーナンスだと双方逃げることも攻撃も出来なくなるため、何十ターンもかけてPPを全部消費して「わるあがき」が出るまで耐えなければならない。(後の仕様変更で、互いにかげふみの場合特性かげふみ持ちのポケモンに限り交代が出来るようになったため、このようなことは無くなった)
隠れ特性[[テレパシー>ポケモンの特性一覧/テレパシー]]は味方の攻撃を受けなくなる特性だが、ぶっちゃけこっちを使う機会は少ない。
#br
対戦では、第6世代にて同じくかげふみを持つ[[メガゲンガー>ポケモン一覧/ゲンガー/メガゲンガー]]と組んで、ギリギリまで逃がさず[[&color(#919aa1){ほろびのうた};>ポケモンの技一覧/ほろびのうた]]で無理矢理持って行く「ゲンガナンス」構築が流行った。
また、その性質上受け出しがしにくい。運用する際は注意されたし。
因みに、日本ではあまり強いというイメージがないが、海外ではフルアタ思考の人が多い様子で、厨ポケとして認識されている。&color(Red){''使用禁止''};にされた過去もあるほど。
**第8世代では [#scb076c8]
アニメで知名度を得たおかげか、無事ガラル入国を果たした。
だが、入国を喜んだのもつかの間、ソーナンスは''多くのユーザーから忌み嫌われる''こととなる。
#br
その理由は本作の目玉の一つ「マックスレイドバトル」。
ダイマックスしたポケモンに4人でポケモンを1匹ずつ出して挑み、倒すとそのポケモンを捕まえられるチャンスを得るという、本作で登場したダイマックスを活かした新たな要素である。
そのマックスレイドバトルにおいて、1人で挑む時、もしくはみんなで挑む時に参加人数が4人に満たない時に、残りの枠を埋めるようにNPCトレーナーが参加するのだが、ソーナンスはそのNPCの一人「シンイチロウ」が繰り出すポケモンとして活躍する。
マックスレイドバトルでは、ダイマックスポケモンは「ふしぎなバリア」を張ってきて、補助技を無効化した上でダメージを減らしてくる。何度も攻撃することでバリアを割ることができるので、プレイヤーとしてはサポートより攻撃を優先して欲しいところ。
#br
・・・勘の良い人ならもう分かっただろう。
自力で攻撃する術を持たず、こちらに攻撃が来ないと反撃もバリア削りも出来ない(勿論倒れたらダメ)。
そんな奴を''ゴミと呼ばずして何と言おうか''。
しかも、ソーナンスに攻撃が飛んできたとしてもその技に対して反撃できる技をそいつが選んでいるとは限らない、というのもタチが悪い。[[&color(#d5425f){カウンター};>ポケモンの技一覧/カウンター]]か[[&color(#fb8684){ミラーコート};>ポケモンの技一覧/ミラーコート]]のどっちかしか使わないとかならまだしも、状態異常を撒いてくる方が少ないのに[[&color(#919aa1){しんぴのまもり};>ポケモンの技一覧/しんぴのまもり]]を使ったり、どう見ても物理技しか使わない奴相手に[[&color(#fb8684){ドわすれ};>ポケモンの技一覧/ドわすれ]]を積んだりすることもあるから最悪である。こんなんじゃ反撃が成功することすら低確率になってしまう。
おとりとして使おうにも、HPだけ馬鹿高く耐久自体は高くないのでダイマックス技を受ければ容易に一撃死。
そんなわけで、こいつがいるだけで勝率が著しく低下する''マックスレイド疫病神''として名をはせることとなってしまった。
因みに、シンイチロウの顔は下画像。こいつが4人のトレーナーの中にいたらソーナンスが出てくるので、リタイアマラソンする時は戦闘前の演出で確認しておくといい。
''この顔にピンときたらホームボタン。''
&attachref(./シンイチロウ.jpg,nolink,ソーナンスは悪くない、全部こいつのせいなんだ);
#br
マックスレイドバトル以外では、第8世代から進化前の覚える技の殆どを進化後も覚えられるようになったため、わざわざソーナノから育てなくても[[&color(#919aa1){アンコール};>ポケモンの技一覧/アンコール]]などが使えるようになった。これによりソーナンスから育成してもよくなり、あかいいととかわらずのいしを両方の親に持たせてもよくなって厳選難易度が低下した。
[[&color(#fb8684){ドわすれ};>ポケモンの技一覧/ドわすれ]]も新たに習得したが、正直起点作りなら相手のステータスを下げた方がいいので採用価値は薄いだろう。
**アニメでのソーナンス [#i00ea19c]
ロケット団のムサシが使うことで有名なのだが、ムサシの指示はだいたい「ソーナンス、カウンター!」とかだけ。
どういうことかって?・・・このソーナンス、なんと&color(Darkred){カウンター};と&color(#fb8684){ミラーコート};を''自分で使い分ける''ことが出来るのだ。(イミテのメタモンがこのソーナンスに変身した時にこのことが判明した)
その上、見た感じノーダメージで受けた攻撃そのままを返しているように見える場面も多い。
「ポケモントリマーとトリミアン!」では&color(Aqua){''ソーナンスショー''};と銘打って様々な衣装に身を包んだり、ネタ面でも期待を裏切らない。
#br
初登場は無印編で、ベロリンガと交換されてムサシの元に来た。
DPまでは継続して登場していたが、BWで一度抜けてしまう。しかしXY開始前に出た「電話での投票が一番多かったポケモンがロケット団復帰」という企画で見事勝ち抜き、XYから復活した。
&attachref(./何ナンス?.jpg,nolink,70%,SMでついにシャベッタァァァァァ);
**カードでのソーナンス [#bfb65a5a]
&attachref(./031920_P_SONANSUBREAK.jpg,nolink,522x374);
&attachref(./030506_P_SONANSU.jpg,nolink,35%);&attachref(./033540_P_SONANSU.jpg,nolink,35%);
EXやGXは今のところないが、&color(Gold){BREAK};進化を貰っている。
ソーナンスBREAKのワザ「そっくりがえし」は自分についているエネルギーを全てトラッシュしなければならないが、このポケモンがワザのダメージを受けたときに受けたダメージをそのまま相手にお返しする!
相手を牽制させる強力なワザで、スタジアム「次元の谷」を置いているとワザに必要なエネルギーが無色エネ1つ分減るため、超エネルギー一つでこの強力なワザを使うことが可能になる。
もちろん、素のソーナンスもそこそこ強い。ここではそのうちの2枚を紹介する。
拡張パック「ファントムゲート」などのソーナンス(左下)は、バトル場にいる間、特性「&color(Red){がまんのかべ};」でお互いの超ポケモン以外のポケモンが持つ特性を全て消してしまう!シェイミEXの「&color(Red){セットアップ};」やオクタンの「&color(Red){アビスハンド};」など、使われたら厄介な特性を無効にしてやれば有利に戦えるぞ。
30枚デッキ対戦セット「サトシVSロケット団」に入っているソーナンスは、自分の場のポケモンの数だけコインを投げて表が出た数×30ダメージを与えるワザ「パーティアタック」を使う。そのままでも最大で180ダメージが出せるが、お互いのベンチが8匹分に拡張されるスタジアム「スカイフィールド」を置けば最大で9回コインが投げられる!全てオモテなら怒濤の''270ダメージ''。
*コメント [#k131156b]
- いいまとめだ --  &new{2018-01-07 (日) 14:54:52};
- ソーナンス(便乗) --  &new{2018-01-07 (日) 16:39:18};
- アニメの鳴き声の前の「ポンッ!」地味に好き -- [[俺はページを作る者だ]] &new{2018-01-17 (水) 18:20:00};

#comment

*観覧者数 [#s8c7e6f7]
|現在 |&online;|
|今日 |&counter(today);|
|昨日 |&counter(yesterday);|
|合計 |&counter(total);|