第二号海防艦 の変更点


 第二号海防艦((本来の表記は第二號海防艦))は日本海軍の海防艦、丁型海防艦((正確には第二号艦型海防艦))の1番艦である。
 
 &attachref(第二号海防艦.jpg);
 CENTER:竣工直前の1944年2月26日に東京湾で撮影された第二号海防艦
 
 |基準排水量|全長|全幅|吃水|CENTER:主機|主缶|
 |740トン|693.5m|8.6m|3.05m|艦本式甲25型オール・ギヤード蒸気タービン1基1軸|艦本式ホ号水管缶(重油燃焼)2基|
 |740トン|69.5m|8.6m|3.05m|艦本式甲25型オール・ギヤード蒸気タービン1基1軸|艦本式ホ号水管缶(重油燃焼)2基|
 |出力|速力|燃料搭載量|航続距離|CENTER:乗員|
 |2500馬力|17.5ノット|重油240トン|4500浬/14ノット|CENTER:141名|
 #br
 |CENTER:起工|1943年10月5日|
 |CENTER:進水|1943年12年30日|
 |CENTER:竣工|1944年2月28日|
 |CENTER:最期|1945年7月30日被爆着底|
 |CENTER:除籍|1945年9月20日|
 #br
 |CENTER:兵装(計画時)|
 |45口径12cm単装高角砲2基|
 |25mm3連装機銃2基|
 |三式爆雷投射機12基|
 |爆雷投下軌条1基|
 |爆雷120個|
 |CENTER:ソナー|
 |九三式水中聴音機1基|
 |九三式水中探信儀1基|
 |CENTER:レーダー|
 |CENTER:22号電探|
 
 *概要 [#cd982e8a]
 第二号海防艦は戦争末期に大量に建造された丁型海防艦と1番艦で終戦直前に空襲で大破、着底して終戦を迎えた。
 
 
 *艦歴 [#b90f27eb]
 **竣工まで [#w69a3a3d]
 1943年10月5日横須賀海軍工廠にて起工、仮称は第2701號艦だった。
 12月22日第二号型海防艦第二号海防艦と類別と艦名が決まり本籍が横須賀鎮守府と仮定される。
 12月30日進水、同日本籍を横須賀鎮守府と正式に定められる。
 
 1944年1月10日艤装員長に海軍大尉の原利久氏が着任する。
 1月18日艤装員事務所を横須賀海軍工廠内に設置し事務作業が始まる。
 2月28日竣工、同日警備海防艦として横須賀鎮守府部隊に編入、艦長は艤装員長だった原利久氏が着任した。
 **竣工後 [#if97a7cf]
 3月は諸訓練に従事する。
 
 3月30日海上護衛司令部第二海上護衛隊に編入される。
 
 4月1日第二号は東松4号船団を護衛して東京湾からパラオに向けて出港した。
 
 26隻((途中で2隻合流した))の輸送船に対して護衛が駆逐艦[[五月雨>五月雨(駆逐艦)]]、[[朝凪>朝凪(駆逐艦)]]、水雷艇[[鵯>鵯(水雷艇)]]、海防艦第二号海防艦、[[第三号海防艦]]、[[天草>天草(海防艦)]]、[[隠岐>隠岐(海防艦)]]、[[御蔵>御蔵(海防艦)]][[福江>福江(海防艦)]]、掃海艇[[第二十七号掃海艇]]、駆潜艇[[第五十号駆潜艇]]が護衛についた。
 
 出港に先んじて第二号は先行して東京湾口の対潜警戒と掃蕩を行なって隠岐と天草と共に船団に合流した。
 4月2日午前7時30分敵潜水艦出現により船団が退避、天草、第二号、第三号が爆雷攻撃を実施する。
 同日午前8時鵯が潜水艦らしきものを探知し爆雷を12発投下した。第二号はしばらく攻撃を実施していたが12時には船団に合流した。
 
 4月3日14時57分輸送船の東征丸が敵潜水艦の攻撃を受ける、第二号は爆雷を14発投下し牽制するも被害甚大で東征丸は沈没した。
 その後護衛艦艇が爆雷による攻撃を継続した。
 4月6日と4月8日にも潜水艦を探知し駆逐艦や海防艦が攻撃をして敵潜水艦撃沈確実とも報じたが実際は逃げられていた。
 4月9日に敵潜水艦からの攻撃で美作丸が損傷、10日後に沈没した。
 4月13日にパラオに到着する。
 4月18日第一海上護衛隊作戦指揮下に編入され翌日3隻の輸送船からなるパタ09船団を護衛してパラオを出発する、4月27日に無事台湾の高雄に到着する。
 同日そのまま8隻の輸送船からなるタモ18船団を護衛して高雄を出発、そのまま翌日台湾北部の&ruby(きいるん){基隆};に到着する。
 
 5月1日モタ18船団を護衛して出港、5月6日午前3時30分豐浦丸が潜水艦からの攻撃で沈没、給糧艦[[間宮]]が小破し敵潜水艦に攻撃を実施して追い払った。
 5月9日から5月13日まで佐世保にて中間軸受油戻管漏洩防止工事を実施した。
 5月14日モタ19船団を護衛して佐世保を出港、5月20日高雄に無事到着した。
 5月23日タマ19船団を護衛して高雄を出港、5月26日フィリピンのマニラ湾まで無事に護衛、そのまま反転して盛洋丸を護衛して5月28日に高雄に無事到着した。
 
 5月30日高雄からタモ20船団を護衛して無事到着、6月6日に佐世保に入渠の上修理をする。
 6月11日に修理してそのまま26隻の輸送船からなるヒ67船団を護衛して佐世保を出港、6月23日無事にマニラに到着する。
 その後6月中はマニラ周囲の船団護衛と潜水艦の掃蕩をする。
 7月1日((7月3日という記述もある))にマユ04船団を護衛して7月7日ぱしふいつく丸((誤字ではなくこういう船名である))が攻撃されるが被害なし、7月7日に楡林((中国南部の港))に到着した。
 
 
 しかし7月9日に接近していた低気圧の影響による強風と波浪により第二号や[[朝顔>朝顔(駆逐艦)]]が錨と船体を繋ぐ鎖が切断、そのまま流されて右に30度傾いて座礁してしまった。
 
 7月中は座礁のためほぼ行動は無く座礁中の7月18日海上護衛総司令部第一海上護衛隊に編入された。
 8月7日16時37分ようやく離礁、10月1日まで楡林にて損傷部分の応急修理をする。
 10月3日[[第百一号掃海艇]]((もともとはイギリスの建造途中だった掃海艇を捕獲して完成させたもの))に曳航されて香港に移動し10月8日本格的な修理が始まり11月30日にようやく修理が完了した。
 12月((日付は分からない))タ102船団を護衛して1945年1月9日基隆に無事到着する。
 1月12日2隻の輸送船からなるタモ35船団を護衛して基隆を出発、1月17日無事に門司に到着後佐世保に移動して1月22日まで修理を実施する。
 1月26日7隻の輸送船からなるモス01船団を護衛して門司を出発して2月5日中国南部の汕頭に到着した。
 2月9日スシ01船団を護衛して汕頭を出発2月18日上海に到着した。
 2月19日重油50tを搭載する。
 2月22日潜水艦を殲滅するためのAS1作戦に従事し3月13日上海に帰港する。ちなみに作戦中に練習巡洋艦[[鹿島>鹿島(練習巡洋艦)]]から重油50tを補給してもらっている。
 上海に帰港したのもつかの間、同日中には3月13日AS2作戦に参加、台湾海峡北部から揚子江口を担当した。3月17日に沈没していた北華の乗員を救助してそのままAS2作戦は終了、3月18日に泗礁山((上海の対岸にある島))に到着した。
 3月20日今度はAS3作戦に参加対馬海峡~黄海を哨戒した。
 3月22日泗礁山に到着、翌日佐世保に向けて出発して3月29日無事に到着した。
 3月29日から3月31日まで佐世保工廠にて修理と整備を実施する。
 その後泗礁山に移動する。
 4月25日シモ02船団を護衛して泗礁山を出港し韓国南部の所安に到着した。
 6月1日朝鮮方面海防部隊に編入される。
 6月((日付は分からない))に清内04船団を護衛して出港、途中6月25日に[[第十三号海防艦]]が船団に加入する。
 6月26日萩港に無事到着した。
 6月30日艦長が海軍少佐の森安榮氏になる。
 もはや燃料も無くなり動けなくなったのかこれ以降目立った行動が無くなる。
 7月5日新編された第二海防隊に編入される。
 7月30日舞鶴に停泊中にアメリカ空母の攻撃に遭遇、右側前部に受けた至近弾により着底、3名が死亡した。
 8月15日上部構造物か水面から顔を出した状態で終戦を迎えた。
 
 9月20日除籍
 戦後に浮揚されて1948年7月28日舞鶴造船所にて解体が完了した。
 
 &attachref(./着底した第二号海防艦.jpg,nolink,80%);
 1947年2月に撮影された第二号海防艦
 *関連項目 [#n12306d8]
 [[軍用艦一覧]]
 *コメント [#cb6e0dfc]
 #comment
 *観覧者数 [#ve08bbcc]
 |現在|&online;|
 |今日 |&counter(today);|
 |昨日 |&counter(yesterday);|
 |合計 |&counter(total);|
 
 *タグ [#d2e83db2]
 &tag(軍事,海軍,海防艦);