DYNAMIC CHORD(アニメ)

Last-modified: 2020-12-15 (火) 01:31:32

DYNAMIC CHORD(ダイナミックコード)は2017年10月より放送されたアニメ。制作元請けはスタジオぴえろ。

概要

同名の乙女ゲームを元として制作されたアニメ。ゲーム版とは違い恋愛要素はなく、合同のクリスマスコンサートを開くこととなった4組のバンドの苦悩や成長を、3話ずつの4部構成で描く。
ここまで書くと、一般的なバンドアニメに見えるが…

これぞダイナミック

そのダイナミックと形容するしかない低クオリティな作風が話題となり、ニコニコ動画を中心にネタアニメとして人気に。
平成のチャー研』とも呼ばれる。
例として、

  • 意味不明かつ唐突な展開
  • 度重なる作画ミス(作画崩壊)
  • どこかズレている演出

などがあり、しかもこれが一挙に襲いかかってくるのである*1

ダイナミック伝説

下記『ダイナミック用語集』も参照

  • そもそもキャラやバンドの紹介がほとんどない。本編ではアニメオリジナルキャラクターである大学生カメラマンの道明寺辰哉は自己紹介をしており視聴者も名前を覚えられたが、それ以外のメインキャラの紹介が一切なかった。唯一キャラ紹介があるOPではキャラクターの絵と共に名前がでてくるものの、名前が背景やクレジットと被りまくっており、かなり見づらい上に一瞬しか映らない為キャラ名が分からない視聴者が続出。結果として、ネット上で勝手にあだ名を付けられることとなった。
  • 尺稼ぎが多すぎる。演出や回想シーンを多用した結果、展開が分かりづらくなってしまっている。しかも急展開ご都合展開も多い。『平成のチャー研』たる所以である。
  • バンドアニメなのに演奏シーンがしょぼい。「Frashアニメ」と揶揄されるほど動きが少なく、その動きもパーカーの紐だけが不自然に動くなどツッコミどころ満載。しかも同じシーンを使い回す

キャラクター

ダイナミック用語集

ア行】 【カ行】【サ行】【タ行】【ナ行】【ハ行】【マ行】【ヤ行】【ラ行】【ワ行】【A~Z

ア行

  • 追いピアノ
    1話で使用されたBGM。ピアノによる、重々しい不協和音が4回鳴るだけのシンプルな曲である。しかしそれを3回繰り返すこと、しかもだんだんと間を空けて追ってくることもあって、やけにインパクトが強くなっている。
    ちなみに、サントラ収録時の曲名は『DYNAMIC PIANO』である。
  • 俺はビールのほうが好きなんですけどね
    9話で青井有紀(UK)がワイナリーのオーナーからワインの味の感想を尋ねられた際に発した失礼な回答。

カ行

  • 輝く大野
    1、2話のEDにおいて、エンドロールの「公式HP」欄と「HPデザイン」欄の内容が入れ替わっていた誤植のこと。その結果、「公式HP 大野 輝」という妙な表記*2が出来上がってしまった。さらに、ちょうどこの部分のEDテーマが「輝く大野」と聞こえる*3ことから、奇跡の一致とネタにされた。
  • 季節最高
    4話で百瀬つむぎ(Bishop)が部屋に引きこもってる香椎玲音(King)へ差し入れするために持ってきたアイスの箱に書かれている謎のキャッチコピー。
  • くまモン!
    7話で天城成海(NaL)の病室に見舞いで訪れた青井有紀(UK)と黒沢忍(Kuro)に対して看護師たちが発した「UKよ!」「Kuroも!」の空耳。
  • 下痢コーヒー
    2話、3話、5話、10話に登場、コーヒーメーカーのドリップ音があまりにも汚く、下痢のように聞こえる事から名付けられた。
  • 原作ネキ
    原作ファンの女性の呼称。

サ行

  • 相模原風力発電所
    1話でapple-polisherのマネージャー相模原龍雄が片腕を振り回しながら闊歩している様子が風力発電に似ていることから。

タ行

  • ダイナミックカフェ
    違法建築カフェとも。2話で登場した、テラス席が歩道にはみ出しているという迷惑極まりないカフェ。さすがに円盤では修正された。
  • ダイナミック駐車
    この作品の駐車シーンは、誰が運転しようが、どんな車種であろうが、基本的に枠をはみ出して駐車している。
    また走行中のシーンなど、車が関係するシーンは基本的に作画が崩壊する。
  • ダイナミックバード
    2話と7話に登場した、異様に作画の良い鳥*4。この作品随一の良作画シーンで、妙に迫力もあるのだが、ストーリーの展開には一切関わってこない。
  • ダイナミックビル
    登場人物らの事務所が入居するビル。太ったり痩せたりする。しかも周辺の町並みも何故か毎回違う。
  • ダイナミック噴水
    主人公らの通う大学にある噴水で、作品中に度々登場する。
    しかし登場する度に水量が増えたり減ったりする。
  • ダイナミックボーイ
    5,6話にでてくる村の少年。目的地までまっすぐ走れるのにも関わらず何もない場所で大幅に迂回をしたり、顔の作画がよく変化したりする。6話では数秒の間に全くの別人に顔が変化し視聴者を大きく混乱させた。
  • ダイナミックドクター
    異世界ドクターとも、4話でレオンを夏バテと診断した、ちょび髭に燕尾服、蝶ネクタイという明らかに時代錯誤な格好をした世界名作劇場に登場しそうな村医者。医者にあるまじきメタボな腹をしている。見た目に反して運転と駐車は他のキャラ同様豪快。そしてその車がオースチンA35というクラシックカーマニア感涙の年代モノっぷりである。

ナ行

  • 謎メトロノーム
    1話に登場した謎演出。左右に動く車のワイパーが、だんだんとメトロノームに刷り変わっていく演出。あまりにも唐突で、何を意味するのかはよくわかっていない
  • なんとかって難病
    KYOHSOのファンの幼女が患った病気。コメントではよく「なん病」と言われている。

ハ行

  • 墓参りBGM
    少女の墓を後にし、複雑な表情を浮かべる主人公ら。しかしそのBGMはゴリゴリのロックだった*5
  • ひょっこりCAn
    1話で道明寺辰哉がCAnというメーカー名のカメラを手に持ち木の陰からひょっこり出てきた様子をお笑い芸人のひょっこりはんのネタとかけたもの。
  • ほぉ~~~ん
    ヨリトさんの個性的な歌い方を象徴するフレーズ。特に3話で披露されたアカペラ版「because the sky…(1話~3話ED曲)」が視聴者に強烈なインパクトを与え、以後ヨリトさんの歌唱シーンではほぉ~~~ん弾幕が形成されるようになった。

マ行

  • マァテヨォ…
    5話で腹を空かせた香椎玲音(King)が近くで見かけた少年に食事ができる場所を尋ねるものの逃げられたときのセリフ。

ヤ行

  • 曜日の歌
    待って!修正!などの空耳が特徴。サビの後に曜日を唱えることから曜日の歌と呼ばれるようになった。

ラ行

ワ行

  • わさげ
    OP曲の空耳*6。この直前部分にもきんぴらという空耳があるため、「わさげ」は野菜や料理の類いとされることが多い。
    ファンの間では、ネットスラング「草」の代わりとして使われる。
    なお、視聴者の中には「あさげ」と聞こえている人も少数ながら存在する。

A~Z

  • Why字路
    4話に登場したY字路。停止線や標識が一切無く、センターラインもY字になっているという危険極まりない交差点。上記のカフェと合わせ、この作品の作画の崩壊っぷりを表す例として有名に
    尚円盤では片方の車線を消すという修正が施されている。

放送局・スタッフ

コメント欄

  • OPにはキャラ名出てるよ!!! -- 2020-02-08 (土) 16:47:24
  • 正確にはキャラ名とopの背景の色が似すぎてて読めないみたいな感じです! -- 2020-02-09 (日) 19:48:48
  • 投稿主ではありませんが編集させて頂きました。なにか間違い等ございましたら遠慮なく編集し直してください。 -- 2020-02-15 (土) 00:32:24

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: アニメ 深夜アニメ


*1 ただしバンドアニメということもあってか、声優の熱演や歌には定評がある。しかし、上記の要素が絡み、却ってシュールになってしまっている。
*2 通常ならサイトURLが入る
*3 実際の歌詞は「輝くもの」
*4 恐らくシラサギだと思われる。
*5 このあとバンド練習のシーンに移る
*6 正しい歌詞は「Once again」。