Google 翻訳

Last-modified: 2022-07-01 (金) 01:25:12

右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除しています:(./Google_Translate_Icon.png,300x300);
Google の無料サービスなら、単語、フレーズ、ウェブページを英語から100以上の他言語にすぐに翻訳できます。
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除しています:(https://sekach.com/wp-content/uploads/2017/06/%E7%BF%BB%E8%A8%B32.png);

↑ガバガバ翻訳の例。ただし現在は改善され、「I don't know」と正しく出てくる
 
『Google 翻訳』とは、Googleが提供する翻訳サイトで、テキストの一部分、もしくはウェブページ全体を他言語に翻訳するサービスである。
文章の言語識別や、入力した文字を即座に反映させるリアルタイム翻訳、音声入力機能を持つ。
100以上の言語を翻訳する事が出来る。
但し、長めの文章を翻訳すると精度が下がり、ガバガバ翻訳(正しく翻訳されず意味不明な文章)になる事が多い。
最近はこそ、人工知能が統計などを用いて翻訳するようになったので精度が上がってきた。
 

目次

再翻訳

再翻訳は、母国語を違う言語に翻訳し、そっから母国語に再度、翻訳するという機能だが、それを行うと原文と違う意味として翻訳される場合がある。
日本語→英語→中国語→ロシア語→日本語に翻訳すると、中→露あたりで文法構造が壊れるらしい。以下QuizKnock動画参照:
「やってみたいけどパッと思いつかねぇよ!」という人は、英語のページに例文があるのでそれを使うのもアリだと思う。
https://translate.google.co.jp/

特に長文だと訳分からん文章に翻訳される。
例えば、以下の文章↓(くっさい長文注意!)

原文
野獣「ぬわああああああん疲れたもおおおおおおおん」
三浦「チカレタ…」
野獣「MURきつかったっすねー今日は」
三浦「あぁ今日はもう…すっげえキツかったゾ~」
木村「ホントに…」
野獣「何でこんなキツいんすかねぇ~も~…やめたくなりますよ~部活~」
三浦「どうすっかなー俺もなー」
野獣「MUR(脱ぐの)速いっすね…」
三浦「シャツがもう…ビショビショだよ」
木村「ウフフッ(笑)」
野獣「あーもう待っててあげますよぉ」
野獣「風呂入ってさっぱりしましょうよ~」
三浦「入ろうぜ二人とも」
木村「そうですね」
三浦「うし」
野獣「ふぅー、あ待ってくださいよぉ」
三浦「おい木村、早くしろ~」
野獣「早くしろよ~」
風呂場のドア「バン!ババン!バン!(迫真)」
三浦「あっつー」
野獣「ビール!ビール!あっつー↑!」
三浦「あ~はやくビール飲もうぜ~。おい、冷えてるか~?」
野獣「んぁ、大丈夫っすよ、バッチェ冷えてますよ。フゥー↑」
野獣「MURさん、夜中腹減んないすか?」
三浦「腹減ったなぁ」
野獣「ですよね?」
三浦「うーん」
野獣「この辺にぃ、美味いラーメン屋の屋台、来てるらしいっすよ」
三浦「あっ…そっかぁ…」
野獣「行きませんか?」
三浦「いきてーなー」
野獣「行きましょうよ」
野獣「じゃあ今日(じゃけん)夜行きましょうね~」
三浦「おっそうだな。あっそうだ(唐突)オイ木村ァ!」
木村「えっ何」
三浦「お前さっき俺らが着替えてる時、チラチラ見てただろ(因縁)」
木村「いや、見てないですよ」
三浦「嘘つけ絶対みてたゾ」
木村「何で見る必要なんかあるんですか(正論)」
野獣「あっお前さ木村さ、さっきヌッ、脱ぎ終わった時さ、なかなか(呼んでも)出てこなかったよな?」
三浦「そうだよ(便乗)」
木村「いやそんなこと…」
三浦「見たけりゃ見せてやるよ」

 

英語
The beast "Towards awful ah ah ah"
Miura "Chikareta ..."
Beast "MUR Riddled Today Today"
Miura: "Oh, today is already ... ... it was a hard work!"
Kimura: Really ...
Beast "Why do not you have such a dick like this ... I will want to quit ~ club activities ~"
Miura "What a wonderful person I am"
Beast "MUR (take off fast), right ..."
Miura "The shirt is already basho"
Kimura "Uh futsu (haha)"
Beast "I can wait anymore"
Beast "Let's take a bath and let's fresh"

Miura "Let's join us"
Kimura: That's right.
Miura "Cattle"
Beast "Fufa, please wait."
Miura "Oi Kimura, do it quick!"
Beast "Keep it quick!"
Bathroom door "Ban! Baby! Bang! (True)"
Miura "あ つ ー ー"
Beast "Beer! Beer! Atsu ↑!"
Miura "Ah ~ I'm going to drink beer quickly. Hey, are you getting cold?"
Beast "Oh, okay, okay, bathe is getting cold.
Beast "MUR, do not you want to stop hurting at midnight?"
Miura "I am hungry"
Beast "Is not it?"
Miura "Well"
Wild Beast "Around here, a delicious noodle shop stall, it seems to be coming"
Miura: Ah ... that sort of thing ...
Beast "Are you going?"
Miura "Ikitehoo"
Beast "Let's go"
Beast "Then, let's go to the night today!
Miura: Oh, I see ... Oh Kimuraa!
Kimura "What?"
Miura: When you were changing clothes, you looked glittering (pretending) "
Kimura: No, I have not seen it.
Miura "Absolutely Lying Daredezo"
Kimura "Why do you need to see it? (Justice)"
Beast "Ayamori, Kimura Sato, a while ago, when I finished my take off, did not I quite get it (even if I called it?)"
Miura "That's right (piggybacking)"
Kimura: No, that's ...
Miura "If you see it, I will show you"

 

再翻訳
獣「ひどいああああああに向かって」
三浦「チカレタ…」
ビースト「今日はなぞなぞ」
三浦「ああ、今日はもう………大変な作業でした」
木村:本当に…。
ビースト「どうしてそんなディックを持っていませんか…私は~クラブ活動をやめたい~」
三浦「なんて素敵な人なんだ」
ビースト "MUR(速く離陸)、右..."
三浦「シャツはもうバショー」
木村「えっふつ(はは)」
ビースト「もう待つことができる」
獣「お風呂に入って新鮮にしよう」~
三浦「はじめよう」
木村:そうです。
三浦「牛」
獣「フファ、待ってください」
三浦「木村大井、早くやれ!」
ビースト "それを速く保ちなさい!"
浴室のドア「禁止!ベイビー!バング!(真)」
三浦「あつーー」
ビースト「ビール!ビール!↑あつ!」
三浦「ああ、早くビールを飲むつもりです。おい、風邪をひいてますか」
ビースト "おお、大丈夫、大丈夫、入浴は寒くなってきている。
獣「MUR、真夜中にけがをしたくないですか?」
三浦「お腹がすいた」
ビースト「そうじゃないの?」
三浦「まあ」
ワイルドビースト「この辺り、美味しい麺屋さん、来ているようです」
三浦:ああ…そのようなこと。
ビースト「行きますか?」
三浦「いきてほ」
ビースト「行こう」
獣 "それでは今日今日の夜に行こう!
三浦:ああ、なるほど。。。木村ああ!
木村「なに?」
三浦:着替えをしていたとき、キラキラしていましたね」
木村:いいえ、見たことはありません。
三浦「絶対嘘ダレデゾ」
木村「どうして見なければいけないのですか(正義)」
獣「綾森、佐藤木村、私が離陸を終えたとき、私はそれを(私がそれを呼んだとしても)それを得ることができなかったのです。」
三浦「そうだね(便乗)」
木村:いいえ、それは…
三浦「見ればお見せします」

翻訳前
むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました。
ある日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、
どんぶらこ~どんぶらこ~ と大きな桃が流れてきました。
おばあさんは洗濯なんかそっちのけでその大きな桃を持って帰りました。
家に帰ると爺さんも帰ってきていたので、
「おじいさんやおじいさんや、この桃を食べましょう」
といって、桃を割ってみると、
スコッ と音がして、中から赤ん坊が出てきました。
おばあさんは大変怒りました
「あーあせっかくこんなでっかい桃とってきたのに、中身は空洞と赤んぼかよ。
うちは年金生活なんだから赤んぼ1人育てるだけでも大変なんだから。
くそっくそっ。えーい、こんな赤んぼなんか叩き割ってやる!」
スコッ と音がして、赤んぼはまっぷたつに割れました。
おしまい
 
英語
Once upon a time there was an old man and an old woman.
One day, the grandfather went to the mountains to mow the lawn, and the grandmother went to the river to do the laundry.
When the grandmother was doing the laundry in the river,
A big peach flowed like Donburako ~ Donburako ~.
The grandmother took the big peach home with her laundry.
When I got home, the old man was also back, so
"Grandpa, grandpa, let's eat this peach"
However, when I cracked the peach,
There was a clicking sound and a baby came out from inside.
The grandmother was very angry
"Ah, I got such a big peach, but the contents are hollow and red.
Since we live on a pension, it's difficult to raise one red fox.
Damn it. Well, I'll break this red dragonfly! "
There was a clicking sound and the red dragonfly broke into pieces.
The end
 
再翻訳
昔々、老人と老婆がいました。
ある日、祖父は芝生を刈るために山に行き、祖母は洗濯をするために川に行きました。
祖母が川で洗濯をしているとき、
どんぶらこ~どんぶらこ~のように大きな桃が流れました。
祖母は洗濯物を持って大きな桃を家に持ち帰りました。
家に帰るとおじいさんも戻ってきたので
「おじいちゃん、おじいちゃん、この桃を食べよう」
しかし、桃を割ったとき、
カチッという音がして、中から赤ちゃんが出てきました。
祖母はとても怒っていました
「ああ、こんなに大きな桃を手に入れましたが、中身はくぼんでいて赤いです。
私たちは年金生活をしているので、アカギツネを一匹育てるのは難しいです。
くそ。さて、この赤いトンボを壊します! 「」
カチッという音がして、赤いトンボが粉々に砕けました。
終わり

あーもうメチャクチャだよ…(´・ω・`)

 

関連動画

リンク

Google 翻訳

 

コメント

 

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: Google 何かがおかしい 再翻訳