Never(副詞)

Last-modified: 2019-12-14 (土) 14:17:01
 

概要 Edit

「Never」とは対象の確立を表す副詞の一つである英単語である。
意味としては様々だが、頻度としては「決して~」「絶対に~」などの意味を持ち、確立分類の中では0%の確立を示すため、
「Never」の際、その対象である現象等がその他の現象、あるいは起こり得ること自体が絶対に存在しないという事となる。
また、この副詞は「not」よりも強い否定単語を表すこともある。
そして「Never the」の次に比較の単語「Better」等を置くと、「~だからといって」という定型文となる。
感嘆詞としては「とんでもない」「あきれた」などの意味を持つ。
このようなものは一般動詞の前に置くと、助動詞の強調また対比の意味を持ち、疑問詞などへの答えも「Do」の前に置く場合がある。
慣用句としては、「をすることはをする場合にしかしない。」ということでも使う事ができる。

確立副詞

使用例 Edit

  • He never move here.(彼はここを絶対に動かない。)
  • I never you.(あなたに呆れた。)
  • Children was Never the better Their education.however,They obtained good education.(彼等の教育でも子供は良くならなかった。だが、彼等は良い教育を得た。)
  • Never revive!(二度と生き返るな!)

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: 英語 英単語 副詞 感嘆