OMORI

Last-modified: 2022-05-27 (金) 19:40:57

このページは編集による修正、情報の追加を求めています。


ホワイトスペースに ようこそ。
あなたはずっと、ここにひきこもってる。

概要

OMORIとは、海外で発売された心理ホラーRPGである。
2020年12月25日にPC(win、mac)版発売。日本語版も予定されている。
RPGツクールによって製作されたこのゲームは2014年から開発が開始されており、そこから2020年という7年の月日を経てようやく発売された。
このゲームは幾つかの作品から影響を受けており、作者のOMOCAT氏はMOTHERシリーズ?Undertale、またその他複数のボカロ曲やアニメからインスパイアを受けたと話している。
このゲームのネタバレに関しては本当にオススメしない。

ゲーム化までの経緯

OMORIは2011年~2012年にOMOCAT氏が作ったブログ「omori ひきこもり」、またそのキャラクターである「OMORI」が最初の原点である。その後、短編漫画の「OMORI'S STORY」が公開、2013年にゲーム化が告知された。
2014年春に最初のトレイラー公開。このトレイラーは大きな反響を呼んだ。このトレイラーに使われた曲「My time」はゲーム内でも使われている。
その後、Kickstarterで寄付金を募集、無事達成し開発を続けた。2017年にプレイ画面の様子を映した新しいトレイラーが公開、また2018年には寄付者向けにデモ版を発表した。
なお、当初の予定ではリリース日は2015年の予定だったがこれは延期された。
その後、2019年に同年末の発売を予定、日本語版はNintendo Switch、PS4、Xbox One、Steamにて2020年春に発売されることが予定された。しかし、同年12月に発売延期、さらに新型コロナウイルスの影響でさらに発売日が延期された。
そして2020年11月末に新トレイラーの公開とともに同年12月25日のリリースが発表。
予定通りクリスマスの日に発売となった。

ホラー描写について

全体的にホラー要素は少なく、またSTEAMでも「心理ホラー」のタグが付けられているが、特にホラー描写がメインという訳ではない。そのため、ホラーが苦手な人でも安心できる作りとなっている。

英語について

日本語版が製作されたので、英語がわからなくても問題はない。
原語版で進める場合、少し難しい表現や単語が出て来るが、中学生レベルの英語を習得していればとりあえずは分かる作りだ。
原語で進めていて詰まったときは、DeepL?や英和辞典などを使うといい。

日本での人気

日本では主に海外ゲームの実況をしているLattice?氏によるゲーム実況やNazz氏によるCeVIO実況によって着々と人気を増している。

登場人物

主な登場人物は6人いる。それぞれ紹介していく。

プレイアブル

  • OMORI(オモリ)
    このゲームの主人公。他のキャラクター達と比べて色が無く、白黒で描かれている。
    白い部屋の中にずっと住んでおり、部屋の扉から外へ出て冒険に出発する。基本的にポーカーフェイスを貫いているが、表情は多彩である。白い部屋にあるナイフを使って小さな木や蜘蛛の巣を切ることが出来る。バランスタイプだが、デバフ技が豊富なので呪術師タイプとも言える。
    イメージフラワーは「白のチューリップ」。イメージ料理は「塩おにぎり」
    主な技は「悲しいポエム」(味方か敵単体をしょんぼり系状態にする)、「刺す」(クリティカルと同等の威力の攻撃)、「バカにする」(いらいら系状態の相手に強い一撃+攻撃ダウン)
    畳み掛け(以下追撃)は「追撃」(ソロで追撃を行う)、「つまづかせる(足払いを喰らわせて素早さを下げる)」、「やる気開放(総攻撃)」
  • AUBREY(オーブリー)
    白い部屋の外にある遊び場にいる女の子。ロングヘヤーで大きなリボンを身に着けている。KELとはよく喧嘩していて、一方OMORIに足して好意を抱いている。意外にもパワータイプでバットやぬいぐるみを使って様々な物を破壊できる。攻撃力が強い戦士タイプ。
    イメージフラワーは「グラジオラス」。イメージ料理は「焼きナス」
    主な技は「応援する」(味方か敵単体をにこにこ系状態にする)、「頭突き」(単体に反動有りの物理攻撃、イベント習得、いらいら系状態で撃つと威力UP)、「カウンター」(攻撃を集中させ、さらに攻撃を受けると反撃する)
    畳み掛け(以下追撃)は「オモリくんを見る」(追撃を行う)、「ケルを見る」(オーブリーがいらいら状態になる 場合によってはケルもいらいら状態に)、「ヒロくんを見る」(防御UP 場合によってはオーブリーがにこにこ状態に)
  • KEL(ケル)
    白い部屋の外にある遊び場にいる男の子。天真爛漫でやんちゃであり、AUBREYとはよく喧嘩していて、またHECTOR(ヘクトール)という意思を持つ石を飼っている。武器にはボールを使い、また動きが素早い。スピードと攻撃のバランスが取れた武闘家タイプ。
    イメージフラワーはサボテン。イメージ料理は「オレンジジョー」(コーヒー+オレンジジュース)
    主な技は「いらつかせる」(味方か敵単体をいらいら系状態にする)、「リバウンド」(全体攻撃)、「ラン&ガン」(すばやさ依存の攻撃)
    畳み掛け(以下追撃)は「オモリにパスする」(ボールを受け止められずにオモリがしょんぼりになる、レベルによっては上手くいくとか?)、「オーブリーにパスする」(ランダムな敵に追撃)、「ヒロにパスする」(全体に追撃)
  • HERO(ヒロ)
    白い部屋の外にある遊び場にいる男の子。料理が得意で優しい性格だが、人の頼みを断れない。KELの兄。
    4人の中では最年長であり、副リーダー的な役割を持っている。戦闘においては主にヒーラーの役割になることがある。
    上記で言ったとおり、僧侶タイプ…と見せかけてタンクもできるパラディンタイプ。
    イメージフラワーは「バラ」。イメージ料理は「サンドイッチ」。
    主な技は「お料理」(味方単体を回復)、「マッサージ」(敵か味方の感情状態を取り消す)、「目を引く」(ターゲットを自身に引き付ける)
    畳み掛け(以下追撃)は「オモリを呼ぶ」、「オーブリーを呼ぶ」、「ヒロを呼ぶ」(全て呼んだ相手を回復+敵に追撃)

非プレイアブル

  • BASIL
    花飾りを頭に被った緑髪の男の子。写真を撮ることとガーデニングが趣味で、撮った写真はアルバムに残している。
    自然に過ごしている皆の姿を撮ることが好きらしい。
    イメージフラワーは「ひまわり」(というより彼自身の目標のイメージだが)。イメージ料理は「サラダ」
  • MARI
    制服姿の女の子。ロングヘアーでOMORI一行の行く先々でピクニックをしている。OMORIの姉のようだ。
    彼女のピクニックボックスでゲームのセーブをすることが出来、またMARIも冒険の相談に乗ってくれる。
    イメージフラワーは「スズラン」。イメージ料理は「クッキー」
    • SOMETHING
      一つ目の謎の黒い何か。様々な場所、特に地下に行く度にこの何かは現れやすくなる。
      その内、白い部屋にある落書きノートの最後のページにも...
    • STRANGER
      人影の何か。目が光っている。
      OMORI達が旅をするたびに現れる謎の存在。

関連ページ

関連記事

  • RPGツクールMV?
  • My time (bo en)?

コメント

  • deltaruneのミームでこのゲーム知った -- ちっぺっつ 2021-12-21 (火) 08:27:42

閲覧者数

今日?
昨日?
総合?

Tag: ゲーム 海外ゲーム 漫画 インターネット インディーゲーム RPG