Orpheus

Last-modified: 2020-08-12 (水) 11:45:52

Orpheus(オルフェウス)とは、

  1. ギリシャ神話の登場人物。オルペウス?
  2. 東京大学が開発した自動作曲システム。

本ページでは2.について解説。

概要

歌詞を入力し、あとは曲の雰囲気を決めるコード進行や構成などを設定することで自動で作曲され、合成音声によるボーカルが入った状態で出力される。
出来上がる楽曲のパターンは様々で、歌詞の構成をある程度反映した状態で伴奏が作られるなど、そこそこのクオリティの曲が簡単に作れる。

ここに大沢たかおをおもちゃにした前歴のあるなんJ民が目を付け、野球やら淫夢やら某弁護士やらをネタにした楽曲が多数作られることとなる。
当然コンテンツの大本が誹謗中傷だっただけに問題となるが、開発者はあくまでも重要な研究データとして、それらを排斥することはなく「特定コミュニティの作品」として隔離するにとどめた。
しかしそんな人間の鑑である開発者自体を中傷する作者まで現れてしまい、とうとうサイト自体が閉鎖されるという事態となってしまった。その後一度は復活したが、サイトが認証制となったので以前のように自由に作ることはできなくなった。その後も管理パスを割られたり定期的に被害を受けている。

パカソン

特定コミュニティの作品のうち、ハセカラをネタにした楽曲のジャンル。「パカ弁*1ソング」の略。
Orpheusの中でもとくに過激な作品群だったが、一方で技術力の高さも随一であった。
ロックやオペラ、民謡風など全く違うジャンルの曲、転調や隠れ歌詞を利用した一転攻勢のギミック、クラフトワークなど実在アーティストを模倣した作品、果ては「歌わせない」という発想でお経やクイズ番組が作られたりと、次々と斬新な発想で楽曲が生み出されては開発者も度々驚きのコメントを寄せていた。
「アルバム」という体でまとめ動画も作られており、サイトが実質閉鎖された現在でも試聴可能で、ハセカラ外からのファンも多い。

あきらめ

とある曲で登場したGm-Dm-A7-Dmの伴奏の事。コード進行を「あきらめ」に設定すると出現することから。
同曲をパロって唐突に挿入されることも多く、流れるたびに「あ き ら め」とコメントされる。

核ドラム

Orpheusのサウンドフォント特有のクソデカドラム。
実際は銃声の音程を下げて音量を上げることで出しているが、音がかなり歪むので銃声には到底聞こえない。
爆発オチとして盛んに用いられる。

関連動画

※動画内に一部不適切な表現を含みます。本ページには誹謗中傷を肯定する意図はありません。

開発者からのお言葉

彼らは、人類に与えられた「音楽」という貴重な宝物を大切にせず、
「目立ちたい」という悪魔の誘惑に魂を売り渡した人々でしょう。
一度売り渡した魂は戻って来ず、呪われた人生を送るでしょう。
人は、人のために役立とうと善意の努力をしてすらなかなかうまく行かないのに、
自ら悪意に加担した人生の汚点は一生消えず、周囲の人からは人格が悟られ、
必ず何らかの償いをさせられることは、そのうちに身に沁みて思い知ることになるでしょう。

コメント

  • クロスモン mk40298戦のBGMほんとすこ -- 2020-07-28 (火) 21:52:53
  • なんて言う訳ねえだろがあああああああああいいいいええええあああああああああああ -- 2020-07-29 (水) 20:12:15
  • 開発者頭沸いてて草。魂()宗教かな?それで?聖教新聞とか配ってらっしゃるんですか(笑) -- 2020-08-11 (火) 22:44:40
  • ハセカラも宗教なのでセーフ -- 2020-08-12 (水) 11:45:52

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag:


*1 パカパカ(開示)弁護士の略