SCP Foundation

Last-modified: 2022-07-06 (水) 00:29:15

&ref(): File not found: "SCP.png" at page "テンプレ一覧/注意書き";機密指定
確保、収容、保護

右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(https://4.bp.blogspot.com/-62YE52T9W2M/V8VE9npKPmI/AAAAAAAA9WE/AiZrb5J1OI8XY1B63hQEzsjN9YviyuoZwCLcB/s800/document_kuronuri_kimitsu.png,nolink,200x200);

膨大支部に行きたい人はこちら

SCP膨大支部

SCP財団とは

人類はこれまでにおよそ25万年もの歴史を歩んできた。しかしその歴史のうち特筆すべきは僅かこの4000年に過ぎない。

我々は25万年に渡って何をしていたのか?そのほとんどを、理解の外にあるものを恐れて、洞窟の中で小さな焚火を囲み身を寄せ合って過ごしていたのだ。太陽が昇る理由の未知よりも、人頭を持つ巨鳥や生命を宿す岩々の神秘こそが恐るべき『理外のもの』であった。そして我々はそれらを『神』と、あるいは『悪魔』と呼び、許しを乞い、救済の祈りを捧げた。

時は流れ、それらは次第に衰え、我々の数は多くに増えた。恐れるものは数を減らし、世界はより理に適ったものへとなり始めた。しかしそれでも、不可解なるものは決して消え去りはしなかった。まるで世界が不条理と不可能を必要としているかのように。

人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない。他に我々を守るものはいない、我々自身が立ち上がらなければならないのだ。


人類が健全で正常な世界で生きていけるように、他の人類が光の中で暮らす間、我々は暗闇の中に立ち、それと戦い、封じ込め、人々の目から遠ざけなければならない。

確保、収容、保護。

— ”管理者”

SCP財団とはざっくばらんに言えば秘密組織である。
彼等は自身を財団と呼称し、異常な物品、場所、存在、現象*1の保護/研究を行う。
財団は異常存在が一般市民の目に触れれば彼らの日常生活や正常な感覚を揺るがすだけでなく、場合によっては人類の生存そのものを脅かしかねないと考えている。

そのため財団は集団パニックや予想される混乱を避け、
人類の文明を正常に機能させるためSCPを秘密裏に保管し、
また一部のSCPについては、将来の脅威に対処するための知識を求めて研究を行っている。

オブジェクト

オブジェクトとは、財団が指定する現代科学では解明できない異常性を有する物品や現象のことである。
公式非公式問わず使われる略称としては「SCiP」がある。また、非公式な場では「SCP」「SCPオブジェクト」と呼ばれる事も多いが、報告書内でこれらの用語が使用されることはない。
それぞれのSCiPには特別収容プロトコルや実験記録などが記された報告書が書かれ、報告書の中では「SCP-〇〇〇」とそれぞれに割り振られたナンバーで呼ばれる*2
特別収容プロトコルとはそのSCiPの異常性を発生させたり、脱走することが無いように封じ込めておくための収容方法である。
例えば「誰からも見られてないと近くの人間を殺しにかかる彫刻」であれば、「複数の職員が交代で瞬きしながら24時間ずっと見張る」…といった具合に。

報告書

財団の報告書は↓の様な形で書かれる。

アイテム番号:

オブジェクトクラス:

特別収容プロトコル:

説明:

補遺:

オブジェクトクラス

オブジェクトクラスはそのSCiPの脅威度や収容難易度、つまりどれだけ安全に収容できるか、どこまで能力を抑制できるかを示すものである。
後述するが、オブジェクト自体の危険度と比例しているわけではないので注意。
基本的なクラスは「Safe」「Euclid」「Keter」の3つで、頭文字をとってSEK分類とも呼ばれる。

  • Safe(セーフ):現時点において安全かつ確実に収容できるか、対象をわざと活性化させない限り異常な現象は発生しないというものがこのクラスに割り当てられる。
    必ずしも異常な現象が発生しても財団職員と全人類に影響はないという意味ではなく、その性質は現実世界における核爆弾に例えられる。(後述)
  • Euclid(ユークリッド):性質が不明である場合、またその危険性について考慮が必要な場合に割り当てられるクラス。
    自我や知性を持つ異常存在に対しては「それ自身が思考・活動することにより本質的に予測不可能である」という観点から、どれだけ安全そうな物でも通常はこちらに分類される。
    性質が判明するか再分類が行われるまで一時的に割り振られることもある。
  • Keter(ケテル):財団職員および全人類に危険をもたらす存在で、収容時に複雑な手順を要するか現時点で財団による収容ができない場合に割り振られる。
    SCP財団はこれらのオブジェクトも収容できるようにすることを目標としているが、最後の手段として破壊されることもある。
  • Neutralized(ニュートラライズド):何らかの事情によって非活性化した(ぶっ壊れた)オブジェクトに割り振られるクラス。
    再活性化に備え、このクラスに分類されたオブジェクトに関する資料は残される。
  • Explained(エクスプレインド):現時点で主流の科学によって説明できるほどに解明されたものや、
    虚偽やミスだと判明したもの、収容不可能なほど公に流布されたものなどに割り振られるクラス。
  • Thaumiel(タウミエル):Keter並の危険度を持つオブジェクトを収容したり影響を無効化するために割り当てられるサブクラスで、財団の最高機密でもある。
  • 他にも作者によっていろいろなクラスがあるが、基本的には上記のオブジェクトクラスのいずれかに割り当てられるため、独自のオブジェクトクラスは忌避されがちだ。

オブジェクトクラスのよくある間違い

オブジェクトクラスは「そのSCiPがどれだけ危ないか」ではなく、「そのSCiPがどれだけ安全に収容できるか」で決まる。
つまり核爆弾はsafeになる。
↑はあ!?おかしいだろ!核爆弾は危ない兵器なんだからketerだろ!!
確かにそう思いたいでしょう。
でも核爆弾は落とさないで管理していれば爆発することはなく、誰も殺しません。
そのようにK-クラスシナリオ(世界が崩壊するような事態)を引き起こすようなやべえやつでもしっかりと収容できればsafeになるのです。
逆に、「1日に1度世界中のいずれかの猫と位置が入れ替わる3つ目の猫(1日に1度世界中のいずれかの猫と位置が入れ替わり、3つ目であること以外は普通の猫)」がいた場合には、たとえ危険がなかったとしても収容が困難なため、keterになる。

鍵のかかった箱テスト(the Locked Box test)

オブジェクトクラスを決めるテスト。
箱の外に出ると世界が崩壊するSCiPがあったとする。

  • もしそれを箱に閉じ込めることができ、放置しても何も起きないならそれはsafe
  • もしそれを箱に閉じ込めることができるが、放置したときに外に出るか分からないならそれはEuclid
  • もしそれを箱に閉じ込めて、放置したらすぐに出てくるならそれはketer
  • もしそれを箱に閉じ込めなくても大丈夫ならNeutralized
  • それが箱そのものならThaumiel

…と箱に閉じ込めた時の行動でSCiPのオブジェクトクラスが決まる。
ただし相手が知性を持っているなら最低でもEuclid*3…などの指針もあるため、一概に言えるものではないので注意。

用語集

  • Dクラス職員
    重い犯罪を犯した人間から集められる職員。主に実験の使い捨て用対象として使用される。上にA,B,Cクラスがあり、最も低い地位の存在である。
  • ██・[編集済み]・[削除済み]
    わざとその部分を見せたくないときに使用される黒塗り。
  • セキュリティクリアランスレベル
    財団での地位のようなもの。
    1~5の順に高くなっており、最上層は「O5」と呼ばれる。
    このレベルが一定以上に達していないと限られた情報しか見れなかったり、入れる施設が限られたりする。
  • O5
    SCP財団の中で一番偉い人達。男女13名からなる。
    当然一番偉いのでSCiPのほぼすべての情報が見れる。
  • 博士
    SCiPについての研究をしたりする人。言い方を変えると執筆者のアバターである。
    優秀な人はセキュリティクリアランスレベルが高かったりする。
    有名な博士はに書いてあるよ
  • 記憶処理
    対象がそのSCiPの影響を受けた・知ったことによって対象に悪影響がある場合に行われる。
    そのSCiPについての記憶を消すということ。
    記憶処理にはさまざまな種類がある。基本的に「クラスA記憶処理」が最も軽い処置で「クラスC」以降になるとかなり重い処置とされている。
    「『SCiPの影響を受けた世界』はもとからそういう世界だった」というようになるように全世界の人類に記憶処理「アンニュイ・プロトコル」を施した「青い、青い空」は有名。
  • 終了
    対象を殺すこと。SCiPの影響を受けて手遅れになった人物や、重い規則違反を犯した職員に対して行われる。
    「殺害」や「処刑」などの用語を使わないのが財団のスタンスを示しており、「財団は残酷ではないが冷酷である」とよく言われる。

有名な博士

  • ブライト博士
    みんなおなじみブライト博士。本名ジャック・ブライト。
    財団の問題児で様々な問題を引き起こすやべーやつ。不死身。その問題は財団に禁止リストを作らせるほどのやばさである。
    ここでは話せないほどたくさんの情報がある。

有名なSCiP達

本部(アメリカ)

  • SCP-002 生きている居間?
    中に入った人間を家具に変えてしまう
  • SCP-049 ペスト医師?
    有名なSCP。彼に触れられた者は即死し、手術されゾンビになってしまう
  • SCP-096 シャイガイ?
    有名なSCP。顔を見たら殺すまで永遠に追いかける
  • SCP-106 オールドマン?
    おじいちゃん
  • SCP-173 彫刻- オリジナル
    財団の始まり。
  • SCP-233 二十三面体
  • SCP-504 批判的なトマト?
    ダジャレを言うとぶつかってくるトマト
  • SCP-682 不死身の爬虫類?
    くそトカゲ
  • SCP-1048 ビルダー・ベア?
    キチクマ
  • SCP-1653 - ほしいのです
  • ●●|●●●●●|●●|●
    自分に関する言葉、文字などの情報を持っていくsc...えちょなにやってうわああああああ.......
  • SCP-2693 - 井戸に落ちる、井戸に落ちる、深くて暗い井戸に落ちてゆく
  • SCP-3265 - いいね
  • SCP-3480
  • SCP-4012 - 幾千幾万もの星々にどうやって踊らないかを教えるよりも
  • SCP-5334 - …そして星の中で私を遊ばせて
  • アパートメント5919
  • SCP-6598 - 軽薄
  • SCP-6871 - 瞬く間に
  • SCP-    先延ばs?
    後で編集します

支部(日本)

リンク

財団本部(英語)
日本支部公式

関連項目

K-クラスシナリオ

関連動画

新人職員くん向け解説動画

補遺

[編集済み]

記事を執筆するときのお願い

http://ja.scp-wiki.net/licensing-guide
に従ってください。

頼む。
そうしてください。

テンプレ

テンプレ用

>&ref(テンプレ一覧/注意書き/SCP.png,nolink,100x100);&size(50){&color(Red){機密指定};};&br;[[確保、収容、保護>SCP]]
>この記事は「[[クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス >https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja]]に従います。

コメント

  • 詳しく書いたバージョンです。 -- 2019-03-26 (火) 18:33:49
  • しょうらいのゆめは、えすしーぴーざいだんのしょくいんになることです! -- なりあさ 2021-10-20 (水) 21:07:28

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 創作 海外 ホラー Creepypasta シェアードワールド まとめ系記事

夢を壊したくない方は此処で見るのを止める事をオススメします。

本当にいいんですね?






















右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./fractal001.jpg,300%);

財団は存在しない

SCP財団が登場する創作物の起源は、英語圏の大匿名提示板・4chanの/x/(超常現象板)にある。
あるとき、加藤泉、Keisuke Yamamoto氏制作の『無題2004』という作品が海外の兄貴達の目に留まり、「この彫刻に何か設定付けて遊ぼうぜ!」という風な遊びが始まる。*4その遊びは「面白いからもっとたくさん作ろうぜ!!」と言う風に規模が拡大して行き、設定の付けられたキャラがまとめられたwikiが作られるようになる。そして、この遊びにはまってしまった人たちによる大量の投稿がされるようになり、現在に至る。をきっかけに、同様の「特別収容プロトコル」を模した作品が多数投稿される様になった。
それが現在の「SCP-173」である。
現在のサイトにはキーワード検索や記事一覧といったWikiとしての基本的な機能が備わっている。
また、議論や情報交換のためのフォーラムや執筆者向けのガイドもサイト内で提供されている。
自分の書いた作品をサイトに投稿するには、まず申込フォームを通じた参加申請を行ってサイトメンバーになる必要がある。
全ての作品には専用の議論ページと投票ボックスが設置され、サイトメンバー同士の建設的な批評を受けることができる。
投稿できる記事に制限はないが、クオリティを保つための仕組み作りが考えられており、
投票で否定的評価の多かったものはスタッフによって速やかに削除される。
また時折、決められた期間で提示されたテーマに沿った創作を行い、
出来た作品を評価し合う創作コンテストも開催されている。

評価

SCP財団は概ね好意的な評価を受けており、CNETのMichelle Starrはシリーズに共通する不気味さを賞賛。
Gavia Baker-Whitelawはデイリードットにてその独創性を「インターネットで最も独特で魅力的なホラー作品」と賞賛。
彼女はSCP記事には過剰な残酷表現が滅多に含まれていない点を指摘し、むしろ、
多くの場合その恐怖が確立されるのは詳細が書き込まれているからだけではなく、報告書が「実用的」で「無味乾燥」に
書かれているからであると。
Lisay SuhayはChristian Science Monitorの記事でその「からかうようなスタイル」を指摘した。
Alex Eichlerはio9の記事で、シリーズの質はまちまちでいくつかの報告書は退屈で繰り返しが多いと指摘した。
一方、彼はSCP財団が過度に雰囲気を暗くせず、楽天的な報告書も多く含まれている点を賞賛した。
さらに、彼は報告書が多種多様なコンセプトを扱っている点を賞賛し、
SCP財団はあらゆる種類の読者に訴えうる著作を含んでいると指摘した。
Winston Cook-WilsonはInverseの記事で、
SCP財団とアメリカの作家ハワード・P・ラブクラフト(1890-1937)の著作を比較した。
ラブクラフトと同じく、SCP財団の事件簿は多くの場合アクションシーンを欠いており疑似科学的な調子で書かれている。
ラブクラフトとSCP財団の作品は共通して、
科学的な調子と語られている物語の不安を誘う恐ろしい性質が分離しているゆえの緊張によって優れたものになっていると
Cook-Wilsonは主張した。

日本に於ける展開

日本に於いてはSCP-Containment Breachの実況プレイ等々で次第に知名度が上がり、
2013年の6月にFC2WIKIでSCP Foundationの翻訳を目的とした「非公式日本語訳wiki」が、
7月にWikiDotでSCP Foundationの日本語版サイトとなることを目的とした「SCP財団日本支部」が制作された。
後に2つのwikiは前者が専ら英語SCPの翻訳、後者が日本語でのオリジナルSCPの創作を行うという形で合意した。
流石日本だ。
同年12月に日本支部はSCP Foundationから公認され公式サイトとなり、
英語サイトを倣ったコミュニティを形成していった。日本流石や日本
日本支部には他とは違う独特な雰囲気のSCPが多く、高い人気を得ている。

2017年4月、非公式日本語訳wikiの管理者の呼びかけにより、
日本支部に全ての記事を集約する形で2つのwikiを統合する作業が始められた。
7月に作業が完了し、その後非公式日本語訳wikiは閉鎖された。

2018年現在、SCP財団日本支部にはSCPにかぎらずSCP Foudationに投稿された様々な作品の翻訳に加え、
日本語で新たに創作された1000を超えるSCPとその他SCP財団に関わる創作物が投稿されている。


他非公式支部

非公式支部が存在しており、以下は其の一覧です。
SCP-NC[ニコニコ動画]支部
「ニコニコ動画で流行ったもの、ネットで流行ったものをちょっとだけひと捻りしてSCPにしました!」みたいな。
SCP-114514-NCも存在する。

SCP-LO支部[lobotomycorporation*5]支部
SCPの派生ゲームの派生ファンサイト。
lobotomycorporationに有るアノマリーがSCPとして存在する。

SCP-RH[葉っぱ天国*6支部]
まだ構想段階であり、予定はあるようだ。
葉っぱ天国の方達は知っているだろうか…?
最近構想変更でHT(っぱ国)からRH(ReefHeaven)へ変更したようだ。

SCP-BD[膨大なページ数Wiki*7支部](膨大なSCP WiKI*)
何か誰かによって突然始まった支部。
固有のWikiを作った方がいいのではという意見がちらほらしている。
まあ実質創作だし、うん(民並感)

SCP-MT[みんなで作る世界 Wiki*支部]

SCP-MD[みんなで掘る洞窟 Wiki*支部]

SCP-MT[みんなで建てる塔Wiki支部]
最近できた。

SCP-DI [非公式Discord支部] 
2020年8月から存在する。
現在100人以上のメンバーがおり、「SCPをゆるく創作する」ことを目的としている。
批評システムもあり、日本支部への投稿のための練習台になったりならなかったり

この記事は「クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス に従います。

 

http://www.scp-wiki.net
by the SCP Foundation

 

http://ja.scp-wiki.net
by SCP財団


*1 これらはそれぞれの「特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)」のファイル番号で呼称される
*2 報告書にはそれぞれ「彫刻 - オリジナル」「シャイガイ」などのタイトルが付けられているが、これらは"我々の世界"での呼び名のようなもので作中では基本的に存在しないものとして扱う
*3 もちろん、一部例外があるにはある。例えばあまりにも弱すぎて財団に反抗できないSCP-1370?など
*4 要するにポケモン作ってワザ考えたりする事と同じ
*5 lobotomycorporationはSCPの二次創作派生2Dゲーム
*6 15年以上続くチャット広場、絵師が多い
*7 ここ