SCP Foundation

Last-modified: 2020-12-09 (水) 15:41:33
 

スローガン
確保(Secure)、収容(Contain)、保護(Protect)

オブジェクトの説明を受けたい人は

SCP

SCP Foundationとは。

SCP財団とはざっくばらんに言えば秘密組織である。
彼等は自身を財団と呼称し、異常な物品、場所、存在、現象*1の保護/研究を行う。
団はSCPオブジェクトが一般市民の目に触れれば彼らの日常生活や正常な感覚を揺るがすだけでなく、
場合によっては人類の生存そのものを脅かしかねないと考えている。
そのため財団は集団パニックや予想される混乱を避け、
人類の文明を正常に機能させるためSCPを秘密裏に保管し、
また一部のSCPについては、将来の脅威に対処するための知識を求めて研究を行っている。
その為、財団は報告書を作成している。
SCPに関するこれらの報告書には、
SCPを安全な状態に留めるための手段、
その性質の説明、財団による実験や研究の記録などが科学的な筆致でまとめられている。
報告書内ではSCPとは呼ばず、SCPやオブジェクト、SCP-[数字三文字から四文字]で呼称される。

夢を壊したくない方は此処で見るのを止める事をオススメします。

本当にいいんですね?

:
:
:
:
:
:
:
:
fractal001.jpg

財団は存在しない

SCP財団が登場する創作物の起源は、英語圏の大匿名提示板・4chanの/x/(超常現象板)にある。
あるとき、加藤泉、Keisuke Yamamoto氏制作の『無題2004』という作品が海外の兄貴達の目に留まり、「この彫刻に何か設定付けて遊ぼうぜ!」という風な遊びが始まる。*2その遊びは「面白いからもっとたくさん作ろうぜ!!」と言う風に規模が拡大して行き、設定の付けられたキャラがまとめられたwikiが作られるようになる。そして、この遊びにはまってしまった人たちによる大量の投稿がされるようになり、現在に至る。をきっかけに、同様の「特別収容プロトコル」を模した作品が多数投稿される様になった。
それが現在の「SCP-173」である。
現在のサイトにはキーワード検索や記事一覧といったWikiとしての基本的な機能が備わっている。
また、議論や情報交換のためのフォーラムや執筆者向けのガイドもサイト内で提供されている。
自分の書いた作品をサイトに投稿するには、まず申込フォームを通じた参加申請を行ってサイトメンバーになる必要がある。
全ての作品には専用の議論ページと投票ボックスが設置され、サイトメンバー同士の建設的な批評を受けることができる。
投稿できる記事に制限はないが、クオリティを保つための仕組み作りが考えられており、
投票で否定的評価の多かったものはスタッフによって速やかに削除される。
また時折、決められた期間で提示されたテーマに沿った創作を行い、
出来た作品を評価し合う創作コンテストも開催されている。

評価

SCP財団は概ね好意的な評価を受けており、CNETのMichelle Starrはシリーズに共通する不気味さを賞賛。
Gavia Baker-Whitelawはデイリードットにてその独創性を「インターネットで最も独特で魅力的なホラー作品」と賞賛。
彼女はSCP記事には過剰な残酷表現が滅多に含まれていない点を指摘し、むしろ、
多くの場合その恐怖が確立されるのは詳細が書き込まれているからだけではなく、報告書が「実用的」で「無味乾燥」に
書かれているからであると。
Lisay SuhayはChristian Science Monitorの記事でその「からかうようなスタイル」を指摘した。
Alex Eichlerはio9の記事で、シリーズの質はまちまちでいくつかの報告書は退屈で繰り返しが多いと指摘した。
一方、彼はSCP財団が過度に雰囲気を暗くせず、楽天的な報告書も多く含まれている点を賞賛した。
さらに、彼は報告書が多種多様なコンセプトを扱っている点を賞賛し、
SCP財団はあらゆる種類の読者に訴えうる著作を含んでいると指摘した。
Winston Cook-WilsonはInverseの記事で、
SCP財団とアメリカの作家ハワード・P・ラブクラフト(1890-1937)の著作を比較した。
ラブクラフトと同じく、SCP財団の事件簿は多くの場合アクションシーンを欠いており疑似科学的な調子で書かれている。
ラブクラフトとSCP財団の作品は共通して、
科学的な調子と語られている物語の不安を誘う恐ろしい性質が分離しているゆえの緊張によって優れたものになっていると
Cook-Wilsonは主張した。

日本に於ける展開

日本に於いてはSCP-Containment Breachの実況プレイ等々で次第に知名度が上がり、
2013年の6月にFC2WIKIでSCP Foundationの翻訳を目的とした「非公式日本語訳wiki」が、
7月にWikiDotでSCP Foundationの日本語版サイトとなることを目的とした「SCP財団日本支部」が制作された。
後に2つのwikiは前者が専ら英語SCPの翻訳、後者が日本語でのオリジナルSCPの創作を行うという形で合意した。
流石日本だ。
同年12月に日本支部はSCP Foundationから公認され公式サイトとなり、
英語サイトを倣ったコミュニティを形成していった。日本流石や日本
日本支部には他とは違う独特な雰囲気のSCPが多く、高い人気を得ている。

2017年4月、非公式日本語訳wikiの管理者の呼びかけにより、
日本支部に全ての記事を集約する形で2つのwikiを統合する作業が始められた。
7月に作業が完了し、その後非公式日本語訳wikiは閉鎖された。

2018年現在、SCP財団日本支部にはSCPにかぎらずSCP Foudationに投稿された様々な作品の翻訳に加え、
日本語で新たに創作された1000を超えるSCPとその他SCP財団に関わる創作物が投稿されている。


他非公式支部

非公式支部が存在しており、以下は其の一覧です。
SCP-NC[ニコニコ動画]支部
「ニコニコ動画で流行ったもの、ネットで流行ったものをちょっとだけひと捻りしてSCPにしました!」みたいな。
SCP-114514-NCも存在する。

SCP-LO支部[lobotomycorporation*3]支部
SCPの派生ゲームの派生ファンサイト。
lobotomycorporationに有るアノマリーがSCPとして存在する。

SCP-RH[葉っぱ天国*4支部]
まだ構想段階であり、予定はあるようだ。
葉っぱ天国の方達は知っているだろうか…?
最近構想変更でHT(っぱ国)からRH(ReefHeaven)へ変更したようだ。

SCP-BD[膨大なページ数Wiki*5支部]
何か誰かによって突然始まった支部。
固有のWikiを作った方がいいのではという意見がちらほらしている。
まあ実質創作だし、うん(民並感)

SCP-MT[みんなで建てる塔Wiki支部]
最近できた。


コメント

  • 詳しく書いたバージョンです。 -- 2019-03-26 (火) 18:33:49

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

タグ

Tag: 創作 海外 ホラー Creepypasta


*1 これらはそれぞれの「特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)」のファイル番号で呼称される
*2 要するにポケモン作ってワザ考えたりする事と同じ
*3 lobotomycorporationはSCPの二次創作派生2Dゲーム
*4 15年以上続くチャット広場、絵師が多い
*5 ここ