SCP(ポケモンGO)

Last-modified: 2020-09-26 (土) 23:40:41

scp(ステータス)とは、ポケモンGOにおける強さの示準の一つ。
どこぞの財団とは関係ない。

概要

SCPというのは、ポケモンの強さを評価する数値「CP」から攻撃偏重を排除した、非公式のステータスである。

 

これだけでは何のことやらわかんないだろうから、順を追って説明しよう。
まずポケモンGOでは、ポケモンの強さを「CP」という数値で表している。
CPとは、ポケモンの攻撃力、防御力、そしてHP(体力)といった3つのステータスを総合したときの強さのバロメーターである。

 

しかし実はこのCP、ポケモンの攻撃力を特に強く評価するように計算されているのだ。そのため、3ステータスのバランスが攻撃力寄りであるポケモンほど、CPが高くなる。
それに対し、SCPはその攻撃力重視をなくし、全てのステータスを対等に評価して算出された値である。

CP・SCPの関係

3ステータス全てが同じ値ならCPとSCPは同じになる。また、攻撃力が3つの中で高めだとCPがSCPより高くなり、逆に耐久力(防御力・HP)が高めだとSCPがCPより高い値を示す。
どれだけCPとSCPの値が変わるのか、実際に比べてみよう。

ステータスCPSCP
攻撃力防御力HP
ポケモンA12512512515621562
ポケモンB15010012516771520
ポケモンC10015012513691520

ポケモンAはステータスが全部同値。CPとSCPに差は無く、SCPは3匹の中で最高である。
ポケモンBは3匹の中で攻撃が最高。CPは一番高く、自分のSCPよりも高い。
ポケモンCは3匹の中で防御が最高。一方攻撃が最低のため、CPも最低値。しかしSCPは、最高CPを持つポケモンBと全く同じである。

いずれもステータスの合計は同じだが、CPとSCPは異なった値が出ているのが分かるだろうか。

何でCPは攻撃偏重なの?

CPがなぜ攻撃偏重の評価なのか、公式からの発表がないので定かではない。
だが、初期の頃から存在したジム・レイドバトルにおいて攻撃力が最も重要なステータスと考えられたからだと思われる。
ジム・レイドバトルでは、より早くジムのポケモンを倒す・制限時間内にレイドバトルのボスを倒すために、とにかく多くのダメージを出すことが重要。そのため、防御力・HPばかり高いだけのポケモンより、攻撃力が高いポケモンのほうが強い、ということになるのである。
最も、攻撃力が高くても耐久力が低いとすぐにやられてしまうので、防御力・HPが高いことにも価値がある。それゆえ、CPは3つ全てのステータスを合わせつつ、攻撃力を重視した評価値となっているのだろう。

SCPの用途

ジム・レイドでは基本的に自分が攻撃側、相手が防衛側に分かれているので、基本的に強さの示準はCPの方が適している。
しかし、2018年末頃に登場した「トレーナーバトル」、いわゆるPvP(対戦)においては違う。ここにおいて、SCPはCPに代わる強さの示準として参考にされているのだ。
というのも、PvPにおいては一方が攻撃側、一方が防衛側といった立場の違いがなく、どれだけダメージを与えるかだけでなく相手から受けるダメージをどれだけ抑えられるかも重要になってくる。そのため攻撃力だけでなく防御力・HPも等しく重要であり、全てのステータスを対等に評価するSCPのほうが強さの示準として優れているのである。

 

また、PvPのルールのうち「スーパーリーグ」および「ハイパーリーグ」では、使用可能なポケモンの制限にCPが使われている*1
出場するポケモンのCPはできるだけ制限値に近づけることになるが、CPは攻撃力重視の値。たとえCPがともに制限値付近だったとしても、ステータスが耐久寄りのポケモンはそれだけSCPが高くなるのだ。

「といってもCPは殆ど同じでしょ?SCPがどうとか言ってもそんなに変わらないんじゃないの?」とお思いの人も多かろう。
しかし、侮るなかれ。PvPにおけるSCPはCP同然であり、その差が大きいとその強さにはかなり違いが出てくるのだ。実際の例で、どれだけ違うのか見てみよう。

実例

クレセリア
(2/15/13 Lv20 CP1500)
攻撃92.00 防御163.09 HP163
フーディン
(1/15/15 Lv18 CP1495)
攻撃154.15 防御103.15 HP91
クレセリア.pngフーディン.png
SCP:1815SCP:1279
HP:57/163
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
HP:0/91
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【ねんりき】
ダメージ:7
発動:13回
【ねんりき】
ダメージ:8
発動:13回
【みらいよち】
ダメージ:53
発動:2回(2回ともシールドで防御)
【みらいよち】
ダメージ:56
発動:2回(2回ともシールドで防御)

この図は、スーパーリーグにおけるクレセリアvsフーディンのバトル結果を表している。*2
両者のタイプ・技は同じであり、違うのはそのステータスのみ。クレセリアは攻撃力が低いが防御力とHPが高く、フーディンは攻撃力が高いが防御力やHPが低め。そのため、CPはほぼ互角だがSCPはクレセリアが大きく上回っている。
そして、結果は図を見れば分かるようにクレセリアの勝利。しかも、ここまで戦ってなおHPは1/3ほど残っており、余裕を持って倒していることが分かる。
このように、SCPの差はPvPでの強さの差にほぼそのまま直結しているのである。

余談

CP制限なしのルールにおいて最大のSCPを持つポケモンはルギア(2020年9月現在)。
最高クラスの防御力を持っており、攻撃力とHPもそれなりに高いことが要因となっている。

参考資料

ポケモンGO攻略 - みんポケ:【ポケモンGO】【ステータス評価値①】CPとSCPの基本

コメント

  • 項目名はSCP(ポケモンGO)の方が良さそうな気がする -- 2020-09-26 (土) 21:57:55
  • 確かにそうやね。移しちゃっていいかね? -- ソーナンスの人 2020-09-26 (土) 22:08:16

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ポケモンGO


*1 スーパーリーグはCPが1500以下、ハイパーリーグはCPが2500以下のポケモンが出場可能
*2 連打のしかたは同じで、シールドは2回とも使用するとする