Should(助動詞)

Last-modified: 2019-12-14 (土) 14:17:58
 

概要 Edit

「Should」とは助動詞として「~すべきだ」「~のはずです」と言う意味を持つ英単語である。
同じ単語である「Ought to」や「have to」等があるが、「Ought to」は「Should」よりも事務的であるため多少強い言い方となる。
ただ、「have to」よりかは多少強い言い方である。
助動詞のため、疑問文の場合は文頭に「Should」を置き、また否定文の場合は「Should not」となり、「~してはいけない」「~のはずではない」と言う意味になり、省略形は「Shouldn't」となる。
また、過去分詞の場合は「Shouldn't have」と過去分詞を使うことによって「~するべきではなかった」という意味となる。
また、「Shouldn't have to」と動詞で「~をしなきゃなんておかしい」という意味となる。
この場合は現在形でも使う事ができる。

使用例 Edit

  • Shouldn't You speak(今話すべきか?)
  • He should attack me(彼は私に攻撃するはずだ。)
  • They shouldn't have followed.(彼等に付いて行かなければよかった。)
  • You shouldn't have to go their route.(彼等のルートに行くなんておかしいだろう。)

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: 英語 英単語 助動詞 英熟語