TDN

Last-modified: 2021-02-25 (木) 15:56:48


「アッー!」
淫夢が流行っている全ての元凶であり開祖。 
淫夢1章にて先輩の三浦を演じる。
TDNという名の由来は本名「多田野数人」から。

本職は野球選手であったが、ホモビデオ出演が発覚したことによりプロ入りを取り消しにされてしまった。

野球選手として

ポジ♂ションは投手。スローボールが得意技だった。

高校時代にはチームのエースとして甲子園出場を果たし、当時から注目されていた。
高校卒業後には、立教大学に入学して野球を続ける。*1そこでも順調に活躍し、いよいよプロ入り確実かと思われたが、その矢先に淫夢への出演がリークされてしまう。その影響によって、前述の通りプロ入り断念を余儀なくされる。
そもそも淫夢が注目されたのも、TDNがこのように既に有名人であったために「あの選手がホモビに出てる」ということが立派なスキャンダルとして炎上し、それによって知名度がむやみに上昇してしまったことが大きな原因である。

しかし、どうしても野球がしたかったので、彼はなんとそのままアメリカに渡り、マイナーリーグでプレーすることを選んだ。
この頃に名言の一つ「当時は若く、お金が必要でした。」を放つ。

その後、ほとぼりが冷めてから日本に戻り、北海道日本ハムファイターズに入団して今度こそプロ入りを果たす。日ハムではそれなりの成績を残し、日本シリーズでも登板するなどしたものの、後に怪我に苦しみ、戦力外になり引退。
引退後も、コーチや古巣・日ハムのスカウトマンなどとして、引き続き野球に携わる仕事で活躍しているという。

劇中ではアッー!

サッカー部員でありDBの先輩。
運転中に暴力団員TNOKの車に追突してしまい、彼に免許を奪われ連行される。

免許を取り返すために犬の真似をしたり裸になるなどの屈辱的な行為をするも、後輩が拳銃を発見したことにより形勢逆転、三人でTNOKを犯す。

OUT STAFF19では、1章仲良し三人組で登場。
とにかくはちゃめちゃ騒ぎなので興味あれば調べてね

よく聞く喘ぎ声「アッー!」はTDNが元である。

全ての元凶

元はと言えばTDNが所属していた立教大学の当時の監督が彼の出演しているビデオを見た際、
『なんだこれは…たまげたなぁ…』と
男優をTDNと認めてしまったことから淫夢ブームが始まったのだ。
つまりクッキー☆の声優の個人情報が特定されてるのも
野獣先輩が生放送で出演して放送事故が起こるのも
全部彼のせいなのだ!(暴論)

しかし近年では、淫夢の元ネタである「真夏の夜の夢」*2の作者のウィリアム・シェイクスピアが元凶だとする向きもある。

出演作品

語録知ってください!オナシャス!

  • アッー!
    上の通り有名な喘ぎ。
  • ワン、ワン、ワン(迫真)
    TNOKに犬の真似を強いられた際に披露した犬の鳴き真似。作成時期が古いMADではよく使われている。というか今でもよく使われている。
    元祖淫夢ファミリーの名は伊達ではないのだ。
  • 当時は若く、お金が必要でした。
    ホモビ出演スキャンダルの会見にて。
  • なんだこれは…たまげたなぁ…
    TDNではなく当時の監督が例のホモビにTDN達が出演しているのを見て驚いたときのセリフ。その後、NYN姉貴も発言したことで音声素材化を遂げる。

ン゛コ゛メントォォォ!!

  • 誰か画像オナシャス! -- 昇華職人 2017-12-24 (日) 23:15:23
  • ありがとナス! -- 2018-04-09 (月) 19:00:20
  • TDNがホモビに出てなければ四章もボイスドラマも話題にならなかった事実 -- 2018-06-10 (日) 16:57:49
  • 令和の始まりもTDNから -- 2019-10-05 (土) 19:18:28
  • なんだこれは…たまげたなぁ… -- 淫夢の新政? 2020-06-19 (金) 15:53:10
  • 個人的に本編は野獣で有名な4章よりこっちの方が好き。TDNとHTNはマジで気持ち良さそうだったし、TNOKの演技力のおかげで全体的に上手くまとまってる。 -- 2020-08-19 (水) 23:06:06

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 真夏の夜の淫夢 例のアレ


*1 立教大学は、いわゆる「東京六大学」のひとつで、大学野球が盛んな大学のひとつである。
*2 現在は劇中の季節が真夏ではないことから「夏の夜の夢」と呼ばれることが多い