Undertale Destroyed Distinctive Destiny

Last-modified: 2020-04-06 (月) 00:00:25
 

概要 Edit

Undertale DDD*1とは2016年に制作されたUndertaleにて存在するGルートのIfの物語をゲーム風に作った二次創作*2アニメーションである。
制作者はTheking35?というYoutuberであり、その高い編集技術とモンスターと人間の熱い戦いが見どころである。
またこのAUでは、様々なボスモンスターがあらゆる手段で強化して襲ってき、普通のUndertaleのGルートよりもかなり難かしくなっている。
このAUは制作者が日本好きであるためか、ドラゴンボールの効果音や東方の弾幕スクリプトやSE、さらには東方キャラクターの一人「Yukari」が登場したりもしている*3
主人公の姿は「Frisk」だが、名前は「Chara」であるある。
これは最初のタイトル画面にて「Genocide」の話なのか「Pacifist」の話なのかが選べるためである。
このUndertaleDDDでは今のところ「Genocide」の話しか作られていないが、恐らくシーズン2で「Pacifist」の話が作られると思われる。

キャラクター

EANARO Edit

エピソード0のチュートリアルステージにて登場する謎の人物。
チュートリアルでは水色攻撃やオレンジ色攻撃、弾幕の避け方など初級的なもの教える役である。
Charaとの戦闘の際には「幸運を」とFriskに「雨傘」と「日記」の二つのアイテムを渡す。

Toriel Edit

Torielは「Toriel the overseer(監視者トリエル)」という名称でパワーアップし、外に出すまいと襲い掛かってくる。
パワーアップ後の姿はバックに「目」を模した魔法陣が現れ、そこを中心に波紋のようなものが広がっている。
また、攻撃方法も以前より幾何学的になっており、アタック量ディフェンス量共に90と強化されている。
チェックの説明では「あなたにとっての最初の邪魔だ。*4」と書かれている。
最後は最後のところで慈悲を掛けたが、それが不運となり攻撃される。
ヒステリックを起こした後、さらに追い打ちでもう一回攻撃されて死亡。

Papyrus Edit

Charaに殺されかけるが、Sansが庇って死亡。
決意を抱いて覚醒し、Charaを更生させようと「B.B.Papyrus(Boisterous Bellator Papyrus*5)」ろなち戦う。
姿としては武将鎧のようなものを頭に身に着け、全体的に厳つくなっている。
最初は魔法陣がPapyrusのバックに展開され、その後はフラクタル状に広がる骨が背景になっている。
攻撃手段としては骨で作られたパズルであり、最後の攻撃では犬の巨大ロボットが使われ、大砲で打ち上げられる。
最後はCharaに攻撃されて死亡する。

Monster kid Edit

最初で攻撃されるが無傷、ゴーナーキッドが取り付いて強化される。
表記は「Foregone Kid*6」であり、ゴーナーキッドとモンスターキッドが合わさったような姿になっている。
攻撃時の表示からして恐らくゴーナーが主体になっていると思われる。
ゴーナーキッドは消失、モンスターキッドはUndyneに従って逃走した。

Undyne Edit

モンスターキッドを庇った後、攻撃され続け一時的に塵となる。
しかし、強い決意を持ってして復活、主人公に攻撃を仕掛ける。
姿はUndyne the undyingと大差ないが、かなりの力を持っており、片目の光もより強く光っている。
また、ソウルが緑になった際もレッドシールドとグリーンシールドの二つのシールドで槍を防ぐようになる。
「SHOTLOCK」という必殺技も持っており、攻撃方法は多数の槍を放つ、ビーム攻撃を行う技である。
シールド状態の際も数えきれない程の槍を大量に飛ばしてくる。
最後はCharaにトドメを刺されるが、最後の力を振り絞って攻撃を行い死亡する。

Alphys Edit

飛行するブースト付きボートに乗って登場し、 COREに行かせまいとCharaに攻撃を仕掛けてくる。
途中六芒星型の機械と様々なビームを使って弾幕攻撃を仕掛けてくる。
COREの手前でボードが故障して停止、そのままボードと共にマグマに落ちて死亡する。

Mettaton Edit

COREにてMettaton NEON(2.0)*7に変身して攻撃する。
最後もショータイムと称して戦いを始め、CORE中をネオンで光らせて攻撃を仕掛けてくる。
Charaに攻撃を入れられてマキシマムが暴走し、COREの力を自身と接続して戦闘を続けてくるが、その影響でCOREはエラーを起こし崩壊する。
最後にCharaに攻撃を入れられて爆散、同じくマグマの中で死亡する。

Sans&Yukari

Oh,I see...(ほう、分かったぜ...)

New Homeと後々称される空間にてYukari*8に出会う。
地下世界に来た理由としては、妙な人間が地下世界に存在するという情報を見て来たと話しており、Sansはスペルカードを受け取った後Yukariのスペルカード「結界「生と死の境界」」で生き返る。
また、内容に書かれていた「戦」をあの場所で見たSansは、人間と戦うことを承諾する。
Sansは「You dirty brother killer(お前はクソッタレ弟殺しだからな)」と称して戦闘を仕掛ける。
スペルカードのようなものを使って攻撃を仕掛けてき、その一例として以下がある。

  1. 普通よりも強力な技を繰り出すことができる。
  2. 様々な世界線のSans(AU Sans)の技を仕掛けられる。

といった攻撃を仕掛けてくる。
また、2番については以下のAUのSansの技を使って攻撃を仕掛けてくる。

登場AU

  1. Underswap
    UnderswapよりSwap!Sans(通称:Blueberry)
  2. Underfell
    UnderfellよりFell!Sans(通称:Mustard)
  3. Underfresh
    UnderfreshよりFresh!sans(通称:Fresh)
  4. Aftertale
    AftertaleよりAfter!Sans(通称:Geno)
  5. Chara and Sans*9
    Chara and Sans*10よりSans
  6. Echotale
    EchotaleよりEcho!sans(通称:Echo)*11
  7. Dusttale
    DusttaleよりDust!sans*12
  8. Storyspin
    StoryspinよりKing!sans
  9. Underpants
    UnderpantsよりSanesssとSans

また、この攻撃を仕掛けた後に、Sansは疲れを取るためにグリルビーズへ行き、その間Yukariとの戦闘になる。
その後、戻ってきたSansとYukariによってFightとActは破壊され、行動不能となる。
そこからYukariとSansとの戦闘となり、主にYukariの能力とSansの骨攻撃とガスターブラスターを混ぜた弾幕攻撃が繰り広げられ、
最終的にSansによりダイナミックなダンクシュートをされてGameoverとなる。
また、CharaがゲームオーバーになったのはSans&Yukari戦が初である。
その後、SansはYukariのスペルカードの持続時間が終了して再び死亡する。

Asgore Edit

人間の目の前で槍を地面に突き立て、自身の諦めの意思を見せて攻撃される。
その時、六つのSoulはAzgoreno槍を使ってその攻撃をガードし、Azgoreを守る。
そして、その槍にSoul達を取り込まれて、槍は途轍もなく強いものとなる。
それを受け取ったAsgoreはその意思と六つのSoulの力を受け取り、人間と戦うことになる。
表記はそのまま「King Asgore」であり、姿としてはより豪華になった鎧にバックは大きなデルタルーンが表れて居る。
HPが半分以下になるとAsgoreは助けを呼び、Soulも参戦することになる。
Soul参戦後、Asgoreはコマンドを槍で全て破壊してしまうため、回復のためにItem peaceと戦うためにfight peaceを集めることになる。
Soulは「忍耐、勇気、誠実、親切、不屈、正義」の順で攻撃をして、その弾幕の中Item peaceを集めることになる。
Item peaceを集めると、Item欄の中のPieを食べて全回復することが出来、次のターンはAsgoreが攻撃を仕掛けてくる。
Asgoreは力を使って今までのボスモンスター達の背景をバックの攻撃を仕掛けてくる。

  1. Toriel the overseer
    バックではTorielの影が存在し、背景はTorielから生えていた大きな羽と中心から広がる波紋である。
    最初は4つのビームを出しながら、放射状に飛ぶ弾幕と橙色の炎と炎の弾幕を打ってくる。
  2. B.B.Papyrus
    バックではB.B.Papyrusの影が存在し、背景はPapyrusが展開していた魔法陣とフラクタル状に広がる骨が背景になっている。
    炎の弾幕を横から繰り出すが、弾幕は大砲で打ち上げられた際の骨攻撃の弾幕と似ている。
  3. Foregone kid
    バックではForegone kidの影が存在し、背景は地球になっている。
    青色のビームとオレンジ色のビームと放射状の弾幕を打つ。
  4. Undyne the undying
    バックは「Undyne the undying」の影が存在し、背景はUndyneが山上に居る際の背景と同一である。
    2対のビームと放射状弾幕2つを繰り出した後、小鑓を縞状に出してくる。
  5. Mettaton NEON(2.0)
    バックでは足の無いMettatonの黄色い影が「⚠」と入れ替わっており、背景はCOREがエラーを起こしている際の背景と同一である。
    白い大きな靄のような弾幕を降らせて攻撃してくる。
    また、このフェーズからFight peace3つが出現し、全て手に入れるとフェーズが終了する。
    その後、FIGHTでAsgoreのHPを削り切るが、Asgoreは最後の力を使って弾幕を仕掛けてくる。
    最後、Asgoreの王国を全て巻き込んで「LIFE'S FINAL FRONTIER」という必殺技を繰り出す。
    その際の彼の力は強力すぎるために、王国は彼の力に巻き込まれて崩壊し始め、最後には巨大なビームを放つ。
    その後、元に戻った槍を手にCharaにスラッシュ攻撃をし続けるが、遂に限界を迎えて跪づき倒されてしまう。
    最終的に、王国は彼の力に費やされ廃墟の中に沈み、王は死亡してしまう。
    しかし、最後に死ぬ前に王は皆と再会し「皆New homeで元気に暮らしている」と知り安心して塵となった。

Genocide Chara Edit

世界を消すことを拒む(DO NOT)ことを選択すると戦闘が始まり、主に「ほんもののナイフ」を使って攻撃する。
説明では「最初に落ちた子供」と書かれており、アタックとディフェンス共に99とカンストしている。
FrislのSoulはCharaの方に渡っている為に持っておらず、代わりにセーブポイント、決意がポインタになっている。
また、FriskはHPと「DEATH」が付けられており、9回まで耐えることが出来る。
DEATHはそのままの意味で9回以上死んでしまうとゲームオーバーになってしまう。
Charaの攻撃は50になると激化し「おもちゃのナイフ、じょうぶなてぶくろ、バレエシューズ、やぶれたノート、こげたフライパン、からっぽのピストル」も使って攻撃してくる。
そして、FriskがDeath8になり、CharaのHPが10になった時にCharaとFriskの一騎打ちとなり、
少しの差でCharaが負けてしまう。
そしてFriskはSoulを取り戻し、Ending1「Vanishing dream」が終わる。


コメント Edit

  • ワシが主役のAUかと思ったZOY -- デデデ陛下 2020-04-05 (日) 23:59:22

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
総合?

*1 Destroyed Distinctive Destinyの略である。
*2 以下、AUと呼称する
*3 Undertale DDD(S1 EP5.5)-Genocide Sans戦にて登場
*4 原文:Your first obstacle of many.
*5 騒々しい戦闘パピルス
*6 先立った子供
*7 2.0はMettaton NEOの二次創作にて本当の姿と称して表すNEOの姿のことである
*8 このYukariは前述した通り、東方にて登場する「八雲紫」のことである。
*9 もしくはUndertale.exe
*10 Killer!Sansは赤い焦点が存在している為、Charaに取りつかれたSansであることが分かる。
*11 このSansのみどのSansよりも質量があるため、ここのみ本人が登場していると思われる。
*12 通称:Dust