potatoになっていく

Last-modified: 2021-12-03 (金) 08:27:37
ちゃちな青春も、お涙も、それすらないもんな。

概要

potatoになっていくとは、Colorful PaletteとSEGAが運営するゲームアプリ「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク(以下プロセカ)」に、ボカロP・Neru氏が書き下ろした楽曲である。
この曲は、ゲーム内ユニット・ワンダーランズ×ショウタイムの神代類がメインのイベント「全力!ワンダーハロウィン」で書き下ろされた。
プロセカのキャラクターが歌う「セカイver.」の歌唱は、ワンダーランズ×ショウタイム+初音ミク。
VOCALOIDが歌う「バーチャルシンガーver.」の歌唱は、鏡音リン+鏡音レン。

歌詞

もう救えない スクラブばかりのブルペンじゃ
ちゃちな青春も お涙も それすらないもんな
相当に笑えない コメディのワンシーンもままならない
冷めたチャウダーを ただ混ぜ合わした さもそんな人生さ
掛け違えたボタンの身なりを いつのいつまで見ぬ振りしようか
そうかい 抗弁のしようもないな

たまたま火事場に逃げ込んで 善かれと油を放り込んで
生活も 計画も 全部がpotatoになっていく
ぐつぐつ明日が泡吹いて 白目のままに茹で上がって
将来像 成功法 全部がpotatoになっていく

このままみんなで浸り散らかして どろどろに未来を溶かして
そんな暮らしのままでKUSHA KUSHAになっていこうぜ

もう時間がない 我等に見下す権利などない
有象無象が発した ブーイングも 今なら勲章さ
相当に笑えない 誰だってそう言わざるを得ない
バカの一つ覚えのように 空回って ただバターになっている
始めはこんなつもりじゃなかった 誰か信じてくれやしないか
一切、反証の余地はないが

あたかも何も知らぬ顔で ここぞと薪を投げ込んで
生活も 計画も 全部がpotatoになっていく
こんがり明日が煮え切って 姿見えぬほど燃え上がって
将来像 成功法 全部がpotatoになっていく

このままみんなで浸り散らかして どろどろに未来を溶かして
そんなボウルの中で憂さ晴らしだとかしようぜ

そんな暮らしのままでKUSHA KUSHAになっていこうぜ

プロセカへの実装・楽曲データ

両ver.が2020年11月7日に3DMV付きで実装された。*1
ジャケットはこちら。

楽曲データはこちら。

 EASYNORMALHARDEXPERTMASTER
難易度511172428
ノーツ数103243400721863

ちなみに曲の時間は1分56秒。
アナザーボーカルは、初音ミクver.・鏡音レンver.・巡音ルカver.・MEIKOver.・KAITOver.の五種類。
ワンダショ恒例、高難易度譜面。え、簡単なやつならワンスポがあるって?あれは詐称だよ。
「potatoになっていく」という強烈なタイトルでファンに衝撃を与え、「どんなもん食ってたらpotatoになっていくなんてワードが思いつくんだ」と言われた。まぁNeruさんって急に重い曲出したり急にぶっ壊れたりするし基本何考えてるかわかんないもんね、仕方ないね。

3DMVの公開

イベント終了後、セカイver.の3DMVゲームサイズが公開された。
バーチャルシンガーver.はプロセカリリース前から公開されていたため、今回は3DMVのみイベ後の公開となっている。
セカイver.はプロセカ公式からのアップロード、バーチャルシンガーver.はNeru氏からのアップロード。
ちなみにフル尺での曲の時間は3分9秒

セカイver.

たまたま火事場に逃げ込んで 善かれと油を放り込んで

いつもとは違う雰囲気のステージで、5人が類を中心に歌う。
このイベントで追加された衣装は男子用衣装しかなかったため、女子3人は初期実装衣装の「Crown Knight」を着用している。*2
ステッキを使ったMVであり、「小物もMVで使えるのか」「すごい」と言われMV公開当時大きな話題となった。

バーチャルシンガーver.

じゃがバター最高

イラストをスドウ創太氏が、アートディレクションをSawai Shingo氏が手がける。
鏡音リン・レンの怠そうな歌い方が歌詞にかなり合っている。
PVは珍しく静止画。虎のぬいぐるみのようなものを持っている女性の絵が一枚、それだけである。

タイトルについて

歌詞の考察が盛んなこの曲だが、タイトルについての考察も勿論行われている。有力なものとしては、
・英語のスラング「potato」の「怠け者」や「解像度が低い」という意味から
・お釈迦になる(慣用句、駄目になるという意味)→おじゃが→potato
などの説がある。

関連リンク

Neru氏のチャンネル
Neru氏のニコニコユーザーページ
プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク 公式チャンネル

余談

MVには曲に合わせ全員が二回転する振り付けがあるのだが、この振り付けは寧々だけ一回転という小ネタがある。

この曲にちなんでか、「全力!ワンダーハロウィン」イベントストーリー内で「ポテトゴースト」なるものが登場した。

また、このイベントはプロセカ初の「男子のみがピックアップのガチャ」が行われたことも有名。ただでさえ男子キャラが少ない上、「男を入れたのは間違いだった」と掲示板で言われていたプロセカがこのような行動に出たのは、本当に称えるべき行為である。今思えば、このイベントで男子キャラにスポットライトが当てられたのがきっかけで現在のような男子が大人気のプロセカになったのかもしれない。

ワンダーランズ×ショウタイムの書き下ろし曲の歴史

potatoになっていくニジイロストーリーズ
この曲は、ワンダーランズ×ショウタイムへのイベント書き下ろし曲1曲目
ユニットストーリー書き下ろしの「セカイはまだ始まってすらいない?」を含めると2曲目

コメント欄

  • できた。 -- 宵崎ウエハース(編集者)? 2021-09-11 (土) 00:51:55
  • おつかれさまです -- 雑魚 2021-09-11 (土) 06:33:56

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

*1 どちらもショート版。
*2 これがきっかけでこの衣装が人気になった。