Top > クレクレ対策


クレクレ対策 の変更点


 ''*クレクレ対策''
 世の中には、自分の家族?のために、
 差し上げる気もないものまで、よこせと言う方もいらっしゃるようで。
 防災用品の備蓄、譲り方も考える必要がある。
   
 基本は
 「知られない・話さない・譲らない」が良いだろう。
   
 クレクレ対策などと言うことは本来ありえん
 話さない・悟られない・分けない・与えない。
 この基本ができていれば、クレクレなどにたかられることなどないし、
 自分の命が危ないときに、赤の他人の命まで構ってなど、いられないのだよ。
 よく油断してバレる話が出てくるが、釣りかバカとしか思えんわ。
 という意見もあるようで。
   
 ○○にたかられた、家族に理解がない、などと言う
 自分の低レベルを曝け出す発言は、もう「お腹いっぱい」です。
   
   
   
 <補足>
 上記文章の元レスを書いた者です。
 地震等の災害、インフルエンザ等の感染症などに個人が本気で備えようとすれば、
 ある程度のお金と手間と時間と家族の理解・協力が必要になります。
   
 その結果として、このwikiの元になった2chの該当スレでは、
 「こんなに苦労して備えたのに、一方的に他人や親戚にたかられたらどうしよう?」
 「備えたいのに家族の理解が全く得られない」という類の話題が繰り返されました。
 その時にしたレスが当時のwiki管理人に採用・掲載され、こういう形で残りました。
   
 災害時対応には、自らを守る「自助」、国や自治体が手を貸す「公助」と並び、
 近隣で互いに助け合う「共助」という考えがあり、昨今盛んに奨励されています。
 私見では非常時に「共助」がどれだけ有効か甚だ疑問に考えていますが、
 過去の災害を見ても共助の事例は数多くあり、共助を完全否定するものではありません。
   
 このwikiに来てくださったついでに、ここも覗いてくれる方がいるようなので補足しておきます。