Top > しじゅつしつ


しじゅつしつ

Last-modified: 2019-09-19 (木) 01:00:38

しじゅつしつとは (公式Twitterより) Edit

 
『しじゅつしつ = 施術室』とは、要するにBuriedbornesの術を施術するための部屋です。
屍体を中央に据え床に魔法陣を描き、その前に術者が座して術を行使します。
SS第7話「終焉の序曲(3)」を参照。
SSでは魔女が急ごしらえしていますが、プレイヤーは専用の部屋を持ちます。
 

 

解説 Edit

Ver3.0.0で機能が大きく拡張された「まのけいやく」を扱うコンテンツ。
公式の説明はこちら、ver.3.0.0既知のバグはこちら

 

v3.0.0から、『まのけいやく』が刷新されました。
これまでは固定構成だけだったものが、複数の『まのけいやく』を統合し、
最大5能力を持ったオリジナルの『まのけいやく』を作る事ができるようになりました。
また、この変更に伴い、同じ種類の『まのけいやく』を複数個所持できるようになりました。

解体と「まのけんきゅう」 Edit

作中における第5の通貨(イベントポイントを含めれば第6)。
今Verからはまのけいやくは「かいたい(解体)」が可能になり、それによって「まのけんきゅう」が手に入るようになっている。
まのけんきゅうは後述のとうごうを行うためのコストとして必要になる。
得られる数は解体したまのけいやくに含まれる効果の数と同じ。
(Ver3.1.0より、まのけいやく解体時に得られるまのけんきゅう量が上方修正され、多少増えた。)

まのけいやくの統合 Edit

2つのまのけいやく同士を「とうごう(統合)」し、複数の効果を持ったまのけいやくを作り出せる。
統合はベースとなるまのけいやくに、素材となるまのけいやくを組み込む形で行われる。

 

操作はまず「しょじ いちらん」画面で、ベースとなるまのけいやくの左にあるアイコンをクリックすると統合画面に移行する。
設定で品質を「はやい」に設定していると、「しょじ いちらん」画面でアイコンが映らなくなったので注意!
(見えなくなっていても本来アイコンがあった場所を押すと、統合画面に移行出来る。)
次に「せんたく」を押した後、素材となるまのけいやくを選んでクリック。「とうごう」を押すと確認画面に移る。
まのけんきゅうを支払うと統合完了。
素材側のまのけいやくが持っていた効果のうちの、ランダムな1つがベース側のまのけいやくに受け継がれる。

 
  • ベース側に付与されている効果の数が多いほどコストが上がる。
    素材側の効果が多いほど結果が安定しなくなる(コストが下がるメリットもあるが、微々たるもの)。
    • 特定の効果を確実に付与させたい時は、その効果だけを持ったまのけいやくを素材にすればよい。
  • 職業やでんせつのぶぐの固有効果を統合で継がせることは出来ない。
    (必ず抽選から外れる。固有効果のみを持ったまのけいやくは素材に選ぶことすらできない)
    • このため1つのまのけいやくに複数の固有効果を持たせることはできない。
      また、最初から効果を3つ持つまのけいやくに固有効果を加えることもできない。
      • 例えば「ファントム」に「ようせいのはね」を直接加えるのは不可能。
        どうしても実現させたい場合は、
        ようせいのはねの方に「とおりぬけ」「せいしんたい」「テレポート」を一個ずつ付けることになる。
  • 一度統合させた効果を消したり取り外すことはできない。完全に不可逆である。
    レアなまのけいやくを用いる際はよく考えると共に、誤操作なども行わないよう気を付けること。
    • 一度でも統合を行ったまのけいやくは、名前の変更を行えるようになる。
      一覧画面でまのけいやくの名前を長押しすると入力画面に移行できる。
 

ベースと素材の効果の数と、統合に必要なまのけんきゅうの数は下表の通り。
効果のレアリティ等は必要数には関係しない。

ベースの効果数
1個2個3個4個5個





1個381524--
2個271423--
3個161322--
4個151221--
5個141120--
 

統合は費用が大変かさむので、メリットの大きいものに絞って行いたい。
具体的にはビルドを組む際に定型となりやすい効果をまとめるとラボパーツ枠の節約に役立ち、操作面でも便利になる。
(いっぱつねらい+そげきしゅ、ぶんしん+かくさんバリア、つきの おんけい+きょうらん等)
またはげんかいとっぱを複数個束ね、道中のドロップ運の問題を解消するといった手も考えられる。
ビルドいちらん等も参考に効率的な組み合わせを模索しよう。

実際の運用 Edit

まのけいやくは新キャラ作成の際に、アミュレット等のようにプレイヤーキャラに与えることができる。
そのキャラが死んでもまのけいやくは無くならず、何度でも繰り返し利用できる。この辺りは従来通り。

  • 今Verからは使用コストとしてのませきは不要になり、無料で付与できるようになっている。
    統合を活用する場合はまのけいやく(=まのけんきゅうの材料)の購入にませきを注ぎ込むようになる訳だが、
    従来と同じ使い方をする分にはかなりお得になったと言える。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • それも考えたけど、ファントム自体がそう数を揃えられる物じゃないのが辛い。というか、せいしんたいみたいに単体のけいやくがない能力って複合けいやくから抽出できるのかね。つきのおんけいのせいしんりょくとか -- 2019-04-29 (月) 11:45:49
  • せいしんりょくは現状それしかないな。月の恩恵は引き出せるのがそれしかないけど、他の2択のやつは大変だ -- 2019-04-29 (月) 14:44:52
  • そうか、↑の方につきのおんけいをとうごうした方がいたか。じゃあラボの非レア枠や通常装備につく能力に関しては単体のけいやくがなくても複合けいやくから抽出可能って考えていいのかな。コストの問題はさておき -- 2019-04-30 (火) 01:03:53
  • 不可逆ってきついなー。イベントアイテムとか再入手期待できないものは使えないじゃんね。 -- 2019-05-07 (火) 11:47:45
  • 「つきのおんけい」に「きょうらん」つけて使ってるけど、もう一個なにつければいいかな。とりあえず「バリアきょうか」とか考えてるけど、汎用的なところで -- 2019-05-14 (火) 18:01:12
  • 汎用性なら調査、スカウトらへんで忍術、一発狙い、狙撃あたりも使用度高いかと -- 2019-05-14 (火) 21:29:19
  • 悪くはないけど、他のけいやくとのシナジーが欲しいな、単に俺の好みだけどw・・・返答ありがとう -- 2019-05-17 (金) 17:11:28
  • クリティカルはじゅうじんかのねらいうち200%とシナジーありますし、狙撃手のクールダウン増加もじゅうじんかで消せますので、無い訳ではない…と思います、こじつけといえばこじつけですが。きょうらんはラボパで付けるのをお勧めします。 -- 2019-05-18 (土) 00:43:33
  • 獣人化するならマイターン4回動ける忍術はかなりいいよ -- 2019-05-18 (土) 08:22:45
  • バージョンあがったら、るてんを勧めたい。ふういんとふどうを対策できるが、現バージョンだとどっちが優先されるかいまいちわからない -- 2019-05-18 (土) 11:59:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White