とうくつしゃ

Last-modified: 2020-01-31 (金) 13:18:24

とうくつしゃ(盗掘者) Edit

すぐれた じゅうなんせいを いかして
いせきの とうくつを くりかえしていた ハーフリングの しょうねん

初期性能 Edit

職業固有能力武器防具装飾品
バリアきょうかぎりょう+10ざんぞう+1ぎりょう+10
やえいバリア+2たいせい+20%バリア+2
ひみつの かくしばしょ


ひみつの かくしばしょフロアをクリアするたび装備の性能が更新される


スキルCD説明
スタンス:アグレッシブ0レベル依存の攻撃スキル (Pow:20/Hit:90)
攻撃と共に自身に3T持続のかくしきば(+100%)とダメージぞうか(+35%)を付与
スタンス:スタティック0レベル依存の攻撃スキル (Pow:20/Hit:90)
攻撃と共に自身に3T持続のたいせい(+75%)ともうもく(-35%)を付与
スタンス:パッシブ0レベル依存の攻撃スキル (Pow:20/Hit:90)
攻撃と共に自身に1バリアと3T持続のスロー(-1ターン)を付与
 

更新履歴(Ver3.2.0)

Ver3.2.0
装飾品:「かいひ+20%」→「ぎりょう+10」
Ver3.1.7
しょくぎょうスキン「あかずきん」追加(1000ゴールドシャードで解禁)
Ver2.8.0
防具:「バリア+2」→「ざんぞう+1」
装飾品:「ぎりょう+10」→「バリア+2」
Ver2.4.0
しのかけらで通常解禁可能に

余談

とうくつしゃにまつわる公式ショートストーリー

余談2

あとこれを重要視されるかどうかは人によると思うのですが、一応男の子です。
(作者のTwitterより)
 

という訳で、間違いなく「しょうねん」である。

初心者オススメ度 Edit

1/5 ★☆☆☆☆

 

拾ってなんとかしろを地で行くドロップアドリブ職。
装備にHPもシールドもなく、あるのはわずかなバリアだけ。何とも危なっかしい。
「ひみつの かくしばしょ」は装備の寿命を延ばす効果に過ぎず、それ自体はドロップ力に貢献しない。
そもそも良い装備を得るためのリロール費用が初心者には工面できない。
そして魔石・資産が揃った頃に使おうにも、カスタマイズの方向が定まらず戸惑うだろう。
初期スキルが全て代償を伴うのもユーザーフレンドリーとは程遠い。どこを取っても玄人仕様。

特徴 Edit

2017/3/29 シーズンイベント「いせき」にて登場。Ver2.4.0より1000しのかけらで買えるようになった。

 

「フロアボスを倒す度に全装備の能力の数値がランダムに変化する」という奇抜な特性を持った職業。
ただし変化するのは数値面だけで、装備に付いている能力そのものが総入れ替えされる訳ではない。
効果としてはでんせつのぶぐ「さいぼう」の固有能力・へんぼうと同じものである。
(厳密にはへんぼうは一歩進むごとに値が変わるが、ひみつの~はフロア移動時にしか変化しない)

 

取得時の値がキャラクターのレベルに左右される装備効果(さいだいHP・きんりょく・ついげき等)は、
その時の自身のレベルに見合った範囲内の値に修正される。
特に上限の方の幅が非常に大きく、あくまの ぶぐ並みの鬼数値が出ることも珍しくない。
下限は普通の範囲に収まっているので、戦闘もままならなくなるほど弱体化するような心配は無用。
進行に応じて自然と性能が伸び、常に最低限の値が保証されるのがとうくつしゃの長所である。
また、装備効果の+値(わざあり+1等のこと)もそのまま維持される。
似たようなものに旅人による装備の能力修正があるが、あちらの場合+値がリセットされてしまう。
有用な効果がついた装備を更新せずに使い続けられるのは強みと言えよう。

 

装備の品質は一切加味されない点には注意したい。
こうひんしつやけっさくの他、でんせつのぶぐも変化後は平凡な能力値になる可能性が少なからず生じる。
また取得時の値がレベル依存でない能力は、レベルとは関係なく全くランダムな値に変化させられる。
このため例えば%タイプであったりバリアやうんのよさなどは当てにしにくく、
自身のレベルと関係なく強さを発揮するタイプのビルドは若干組み難い。

 
 

戦闘では3種類のスタンス(構え)を使い分け、臨機応変な押し引きをするスタイルになっている。
それぞれ長所と短所があり、アグレッシブは防御を捨ててかくしきばで連撃狙い、スタティックは命中率を捨てて高たいせい、
パッシブは素早さを捨ててバリア+1という内容。いずれもクールダウンは0なので使いやすい。
ただこれらは特定の戦法をアシストするという性格が強く、全て保持して使おうというものではない。
どれもデメリットがあるため全部捨てて差し替えるのも普通に有効。
こうした『最初から捨てる前提』のスキル構成であることを頭に入れておきたい。

 
 

%能力はあまり当てにならないのでこまめに更新するか、それ以外の能力を集める方向で装備を選ぶのがコツだろう。
ただ素の状態ではバリアが唯一の命綱なのだが、バリアきょうかがあっても2枚程度では信用できない。
回避・受け流しスキルの確保やHP・シールド付き装備をリロール連打でなんとか拾うなど、防御を充実させるのがまず先決。
防御がなければ本当にいつでも一撃で死ぬ。確実な防御がないうちは持ち前の攻撃力で即殺が基本だろう。
Ver2.4.0からは聖女像やワーラビットのイベントなど、冒険中に永続バリアを得られる機会がいくらか設けられている。
これらも活用したい。

長所 Edit

  • 「ひみつの かくしばしょ」が基礎パラメーターを強力に保証・補強してくれる。
    • 一度強い装備を引いてしまえばリロールの必要がほぼ無くなる。
  • 各種「スタンス」スキルのおかげでビルドの選択肢が広い。

短所 Edit

  • 非常に打たれ弱い。
    • 防御は数枚のバリア・回避・バリアきょうか。要するに運頼み
    • 「ひみつの かくしばしょ」がただでさえ不安なバリア・%タイプの能力を更に不安定にしてしまう。
  • 伝説の武具の高性能保持は事実上不可能。
  • まともな攻撃スキルも防御性能も火力もなく、全てが迷宮で拾ってカスタムする前提で構成されている。
    この点から初心者向けではない。
    • 逆に言うと初心者が腕を上げる練習には向いている。非常にスパルタだが。

最初はお手軽強キャラだった

実装当初は

  • バリアの発動率が非常に高く、バリアさえ持ってれば誰でも雑に強かった。発動率は完全固定でなんと体感9割近い。
    • 100Fボスという概念がなく25Fボスを倒せば一応のクリアであり、約1割の確率で死ぬという点が問題視されることもあまりなかった。
  • 「ほうもつこ」実装は後のシーズン「やしき」からであり、当時はみんなラボパーツをあまり持っておらず、どの職業だろうと今ほどカスタマイズできなかった。
    • そんな中ぎりょう2ヶ所・「スタンス:パッシブ」が2バリア付与と、素の状態がなかなか優秀。適当に殴ってるだけで10Fボスぐらいなら雑に突破できた。

という感じで、実装当初はお手軽強キャラ扱いだった。このページにバリア関連の記載が多いのも当時の名残である。

しかし

  • バリアの発動率には何度も修正が入り、最終的には枚数依存で発動率が変わるように変更。とうくつしゃのバリアはスッカスカになった。
    • また100Fボスが実装され、回避・受け流し率95%でも辿り着く前に死ぬ死ぬと騒がれるようになる。スカスカのバリアなど論外。
  • ラボパーツや魔の契約が充実し、なんだかんだどの職も凄く強くなった。『カスタマイズ性』というブランドが揺らぎ始める。
    • 特に他の拾い物重視職「ごみあさり(伝説の武具重視)」「けんりょくしゃ(運の良さブースト)」「かりうど(拾う機会自体が多い)」は、更新での伝説の武具増加が追い風となり評価を大きく伸ばした。逆に「とうくつしゃ」は伝説の武具をやや腐らせがち。
  • 2ヶ所あったぎりょうが1ヶ所へ修正され火力が下がり、「スタンス:パッシブ」は1バリア付与へ修正。初期状態で雑に殴って雑に10Fクリアはもう不可能。

と、環境に置いていかれつつ弱体も食らうというダブルパンチを受け、現状のとうくつしゃへ至る。
上級者向け職とはいうが、%タイプの能力に頼りにくい点から中~上級者にも避けられがちである(例えば装備リロール連打で貫通を合計+95%以上に持っていく立ち回りができない)。
とにかくプレイヤーの拾ってカスタマイズする能力が全て。あなたも腕試しにいかがだろうか。

オススメスキル Edit

シャドウショット Edit

やられる前にやれの基本を守ってくれる。威力もそこそこ高め。
低命中率である点に注意。

レンジショット(+8) Edit

魔石があるならば真っ先に使用を検討すべき最強のぎりょう依存スキル。
火力が高く、CDが少なく、あらゆるへんよう効果との相性がいい。
若干レアリティが上がりやや集めづらくなったが、まだまだ最有力候補。

もうどくのやじり Edit

「スタンス:アグレッシブ」がかくしきば+100%を与えてくれるため、これと組み合わせて敵に触りまくる。
防御スキルを一緒に駆使するだけで高HPの敵でも安定して仕留められる。

たいようの きょうてい Edit

『スタンス:パッシブがある以上ブリンクなどのバリア付与スキルのアミュレットはあまり意味が無い』なんて言われたのも過去の話。
CD1でバリアを5枚も与えてくれる最強のバリアスキルその1。防御の底上げとスキル使用のためのコスト捻出が簡単にできる。
ただ奇襲を受ければまずいことになるのは変わりない。

しんがり Edit

育てていくととてつもない性能と化す最強のバリアスキルその2。
開幕からバリアが付与されているため、奇襲されても(いくらか)安心。
ちなみにとうくつしゃのスキルテーブルに多めに配置されているのか、うんのよさを補強(ボス撃破時等)し、
スキルを無理リロールするとぼちぼち出てくる。
100Fまでに+8まで育てきるのも結構現実的に狙える。

かすみがくれ Edit

先制使用技、バリア+5、CD99。
奇襲を受けると発動しない為、気になるようならけいかいとセットで。
序盤の安定感がグッと増すのでオススメ。リロールでは出現しないので育てにくいのが難点と言えば難点。

とうき Edit

前ターンにスタンスによって付与された弱体化を治癒していく。
Tスキルを多く使用するスタイルなら有用。

あんこく Edit

バリアを2枚消費して3ターンの間きょうか200%、けいげん50%を得る。
スタンス系を始めとするレベル依存の攻撃はきょうかされないので注意。
装備のバリアで序盤から問題なく使っていける。CD5と重めなので使い所を間違えないようにしたい。

ドラゴンオーラ Edit

あんこくの上位スキル。バリアを5枚消費して5ターンの間きょうか300%、けいげん75%を得る。
この効果でCD0とバフスキルでは最上級。その分、無計画に組み込むとバリアがあっという間に枯渇するので注意。

えんまく Edit

10ターンの間きゅうしょ50%、かいひ50%、にげあしを得る。CD5。
火力強化は勿論のこと、バリア+回避の二段構えで生存率を大幅に高めてくれる。

オススメラボパーツ、まのけいやく Edit

メッキ Edit

ほぼ必須。うみ、イベントの罠等による装備効果の消滅を防いでくれる。

けいかい Edit

弱点である打たれ弱さを手っ取り早く解決する手段。
これがない限り、為す術なく扉部屋を踏まされて奇襲で死亡、というリスクを避けることはできない。

にんじゅつ Edit

アグレッシブ、パッシブどちらを活かすにしても欲しい能力。ただし、じゃがん対策は必須。

いだてん Edit

まひ無効。イベントの罠によるCD増加、あくむ、うらみ、スローを無効化する。
たんじゅんやふどうと異なり、補助効果の制限なくスタンス:パッシブのデメリットを消すことが出来る。
当然、状態異常を食らうようになるので、別途対策が必要となる。
また、「うず」部屋では状態異常に抵抗出来なくなりスローを受けてしまうことには留意しておきたい。

ぜんのうかん Edit

これと「ひみつのかくしばしょ」が合わさることで、どんな装備やスキルであっても拾って使えるようになる。
一度拾ってしまえば保持しておくだけでOK。
この「何を拾ってもいい」という要素がカスタマイズの制限を大きく開放してくれる。

たんじゅん Edit

かくしきばやたいせいで状態変化枠を埋めることで、敵のデバフを回避しつつパッシブのデメリットであるスローを無効化して
バリアの恩寵だけ受けることが可能になる。
敵に奇襲を受けて先にデバフをかけられるとやや苦しいのでけいかいも併せて持っておきたい。

ふどう Edit

こちらを採用した場合はパッシブ一辺倒の戦略を取ることになる。
ラッキーコイン、トレジャーハントなどの有用なバフも使用できなくなるのが難点。
また、たんじゅんとは違いラスト等のじゃがん特性も食らう。
パッシブが弱体化したとはいえ、へんようスキルの登場により威力強化や補助効果の併用も可能。
ver.2.8からじゃがんやせきぞうでの石化すら防ぐようになった一方、
「あらし」「ふじん」といった従来絶対付与とされてきた効果も防いでしまうようになった。
修正が激しい効果なので状態一覧も参照されたし。
特に「フルパワーの スタンス:パッシブ」のスロー5倍弱点の克服が魅力。

ようせいのはね・バリアきょうか Edit

装備のバリアの数がしょっちゅう変わって信用できない&パッシブのバリア付与はどうしても穴が出来るので
事故率を下げたいなら持っておきたい。
ただし、上記で言われている通りバリアきょうかを持っていても事故る時は事故る。
ようせいのはねはレベルに依存しないビルドを組むときの最終手段となる。

バリア+2~3 かいひ+20%・しんがん(まのけいやく) Edit

ラボパーツとまのけいやく。とうくつしゃの防御能力を恒久的に確保する数少ない手段。
装備でかいひを補うのが困難なら、永続効果で得てしまうという発想である。
しんがんが大体かいひ40~50%相当、さらにかいひ20%を足せば60~70%。装備品で最低でも+10%の計70~80%。
後はアクロバットで上限95%に到達完了。これにバリア(スタンス:パッシブ)を加えればかなり事故死を減らせる。

つかいこみ、つかいこみ+1 Edit

つかいこみは装備を替えると育ててきた装備効果も水の泡になるため、
装備の新調=耐久力や攻撃力の増強がしにくい短所がある。
だがとうくつしゃは装備の基本性能が自動で更新されていくので、同じ装備をいつまでも使い続けることが可能。
つかいこみのデメリットを完全に克服できる。気に入った装備を装備効果ごと心置きなく使い込もう。

いくせい Edit

レベルアップ時に装備品の効果を永続効果として取得できるかも知れない、という効果。
「ひみつの かくしばしょ」のおかげで有用な装備を延々保持する事ができるため、いくせいが発動するまでいくらでも待てる。
更に上記の「つかいこみ」との相乗効果も凄まじい。

むげんの かのうせい Edit

弱点である装備を拾えないという点を、「ひみつの かくしばしょ」がカバーする。
初期装備が更新されまともなぎりょう値が確保され続ける一方、装備効果の吟味が出来ない為、
相性抜群である「いくせい」「つかいこみ」との手は切れる。

オススメ装備効果 Edit

さいだいHP・シールド(実数値) Edit

欲しい場合はリロール連打で強引に引く。安定感のためにというよりは、組みたいビルドがあるときに目的意識を持って引く形。

リロールきょうか Edit

ある程度魔石の蓄えに余裕のあるプレイヤー向け。
コストは重いが、確実に装備の5枠全てに効果がつくのでガンガン回してある程度必要な効果を集めるといいだろう。
また、ギャンブラーと異なりふどう、けっかいに無効化されないという利点もある。

オススメ装備効果(つかいこみ前提) Edit

ドレッドノート Edit

+1で完全耐性、+2でCT+1のデメリット消滅。
+1以上でスタンス:パッシブによるスロー、じゃがん等すら防ぐようになる。状態異常対策としては最高峰。

いばらのみち Edit

経験値増加がひみつのかくしばしょによる装備の性能向上、つかいこみの発動機会増加に繋がる。
+2でデメリット無効なのでラボパではなくこちらで育てたい。

ビルド例 Edit

似たしょくぎょう Edit

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いくせい使うんならセットのまのけいやくは何がいいんだろう -- 2019-03-12 (火) 15:45:32
  • 技量2つの頃のコメだった気がするけど……。まのけいやくは不動や、みちしおにラボパーツでブラッドアーマー足すのかな? -- 2019-03-12 (火) 21:19:34
  • ひみつの かくしばしょが有能すぎる。これとふどう+わなかいひ+げんかいとっぱで 脳みそ停止プレイ可能 -- 2019-04-30 (火) 17:54:13
  • 小盾の回避20%が技量に変更。再びパワー2倍職に -- 2019-12-20 (金) 20:49:20
  • ぎりょう2枠は嬉しいんだけど、ざんぞうが素のままじゃ完全に死に能力に。もう1つのたいせいもひみつのかくしばしょで不安定だし、他職装備やでんせつ武具が心置きなく使えると前向きに捉えるべき・・・か? -- 2019-12-23 (月) 23:13:33
  • ざんぞうを活かす回避値を上げるなら、アクロバット集めて回してればいいだけだったから、装備の回避はいらなかった。ただ「いくせい」で残像を無駄に吸いまくるケースがあるから、慣れて来れば革鎧を捨てる動きをしたほうが強いと思う。自然とHPシールドが手に入りやすいし -- 2019-12-24 (火) 03:05:23
  • 最も相性のいい能力って実は錬金術なのかも。とにかくリロール連打で欲しい能力のスロットを増やしていきたい -- 2019-12-28 (土) 21:26:32
  • Ver3.2.0の初期性能変更を反映しました -- 2020-01-04 (土) 20:50:52
  • バリアを強化したり増やしたりする効果の記述を絞ろうかと思ったが、それをするならあれもしたいこれもしたいが止まらない -- 2020-01-05 (日) 19:35:27
  • 「えっ 今ver.から初期火力2倍でいいのか!!」 「スコアタ・1000F潜りもいいぞ!」 「うめ うめ うめ」 「ただ今より防御性能重視環境へ転換する!!」 -- 2020-01-31 (金) 13:18:24
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White