交通量調査 の変更点

''&size(18){交通量調査};''
&attachref(./交通.JPG,nolink,50%);
#ref(./交通.JPG,nolink,right,around,50%);
信号機の設置や点灯時間の調整、道路の立体交差化など交通量を調整して交通の円滑化を図るため、交通量の調査(こうつうりょうちょうさ)が行われる。その結果をもとに、交差点飽和度、渋滞長を予測するとともに、交通計画を立案される。また 環境アセスメント、生活環境影響調査、大店立地法に基づく環境調査などを目的とした交通量調査・予測が行われている。交通量調査を通し、体験学習及び地域社会への奉仕と交通安全の心構えなどを養い、地域社会の活性化のための調査研究も行なわれている。交通量調査は、アルバイトを募集して行われることが多く、自動車や歩行者のデータを集めて集計します。交通量調査は、会社が募集した交通量調査員が交差点や商店街などで行います。
また、交通量調査は、アルバイトを募集して行われることが多く、自動車や歩行者のデータを集めて集計します。交通量調査は、会社が募集した交通量調査員が交差点や商店街などで行います。
#clear

#br
*交通量調査の手法 [#m31a6e9a]
交通量調査は、自動車や歩行者の交通量を調べたり、ナンバープレートを調査する仕事が主にあります。アルバイトが使われることが多く、短期のアルバイトを募集していることもある。
様々な場所で行われており、交差点だったり商店街だったり繁華街だったりと、いろいろある。コンサルタント会社が交通量調査の仕事を請け負って、アルバイトが実際の交通量調査をカウントする。交通量調査のカウ ントが終わると、データは集計され、様々な資料として使用される。
#br
''&size(15){交通量に影響するもの (例)};''
道路の殆どは公共事業によって作られるため、工事が年末や期末に集中する問題が挙げられる。 
交通事故が発生すると、怪我をした人の救急搬送、事故車や破片の撤去、実況検分などで交通に影響する。 
ショッピングセンターなどの大型施設の新設により、特に自動車の目的地が変わることによって交通量が当該箇所に集中する。
#br
*交通量調査の種類 [#ad6306e2]

''交通量調査 等関連調査''
  ・交通量定点調査[車両類方向別]
  ・渋滞長、通過所要時間調査
  ・信号機現示調査
  ・旅行速度調査
  ・各種交通機関利用調査 ほか歩行者交通量調査 
  ・交通規制、安全に係わる施設等調査 
#br
''交通計画のための推計''
   ・交差点飽和度の算出 
   ・交通容量の算出 
#br
''マーケティング 関連調査''
   ・立地環境調査
   ・新規出店、既存店再構築のための商圏調査(競合店・競合物件調査)
   ・消費者アンケート調査、グループインタビュー
   ・パーソントリップ調査
   (パーソントリップ調査は、交通の主体である「人(パーソン)の動き(トリップ)」を把握することを 
    目的としており、調査内容は、どのような人が、どこからどこへ、どのような目的・交通手段で、
    どの時間帯に動いたかについて、調査日1日の全ての動きを調べるものである。
   この調査により、都市圏内の交通実態を把握し、そののち総合都市交通体系調査により、
    都市圏の将来の交通計画を策定する。)
#br
*参考 [#rea98721]

+工事中は振動や騒音に限らず周辺道路の通行妨害に対しても苦情は多い。こう津量調査によって日常の周辺交通量を的確に把握することが、周辺道路のスムーズな通行、万が一の事故防止、迅速な機材・材料の搬入方法を工事計画に取り入れられる。
#br
+違法駐車取締りの民間委託に伴い、民営駐車場の需要が高くなる中、公共事業に伴う用地買収や民間工事に伴  い、近隣駐車場等の一時使用不能期間が事前に見込まれる場合は、日常の駐車場等の利用実態調査を実施する必要があり、その上で交通量調査は有効。
#br
+歩行者や入居者または使用者の出入りや導線なども営業補償や代替補填の基礎根拠として必要となり、交通量調査が利用できる。