Class/Illusionist の変更点

TITLE:Illusionist
#contents
*説明 [#ec3afae8]
#fold(原文){{
Illusionists are masters of deception and misdirection. Through their arcane study of light, sound and the senses, they have perfected a magic that is designed to confound sight, hearing, smell, taste and even touch. The Crystal Palace of an Illusionist is a place where mirrored walls cast reflection upon reflection upon reflection in an infinite maze of illusion that leaves the unprepared visitor dazzled and disoriented. In an Illusionist’s domain, the border between the real and the unreal is crossed as casually as a peasant crosses his field. One never knows whether the things he sees are real or simply figments of his own (or someone else’s) imagination. The conjurations of an Illusionist are fragile, instantly dispelled when confronted with hard reality. Yet despite their ephemeral nature, they have a very real power to affect living things. That which is seen and believed will have a physical effect upon those who do not realize they are dealing with the unreal and illusionary blades will inflict real, bleeding wounds on their bodies.

Illusionists can use the power of magical gems to store both their spells and illusions in specially constructed mirrors, which will then release the stored contents in battle. Many a warlord has laughed derisively at a small opposing force whose vain commander brings large, fragile mirrors to the field of battle. Most of those warlords have then had to watch in frustration and disbelief as their own ordered ranks turn into a chaotic, snarled mess, their soldiers distracted and confused by bright lights, frightened by visions only they can see and cut down and trampled into the ground by soldiers and fantastical monsters that marched forth from the enchanted mirrors. Those facing an Illusionist are advised to underestimate him at their own peril.
}}
イリュージョニストは欺きと錯誤の達人である。かれらは光・音・感覚に関連した魔術の研究によって、視覚・聴覚・嗅覚・味覚や触覚さえも惑わす魔法を完成させた。イリュージョニストの水晶宮は、鏡の如き壁面が反射に次ぐ反射を起こし不用意な訪問者を混乱させる幻惑の迷宮である。イリュージョニストの領域においては、現実と非現実の境は農民が自らの農地を横切るほどに容易く乗り越えられる。誰も自分の感覚が本物なのか、自分自身の(あるいは誰かの)想像にすぎないのかわからなくなってしまうのだ。イリュージョニストの召喚物は脆く、確固たる現実にぶつかると直ちに消え失せてしまう。しかしそのように儚い性質を持ちながら、生き物に影響を与える実際の力を持っている。即ち自らが非現実の幻と対峙していることに気付かない者は、実在すると信じ込んでいる幻の刃によって実際に出血する傷を付けられてしまうことになる。

イリュージョニストは魔法の宝石の力を用いて特別に作られた鏡に魔術と幻惑を閉じ込めることができ、戦闘中にそれを解放して利用する。多くの指揮官は敵が小勢と共に鏡を持ち出してくるのを見て嘲り笑うが、兵士達が本人にしか見えぬ幻覚に惑わされ、鏡の中から幻の怪物が現れて戦列をなぎ倒し、自軍が無秩序で混乱した集団と化して恐れ逃げ惑うのを、信じられないという思いで苛立ちながら眺める羽目になる。イリュージョニストを甘く見る者は自らの破滅を覚悟しなければならない。
*アビリティ [#r2fd4f5e]
-A
-B
-C
*Special Power(特殊能力) [#ib69cc31]
***習得、昇格 [#p4a3f5f7]
|~名前|~コスト|~場所制限|~効果|
|Lesser Ritual of Mastery|宝石10|なし|Level1の儀式を習得する|
|Ritual of Mastery|宝石30|なし|Level2の儀式を習得する|
|Ritual of Grand Mastery|宝石240|なし|Level3の儀式を習得する|
|Ritual of Grand Mastery|宝石180|なし|Level3の儀式を習得する|
***Lv1 [#h3721ac1]
|~名前|~コスト|~場所制限|~効果|
|Floating Eye|宝石5 AP1|なし|ランダムに動き回る偵察ユニットFloating Eyeを召喚する|
|Capture Images|宝石10 Empty Mirror1 AP1|なし|Empty Mirrorにランダムに選ばれた生物(Animals、Soldiersのいずれか)の像を取り込む。像を取り込んだMirrorはチャージが切れるまで戦闘時に生物の幻影を召喚する様になる|
|Capture Spell|宝石5 Empty Mirror1 AP1|なし|Empty Mirrorにランダムに選ばれたIllusiniosmの呪文(Dread、Confusion、Many Colorsのいずれか)を取り込む。呪文を取り込んだMirrorはチャージが切れるまで戦闘時に呪文のコピーを放つ様になる|
***Lv2 [#s9e5dcab]
|~名前|~コスト|~場所制限|~効果|
|Scrying|宝石2 Empty Mirror1 AP1|なし|任意の地点とその周辺の計9ヘックスの様子を覗き見る|
|Mirror Walk|宝石5 Empty Mirror1 AP1|なし|世界のどこかに存在するEmpty Mirrorの元に瞬間移動する。移動元と移動先にそれぞれEmpty Mirrorが必要|
|Summon Phase Beast|宝石25 AP1|なし|VoidからDisplacer BeastかPhase Spiderを召喚する|
***Lv3 [#w7b73144]
|~名前|~コスト|~場所制限|~効果|
*解説 [#vf0e5643]
※下記は4からの引用の為、5に合わせて自由に修正してください。

鏡から出現する幻影を主力とした、一風変わった種族。
幻影は出る数が決まっているものの、
毎ターンモリモリ出現し、本物と遜色ない攻撃能力で戦ってくれる。
初期の幻影はhpが1しかないため、魔法などを使われるとまず生き残れない。
しかし、後期の幻影はhpも本物並みになり、途轍もない兵力となるだろう。
弱点鏡本体も割られる長射程の魔法だ。
まずほとんど通常兵力が無いため、鏡が無くなるとどうしようもなくなる。
性質上攻城兵器や暗殺者も苦手とする。
相手にする場合、このあたりを必ず用意しておこう。
***その他、Tips、使用感コメント等 [#s3852dde]