L10 . IN MEMORY OF MANEO. の変更点

TITLE:L10 : IN MEMORY OF MANEO.


&attachref(./L-10_L.png,nolink,90%,,button){アップロード};
// Old London http://www.1001fonts.com/old-london-font.html の"L"を画像に書き足しました。
// 実際のフォントはこれとは違います。
&size(20){''L10 : IN MEMORY OF MANEO.''};

||CENTER:|CENTER:|C
||EASY|HARD|
|LEVEL|CENTER:9|CENTER:9|
|Notes|CENTER:800|CENTER:1250|
|BPM|>|CENTER:60|
|Artist|>|CENTER:Ice|
|Time|>|CENTER:5:02|
|Chapter|>|CENTER:L|
|LEVEL|9|9|
|Notes|800|1250|
|BPM|>|60|
|Artist|>|[[Ice>曲名リスト(アーティスト別)#l1a0f2e9]]|
|Time|>|5:02|
|Chapter|>|[[L>曲名リスト#uc2f8986]]|
・日本語にすると「故郷の記憶の中」
・別名「Largo(音楽用語でゆったりした,極めて緩やかな)」
・剣をタップすると出現する。(一瞬だけLのマークが現れるのが目印)
&size(20){''特徴''};

[Easy]
苦難困難を極めるChapter Lの譜面の中で最も優しく、難易度的にもLv9にしては逆詐称気味。時間だけはきっちり長いので注意。ここまでたどり着けるということは、評価Sに達することは非常に簡単であると思われる。
MM達成においては、中盤のデニムに注意したい。

[Hard]
Easyとは打って変わってわけのわからないものと化す。
その実態は後半にあるCDragの混フレ及びHoldで指をふさいだ状態からのClick大爆発で、[[L6 : VIZ AWAKENED>L6 . VIZ AWAKENED]]のeasyすら簡単に思えるほどのツイスター譜面である。
前半の混フレはチェロによるClickとストリングのDragという役割を認識すればさほど難しくはない。

//-これとLが同じとかねえよ
//-これが9.8な訳ないだろw12くらいかなw
//-まて、これSに到達する難易度が9.8というのか?
//-ここだけ賑わってるの草生えた。
//-【Hard】Easyは逆詐称であったが、Hardはやはり自重していなかった。が、全体的に難しいチャプターLの中でまだ難所が後半のみなのが救いか。非公式難易度9.8相当
//-簡単ではあるわな。9.2ほどか。
//-【Easy】難所は全く無いのでSは簡単。集中力と無反応との戦いになるだろう。



#br
&size(20){''プレイ動画''};
-[旧譜面HARD]MillionMaster
https://www.youtube.com/watch?v=aYj9qS8itO4

#br
#pcomment(,10,noname,nodate,above,below,reply))