Annihilus の変更点


日本名:アナイアラス 略称:ウニ[[SC]]、アニー、Anni 意訳名称:絶滅(annihilation)
[[qlvl]]:110(([[World Event]]によって出現したUber Diablo(Diablo Clone)([[mlvl]]=110)のみ落とす可能性がある))
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Single, Open|~[[Realm]] Non [[Ladder]]|~[[Realm]] [[Ladder]]|h
|×|○|○|

*効果 [#l418e0cf]
# [[Small Charm]]
# Required Level: 70
# +1 to All Skills
# +10-20 to All Attributes (varies)
# All [[Resistance]]s +10-20 (varies)
# +5-10% to [[Experience]] Gained (varies)
# (Only Spawns In Patch 1.10 or later) 

*解説・用途 [#g654e5b2]
[[World Event]]によって出現するDiablo Cloneを倒すことで得られるユニーク[[Small Charm]]。
このアイテムは1キャラにつき1つしか持つ事が出来ない。
その強烈なModの数々を見ればそれも納得であろう。

ユニークチャーム共通の特徴として、一度[[NPC>キャラクターガイド/NPC]]に売ると消滅し、二度と買い戻すことができないため注意。

*[[トレード価値]] [#mcc4d3d7]
鑑定の結果、可変値が低いものだとトレード価値が低くなることがある。未鑑定でトレードに出すのも悪くはない。

-3rd [[Ladder]]
仕様変更直後現在、数[[HR>High Rune]]~での取引が多い。

-4~5th [[Ladder]]
ラダー開始直後を除き、Unidは[[Ist>Ist Rune]]程度。
鑑定済みの品は可変値にもよるが、上記Unid価格を軸に大きく変動。
20stats物や10Exp物は可変値指定の上で高額募集されることがある。

-(2008/12/17 5th [[Ladder]]追記)
2008/11/11に、複数のD2を簡単に起動できる(=[[Annihilus]]の大規模狩りが容易に行える)3rd party programがBattle.netからbanされた影響で[[World Event]]の発生頻度と[[Annihilus]]の供給絶対量が激減し、市場価格が異常に高騰中。
現在は可変値が凡庸でも数[[HR>High Rune]]~。stats/resistがともに20の場合、数十[[HR>High Rune]]~。
(2009/03 追記)
[[Annihilus]]の大量供給はほぼ復活しているものの、ゲーム内でそれを買うために使われる通貨[[HR>High Rune]]は[[トレード価値]]の目減りがAnni以上に激しく、結局[[HR>High Rune]]を複数出さなければ買えないという状況に変わりはない。

-7th [[Ladder]]
ラダーが中盤に差し掛かろうとしている10年11月末現在で、UnID価格は[[Ber>Ber Rune]]~。
鑑定済み品はUnID価格を軸に大きく変動。例え低可変値でもHRを割る事はほぼない。

-8th [[Ladder]]
[[World Event]]の多発と[[Annihilus]]の供給量が多く、低可変値は数[[Ist>Ist Rune]]程度、悪くするとそれ以下の価値しかない。
逆に、高可変値の物は数[[HR>High Rune]]またはP-Torchと取引対象となる。

・・・

-22nd~24th [[Ladder]]
低可変値でも3HR程度。MAXは20~40HR程度

もともと各種Unique [[Charm]]はトレード画面に置くことができなかったのだが、その後仕様が変更されトレード画面での取引が可能になった。
ただし受け取る側が同じ物を持っていないことがトレード成立の条件である。
そのため、互いの[[Annihilus]]同士をトレードすることはできない。
一度別のキャラに移動してからトレードしよう。
「床に置け」と言われることがあるが、絶対に置いてはいけない。騙されるぞ!
 
鑑定の結果、可変値が低いものだとトレード価値が低くなることがある。未鑑定のままトレードに出すのも悪くない。

*余談、おまけ [#gda2d49f]
http://classic.battle.net/diablo2exp/items/normal/ucharms.shtml

モノが高級品だけに、最初の取引をわざと空きスペース不足で失敗させて、形状の同じアイテムにすり替えるという心理的な間隙を突いた詐欺に使われることがある。
''あなたが受け取ろうとしているのは本当に[[Annihilus]]ですか? [[Mephisto's Soulstone]]ではありませんね?''
Acceptボタンをクリックする前に要確認。((メフィ石も1キャラにつき一つしか持てないので、取引キャラに持たせておけばこの詐欺を防止することができる。))

[[World Event]]の項を見れば分かるように、大規模な資産があれば100%確実に狙って出すことができるため、ラダー開始直後の売り手が大儲けできる時期に大量生産される傾向にある。
ただし例えば過去の2008/11/11の大量banはまさにこの大規模ハンティングに使われる3rd party programを狙い撃ちしたものであった。今後も大規模な供給が継続するかどうかは未知数である。