Superior の変更点

日本名:上等な 略称:Sup
*効果 [#tb15fdde]
-武器(下記より最大2つまで付く可能性があるが、EDとMaxDamageは同時にはつかない)
# 5-15% Enhanced Damage
# +1 Maximum Damage 
# 1-3 [[Attack Rating]]
# 5-15% Maximum [[Durability]]


-防具(両方とも付く可能性がある)
# 5-15% Enhanced [[Defense]]
# 5-15% Maximum [[Durability]]
*解説 [#daf22c1b]
[[白武器>アイテムガイド/ベース/武器]]・[[白防具>アイテムガイド/ベース/防具]]に付くAffix。
[[白武器>アイテムガイド/ベース/武器]]・[[白防具>アイテムガイド/ベース/防具]]に付く[[Affix]]。
ルーンワードをこれで作った場合、素材のED等はルーンワードの可変値と合算されるため人気が高い。
特にED物が珍重されており、トレードではSup物=ED物と考えてほぼ間違いないだろう。
逆に、ED以外の効果しか付いていないSup物はかえって価値が落ち、見向きもされないことも多い。

人気武器・人気防具の15%ED付きで、ルーンワードに要求される穴数の開いた物は[[HR>High Rune]]が飛び交う高級品である。

-武器の場合、15ED/3AR物が至高とされ、[[RW Grief]]や[[RW Beast]]で人気のBerserker AxeのSup品などが激しく暴騰する。
-防具の場合、ED付は無条件で最大DefにEDが乗る仕様だがMaximum [[Durability]]だけの場合、Defはランダムとなる。よってMaximum [[Durability]]のみの物は、修理費が跳ね上がるだけで何のメリットも無く需要が無い。

近年はPerfect品信仰が資産家を中心にますます先鋭化してきているため、15未満のED物や、15ED+半端な[[Dur>Durability]]の物ですら見向きもされなかったり、売買価格が非Sup物とほとんど代わり映えしないというケースもある。

**ルーンワードとSuperiorボーナスの適用例 [#ua71005d]
-15% Enhanced Damageベースの得物で[[RW Breath of the Dying]]を発動した場合、EDの可変値は次のように底上げされる。
# +350-400% (通常時) → ''+365-415%'' Enhanced Damage

-15% Enhanced [[Defense]]ベースの鎧で[[RW Duress]]を発動した場合、EDの可変値は次のように底上げされる。
# +150-200% (通常時) → ''+165-215%'' Enhanced Defense

**注意点 [#ib8a708e]
以下のようなデメリットも存在する。

***[[キューブレシピの穴開け>よく使うキューブレシピ一覧#gd85f623]]が使用不可能 [#ha098cad]
[[Superior]]物に穴を開けるには、[[Larzukに頼む>Socket Itemを極める#x2e29bc8]]しかない。
また、ここから類推されることとして

-穴の開く数が完全に固定である。
人気ルーンワードはLarzukに頼んだ時の最大穴数と要求穴数が一致しないことも多く、無穴を拾ってもぬか喜びに終わる可能性がある。((具体的には[[Grand Matron Bow>アイテムガイド/ベース/武器#amabows]]とかNon-Eth [[Berserker Axe>アイテムガイド/ベース/武器#axes1h]]とか[[Ogre Axe, Colossus Voulge以外のElite Polearm>アイテムガイド/ベース/武器#polearms]] ([[Ethereal]])とか…))

-[[Ethereal]]防具のキューブ穴開けバグが使えない。
このためVer1.10では大人気だった15ED Eth Archon Plateや15ED Eth Vortex Shieldの価値が、Ver1.11以降は大暴落してしまった。
[[Ethereal]]防具の[[Superior]]は、現在かえってその価値を貶める忌まわしき存在に…。


***跳ね上がる修理代 [#i9e3fda0]
消耗が飛び抜けて激しい近接系の武器で特に顕著。
代表例は[[RW Chaos]]で、スキル付き&上等ED付きEliteベース爪で発動したために、一度の修理で蓄えが全部吹っ飛んだという話もしばしば。
またEliteベースのSup鎧でルーンワードを発動すると、1[[Dur>Durability]]あたり数万Goldを請求されるので、こちらも注意。
ダメージを頻繁に受ける近接ビルドでは[[Dur>Durability]]の消耗が武器に次いで激しいため、PvM主体で最終装備とする場合は一考を要する。
回避策は武器ならば[[Ort>Ort Rune]]、防具ならば[[Ral>Ral Rune]]を使った[[修理レシピ>よく使うキューブレシピ一覧#g36b607c]]を利用すること。
 
この仕様を逆手にとって“[[Repair]] Allボタン誤射によるGold枯渇”を防ぐために、
敢えて上等品で発動させる人も存在する。