The Grandfather の変更点


日本名:ザ・グランドファーザー 略称:GF 意訳名称:祖父
[[qlvl]]:85 [[TC]]:weap87

*効果 [#l418e0cf]
# Colossus Blade ([[Range]]:3)
# One-Hand Damage: (62-87) To (164-474) (113-280.5 Avg)
# Two-Hand Damage: (145-203) To (289-649) (217-426 Avg)
# Required Level: 81
# Required Strength: 189
# Required Dexterity: 110
# Base Weapon Speed: [5]
# +150-250% Enhanced Damage (varies)
# + (2.5 Per [[Character Level]]) 2-247 To Maximum Damage (Based On [[Character Level]])
# +50% Bonus To [[Attack Rating]]
# +80 To Life
# +20 To All Attributes
# [[Indestructible]]

*解説・用途 [#g654e5b2]
あらゆるユニーク・セット剣の中で最大のダメージを叩き出す剣[[WW馬場]]最終装備。
その出現率の低さも特筆もので、[[Windforce]]・[[Stormspire]]とともに幻の武器御三家…
であったのは、Ver1.09時代までの話。
1.10の登場とともに超級[[RW Breath of the Dying]]の出現でその地位は大いに揺らぎ、2nd [[Ladder]]では[[RW Death]]、[[RW Grief]]の追加によって、ついに最強剣の一角を追われるに至った。
そういった背景を抜きに、この武器の性能だけに着目した場合はどうだろうか。
Lv比例のMax Damage上昇、強烈なステータスブースト、AR補強効果が非常に頼もしい一方で、遅めのベース速度にIASも皆無。
すなわち、用途は[[Whirlwind]]二刀流の右手剣に限定されることとなる。
[[Crushing Blow]]やスキルの投射効果が付いていない事も、各種MODが全盛の現在にあっては少々寂しい。
だが、そのため価格は非常に安くなり、石割のルーンでも買える身近な武器となった。

:[[イシリアル>Ethereal]]追記|もともと破壊不能なのでイシリアル品は存在しない。

*[[トレード価値]] [#mcc4d3d7]
[[Um>Um Rune]]前後

*似たようなアイテム群 [#ye3a4cd1]
-[[RW Breath of the Dying]]
350-400%ED、両吸い、各種ステータス+30等を誇る要Zodの超級RW。

-[[RW Death]]
破壊不能付きで300-385%EDを実現した、コストパフォーマンス抜群の[[Ethereal]]武器向けRW。

-[[RW Grief]]
Enhance対象のベースダメージを340~400引き上げる、PUBで大人気の反則級RW。

-[[RW Last Wish]]
装備時に[[Might]]オーラをまとえる[[Ladder]]専用RW。目ン玉飛び出る要求ルーンの数々。

*余談、おまけ [#gda2d49f]
http://classic.battle.net/diablo2exp/items/elite/uswords.shtml
 
いわば斬馬刀みたいなものであろう、大きい刀。
-いわば斬馬刀みたいなものであろう、大きい刀。

-Diablo1にも同名の武器が存在しており、鑑定前は両手剣のGreat Swordベースだが鑑定すると片手剣に変化する変り種で、日本刀のような形状だった。ユニーク剣の中では最強であったが、Magic武器が最終装備候補となることが多いDiablo1では見向きもされない能力だった。