Lightsabre

Last-modified: 2020-05-08 (金) 00:02:34

日本名:ライトセイバー 略称:LS 意訳名称:光のサーベル
qlvl:66 TC:weap75 Rarity:5/6

効果

Phase Blade (Range:2)
One-Hand Damage: (87-103) To (117-135) (102-119 Avg)
Required Level: 58
Required Strength: 25
Required Dexterity: 136
Base Weapon Speed: [-30]
+150-200% Enhanced Damage (varies)
Adds 10-30 Damage
Adds 60-120 Magic Damage
Adds 1-200 Lightning Damage
5-7% Mana Stolen Per Hit (varies)
5% Chance to Cast Level 14-20 Chain Lightning On Attack (varies)
20% Increased Attack Speed
Ignore Target's Defense
Lightning Absorb 25%
+7 To Light Radius

解説・用途

某有名SF映画を思わせる剣。
高速な振り、ITDMSなど使えるMODが揃った上、雷吸収25%のおかげでWisp系のLightningも怖くない。
Ver1.09では、二刀流WW馬場の左手剣として、右手剣のDoombringerとともに一時代を築き上げた。しかし1.10では、Azurewrathが同じPhase Bladeベースで強力にリニューアルされたり、敵の強化と新RWの登場でダメージの低さがネックとなったりして、育成用装備に成り下がった。
今はハズレの金Phase Bladeとして市場から不当に低い評価を受けているので、貧乏な近接系には大変お買い得。

しかし実際のところ、ITDや雷吸収の性能を鑑みると必ずしもLightsabreAzurewrathより劣るとは断言できない。実際Zealotフレ馬場など、手数が勝負のビルドの場合はITDの付加されているこちらの方が使いやすいかもしれないのである(まぁAzurewrathに穴あけてJah Runeをぶち込むような資産家はさておき)。

もう一つこの武器が優秀な点は要求Lv58という低さである。初めてHELL入りするような際、強い武器が必要だけど要求Lvに満たず、かといってレベルアップしようにもHELLでは火力不足でまともに戦えない…という八方塞がりな状況になりがちだが、そんなプレイヤーに対してとりあえずヘル攻略に必要な殲滅力を提供してくれる。

金色フェイズを鑑定後、これだったからといって即座にNPC逝きにしていたそこの貴方。もう一度、こいつの使い道を考えてみませんか?*1

Ethereal追記
ベースが破壊不能なのでEtherealは存在しない。

トレード価値

基本的にNPC撒き
稀に貧乏な(もしくはVer1.09の頃を懐かしみたいのかも知れない)剣WW馬場P-Gemで募集する事もある。

似たようなアイテム群

  • Azurewrath
    当たりの金Phase Blade。Sanctuaryオーラと多量のMagic Damageを誇るUndeadキラー。

余談、おまけ

http://classic.battle.net/diablo2exp/items/elite/uswords.shtml

  • Shaelを入れれば、貧乏な火爪熊ドルのFI対策にも使える。
  • 綴りが英国式なのは大人の事情なんでしょうか。
  • StarWarsのジェダイはアメリカ訛一切ないので仕方なし。召還ネクで振りかざしてみましたがさすがにクローン戦士とパダワン(傭兵)とアストロメク(鉄ゴレ)と各種兵器(リバイブ)従えたオビ=ワン将軍という訳ニワ逝きませんでした。ウエポンブロックついてたらカコいいのに。
  • Diablo1にも同名の武器が存在しており、命中上昇、Lightning Damage、雷レジ、+Light Radiusなど似た効果を持っていたが、いかんせんベースの攻撃力が低く攻撃速度上昇のmodもないため、明るさを追求する以外に使い道はなかった。尚、対になっていたと思われる片手剣ShadowhawkはDiablo2では採用されなかった。

*1 例えばShaelを入れて貧乏熊ドルのFI対策に使うとか。