L6. Lunatic の変更点

TITLE:L6: Lunatic

&size(24){L6: Lunatic};
&attachref(./L6Lunatic.jpg,50%);

|~DIFFICULTY|~&color(#3ab483){Easy};|~&color(#38a1db){Normal};|~&color(#f8a900){Hard};|
|~LEVEL|CENTER:4|CENTER:7|CENTER:9|
|~NOTES|CENTER:416|CENTER:806|CENTER:&color(#f8a900){1166};|
|~BPM|>|>|CENTER:72|
|~TIME|>|>|CENTER:&color(#ff4500){3:27};|
|~COMPOSER|>|>|CENTER:[[Ice>アーティスト別リスト#bed9c5aa]]|
|~BOOK|>|>|CENTER:[[L: The Upper collection>曲名リスト#yb18f912]]|
#br
ver.2.3で追加されたCytus Chapter Lからの移植曲。
Cytusにおける名前は "L6 : VIZ AWAKENED"。
"Lunatic"とは"狂気じみた,ばかげた"といった意味。
-[[Cytus wiki*での楽曲ページ>http://wikiwiki.jp/cytus/?L6]]

#region(Column: Hardcore Versionについて)

Cytus Chapter Lの楽曲は一部がオーケストラアレンジされたものであるが、逆にChapter L登場の後にオーケストラで初登場したものが電子音アレンジとなったケースも存在する。
その代表格がこの[[L6. Lunatic]]であろう。この楽曲をアレンジし2分強の長さに短縮させた、Hardcore Arrenge Versionが同社の音ゲー"VOEZ"に収録されている。
タイトルは"Lunatic"のアナグラムとして"citanLu"となっている。
また、"citanLu"は"CytusΩ"にも収録予定の楽曲であったが、2018年3月末、RayarkはCytusΩの開発を中止。CytusΩで日の目を浴びることはなかった。
-[[VOEZ wikiにおける楽曲ページ>http://voez.info/index.php?%E6%A5%BD%E6%9B%B2/citanLu]]
-[[CytusΩ公式サイト>http://www.capcom.co.jp/arcade/cytus/#top]]
#endregion

#br
----
&size(24){ポイント};
-&color(#ffd700){全難易度共通};
ChapterL移植曲特有の曲の長さはいつものこと。
一度プレイすると察せられるが、[[Precipitation]]のアレンジが随所に入っている。
//-&color(#3ab483){Easy};
-&color(#38a1db){Normal};&&color(#f8a900){Hard};
間隔のあいたスライドが多く出現するが、大体が伴奏か主旋律に基づいたものなので、混フレとみなしてタップ処理するとやりやすい場合がある。
中盤では非常に幅の狭いスライドの雨が画面いっぱいに降り注いでくる。[[Revival]]のNormal以上に厄介なので神経をとぎらせないように。
-&color(#f8a900){Hard};
スライドの合間を縫って超高速トリルが迫ってくる。とはいえ、[[Peach Lady]]のような不可解なトリルというわけではなく、[[Myosotis]]のような規則正しさはあるので冒頭の入りと終わりをしっかり押さえれば案外取りやすい。
終盤はこれでもとばかりに同時押しの連続で攻めてくる。多少ずれているように見えるが、本質は8分音符の同時押しの連続なのでタップの本質を見誤らないように。

-Hardのおおざっぱな難易度は、同時押しをコンボカッターにもつ[[Pulses]]以上、しかし[[Leviathan]]以下といったところ。スライド、タップ、混フレの基本ができていれば取れる箇所は多い。長さ×難易度という意味で[[CREAM STEW (Deemo Ver.)]]とほぼ同等だが、攻略要素は大きく異なる。
#br

----
#pcomment(,10,nomame,nodate,above,below,reply)