Fur War, Pur War

Last-modified: 2021-03-01 (月) 00:33:04

DIFFICULTYEasyNormalHard
LEVEL6911
NOTES74111722166
BPM150
TIME3:03
COMPOSERN.M.S.T.
BOOKN.M.S.T. collection #2
 

ポイント

  • 全難易度共通
  • 全難易度・全ノーツ数が当wiki色塗り対象指定の高難度・高物量譜面。
    難易度だけならAragamiがあるが、ノーツ数含めるとこの曲のみ。
  • Hard
  • Lv11の中でも難しい部類に属する物量系全体難譜面。譜面全域にコンボカッターが存在する上、休憩がほとんど存在しない。ノーツ数はScherzo -pain in rain-に次いでHard中第2位である。
  • 譜面構成は序盤(0~677)、中盤(678~1539)、終盤(1540~2166)と大きく3つに分かれる。
    • 序盤は同時押し交じりの16分や、24分トリルなどのタップ系主体である。
      • ここが攻略できないと序盤を純強化した終盤は確実に攻略できないので、苦戦している場合は地力を上げて出直すのが最善手である。
    • 中盤は極小ノーツの16分とキチガイ超長高密度スライドの癖の強い構成である。
      • 中盤は事故が非常に起こりやすい。
      • 極小ノーツは指の位置をよく見て叩かないと、地味に左右の揺れがあるため巻き込みなどの事故が発生する。
      • 超長高密度スライドとタップによる通称天の川地帯は地味に高い技術が必要となる。3本や4本指を使わないと安定させるのが難しいので、運指をよく考えなければならない。
    • 終盤はこの曲の最難関部であり、前述した通り序盤を純強化したようなタップ主体構成である。
      • ほぼ全ノーツがコンボカッターになり得るが、主な難所としては、32分トリル、2連タップ+スライド地帯、左右揺れ24分、ラストの混フレが挙げられる。
      • 一度ミスるとBADハマりしやすい上に、認識難でもあるため、ACしている動画を見るなりして、ノーツの配置を頭に叩き込もう。

主な難所の解説

 

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • スライド地帯たのしい
  • 解説乙 ノーツ数のところhardの中でを入れた方がいいと思う
  • ゆーてこれ、そこまで難しくもないよな。局所的にはミュオソのが難しいと思うし
    • そりゃまあ「局所的には」ね…詰めるとなるとタップスライドをひたすら捌ける体力が必要だし
  • FCして気づいたのがこれかなり地力上げにいい譜面してる。
    • なおその地力上げをする為に相当地力を上げないといけない模様 一体どこへ向かう気なんだ…
      • さらなる高みへですよ…
  • 楽しくなさそうで割と楽しい譜面
  • 終盤のアレもさることながら、その前のウルトラトリルも速すぎて取れない…
  • 略称ふわぷわっていう可愛らしいネーミングなのに譜面が可愛くない。曲はかっこいい。
    • まずWarが戦争って意味だから曲名からして不穏すぎる (OO;
  • 難易度表にも書いたけど、hardは全譜面中トップの密度。11.8notes/s。そりゃ訳がわからんわけだ。
    • トップって言ってるけど、熊蜂忘れてない?
      • 熊蜂って密度12.63だっけ
    • 中盤の高密度スライドで稼いでるのはあるけど多いね
  • 理説さえできればFC難易度は11の中でもそこまでなんだろうけど、理説するまでの難易度はロンギヌスに匹敵するよなぁ。
  • ふわぷわ。終盤はよくわからないなにかだけど、それまでも密度がけっこうクレイジー

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照