Top > マップの作り方


マップの作り方

Last-modified: 2018-12-11 (火) 00:00:16

このゲームでは、自分でマップを作って遊ぶことができます。

必要なソフト Edit

(どちらもWindows付属のもの、類似のものなら何でもよい)

  • ペイント
  • メモ帳

作り方 Edit

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Deity Empires\saved_maps にヨーロッパ大陸の例があるので参考にしてください。

  1. 使う地形とその色を決めます。
    • メモ帳を開き、色とそれが意味する地形を定義します。
    • 色は16進数で指定します。(先頭は、"0xff"固定) 16進数での指定がよくわからないならば、「16進数 色 変換」等で検索してみましょう。
    • 地形のリストと番号は、 C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Deity Empires\localisation\eng\terrainnames.dat にあります。
      大草地を黄緑、海洋を青、火山を赤で指定した例。
      
      0xff00ff00 = 1
      0xff000080 = 7
      0xffff0000 = 25
    • 記入したファイルを、「Unicode」(もしくは、UTF-16 Little Endian)形式で保存します。(よくわからない場合は、サンプルファイルをコピー、修正して使えば大丈夫です)
      保存フォルダは、 C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Deity Empires\saved_maps
      名前は「(画像ファイル名).txt」(たとえば、test.png.txt)とします。
  2. ペイントでマップを書きます。
    • 画像のサイズがそのままマップのサイズになります。
    • 1pixelが1ヘックスになります。正方形と六角形の違いから、読み込んだ時に微妙にずれが生じます。例えば「1ヘックス幅の回廊」を作ろうとすると、つながりがおかしくなるかもしれません。
    • 使用する色は、先ほど定義した色だけを使います。
    • マップができたら、ファイルを保存します。
      保存フォルダは、 C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Deity Empires\saved_maps
      ファイル名は先ほど作った色定義ファイルと合わせます。ファイル形式はpngとします。
  3. 新規にゲームを開始し、マップサイズ等を設定する画面で、マップ読込を選択、先ほど作ったファイルを選択します。うまくいけばマップのプレビューが表示されます。問題なければそのままゲームを開始しましょう。