Top > ドライフ皇国
HTML convert time to 0.006 sec.


ドライフ皇国

Last-modified: 2018-02-13 (火) 11:06:18

概要 Edit

無数の工場から立ち上る黒煙が雲となって空を塞ぎ、地には鋼鉄の都市

 

中央大陸北西部、西方三国の一つ。
アルター王国の北側に位置し、現在は戦争状態にある。
「我々こそは文明の継承者である」との看板を掲げ、科学技術や先々期文明についての研究が盛んに行われており、中でも機械技術の分野が発達している。

 

<SUBM>が確認された国の一つであり、史上初の<SUBM>、【一騎当千 グレイテスト・ワン】が来襲しているが、人的被害が無かったことから、<マスター>が離れないように、一般には<SUBM>の来襲を隠している。
 
数年前からツヴァイアー皇国時代にフラグマンが施した土壌再生ナノマシンの耐用期間が過ぎ、それが原因で耕作地が枯れはじめ、今では全体の三割もの耕作地が使えなくなり、さらにカルディナからの侵攻の危機に瀕している。
 
アルター王国との講和を利用して罠を仕掛けたが、レイ・スターリングに見破られたため、アルター王国への宣戦布告として、王都アルテアに大規模テロを仕掛けた。

超級(スペリオル) Edit

【魔獣工場 パンデモニウム】
 <マスター>:Mr.フランクリン
【怪獣女王 レヴィアタン】
 <マスター>:ベヘモット
【技巧改竄 ルンペルシュティルツヒェン】
 <マスター>:ローガン・ゴッドハルト
【???】
 <マスター>:マードック・マルチネス

ランキング Edit

決闘ランキング Edit

 一位:
 二位:“矛盾数式”【魔将軍】ローガン・ゴッドハルト
 三位:???

クランランキング Edit

 一位:<叡智の三角>
  クランオーナー:“最弱最悪”【大教授】Mr.フランクリン
 二位:???
 三位:???

討伐ランキング Edit

 一位:“物理最強”【獣王】ベヘモット
 二位:???
 三位:???

地名 Edit

ヴァンデルヘイム Edit

ドライフ皇国の首都。通称“皇都”。
十九世紀の欧州の様な比較的近代的な都市と、皇王宮に代表される機械仕掛けの超科学という、二つの側面を併せ持つ。
また、郊外には<叡智の三角>の本拠地(ホーム)や皇国軍の軍事施設などが存在する。

バルバロス辺境伯領 Edit

ドライフ皇国南東に位置する領地。
二つしかない人間*1が交通可能な王国との国境である平野を挟みアルター王国のカルチェラタン伯爵領と隣接している。
また、領内には決闘施設が存在している。

エルドーナ領 Edit

ドライフ皇国南西に位置する領地。
二つしかない人間が交通可能な王国との国境である山道を挟みアルター王国のルニングス公爵領と隣接している。

<厳冬山脈> Edit

ドライフ皇国北東部・カルディナ北部・黄河帝国北西部の大陸の北方に跨がる未踏地域。
詳細は該当項目を参照。

<境界山脈> Edit

ドライフ皇国南部とアルター王国北部の国境地帯に広がる険しい山脈。
詳細は該当項目を参照。

<遺跡> Edit

<地下都市グランベル> Edit

ドライフ皇国の礎となった<遺跡>。詳細不明。
過去の時点で既に【器神】の手によって“駄目”にされた模様。

<???> Edit

ドライフ皇国北東の辺境に位置する<遺跡>。
付近の地域に【一騎当千 グレイテスト・ワン】が投下され、【獣王】と【冥王】の二人と戦い、その余波で一度埋まってしまった。
オリジナル煌玉馬の一騎翡翠之大嵐(ジェイド・ストーム)が出土した。

施設・ダンジョン Edit

【皇玉座 ドライフ・エンペルスタンド】 Edit

皇都ヴァンデルヘイムにある皇王宮、その最奥部。
名工フラグマンが製造したドライフの中心にして最強兵器であり、完成直後に<イレギュラー>に認定された。
【四禁砲弾】と呼ばれる四種の超兵器を搭載し、その一つである【超重砲弾】は半径一キロメートルを超重力によって圧縮消滅させる威力を持つ。
 
現存する兵器の中で、射程と火力に関しては、他の兵器よりも圧倒的に勝っているが、「ほとんど移動することができない」「先々期文明崩壊後は弾薬を再生産することができないため、在庫を使い切らないよう、自由に砲撃を行うことができない」の二つの大きな問題を抱えているため、機動力・持続性・汎用性まで含めた総合性能では【テトラ・グラマトン】【レインボゥ】【新式大和】【グランバロア号】と同格とされている。

その他 Edit

【機皇】 Edit

ドライフ皇国の特殊超級職。兵器開発・火力支援の役割(ロール)を持つ。
クラウディア・L・ドライフのメインジョブの一つ。
一度“血統”が途絶えてしまいロストジョブとなったが、現在のドライフ皇族の“血統”に適合し、復活した。
ドライフ皇国皇王のジョブである以外、詳細不明。

特務兵 Edit

ドライフ特殊任務兵士団。
ドライフ皇国軍最強部隊であり、戦闘系超級職の者、または合計レベル500カンストし、尚且つ特殊な戦闘方法を編み出した者が集められていた。
しかし、現在の皇王クラウディアに肩入れしていた【無将軍】以外のメンバーは政変の影響で全員殺害されている。






*1 <超級>(極一部の強者)を除く