Top > <Infinite Dendrogram> > 状態異常
HTML convert time to 0.010 sec.


<Infinite Dendrogram>/状態異常

Last-modified: 2018-02-06 (火) 01:16:29

病毒系 Edit

【毒】 Edit

病毒系状態異常の一つ。
時間経過でHPが減っていく。本編未登場。

【猛毒】 Edit

病毒系状態異常の一つ。【毒】の上位互換。
時間経過でHPが減っていくが、減り方は割合式ではなくダメージ式なのでHPが多い上級以上の戦闘職プレイヤーではさして気にならない。
《地獄瘴気》でお馴染みの状態異常。

【酩酊】 Edit

病毒系状態異常の一つ。
頭がふらつき、重心がランダムにぶれる。
ある程度は、経験次第でどうにかならない訳でもないため、微妙な状態異常。
《地獄瘴気》でお馴染みの状態異常その二。

【衰弱】 Edit

病毒系状態異常の一つ。
ステータスが半減する状態異常。
熟練者でも本気で嫌がるため、大抵は対応する耐性装備を用意している。
これがないと伝説級<UBM>である【大瘴鬼 ガルドランダ】の評価が一段落ちるレベルで強力な状態異常。
《地獄瘴気》でお馴染みの状態異常その三。

【食中毒】 Edit

病毒系状態異常の一つ。
継続HPダメージと嘔吐が症状。
<マスター>は痛覚をoffに出来るが、嘔吐で胃からものがせり上がる感覚はoffに出来ないので、ある意味とても恐れられている模様。

宿酔(ふつかよい) Edit

病毒系状態異常の一つ。
アルコールを摂取しすぎる、あるいは【宿酔】を引き起こす薬品を摂取すると起こる状態異常。
HP減少やステータス低下はないが、痛覚設定offでも頭痛がする。
ある意味、一番恐れられている模様。

【風邪】 Edit

病毒系状態異常の一つ。
現実の風邪の症状とほぼ変わらないが、病気系の状態異常は、現実の病気ほど細かく分かれていないので、合併症などは少ない模様。

精神系 Edit

【混乱】 Edit

精神系状態異常の一つ。

【魅了】 Edit

精神系状態異常の一つ。
【混乱】の上位の状態異常で、対象の価値観を一時的にすり替え、自身を最上位に置かせる。
敵を守り、味方を攻撃してしまう恐ろしい状態異常。
<マスター>の場合はプレイヤー保護機能のおかげですり替え自体は起こらないが、体は勝手に動く。
 
熟練<マスター>からは「たしかに恐ろしいが、そうそう使うやつもいないから注意の必要もない」という評価。
なお、そういう人ほど【魅了】をかけてくる相手と遭遇した時にひどい目に遭う模様。
ルークとバビロンでお馴染みの状態異常。

【恐怖】 Edit

精神系状態異常の一つ。
強い恐怖を覚えたとき、あるいは精神に作用するスキルを受けたときに発症する状態異常。
行動がランダムに停止する*1

【気絶】 Edit

推定、精神系状態異常の一つ。
高威力だが死亡しない程度の攻撃を受けた場合などに発生する。
<マスター>の場合はプレイヤー保護機能が働くため、体が【気絶】していても意識自体は起きている状態となる。

【睡眠】 Edit

推定、精神系状態異常の一つ。詳細不明。

【強制睡眠】 Edit

推定、精神系状態異常の一つ。
対象を強制的に眠らせる。

【睡眠】への耐性を付与する装備や、【快癒万能霊薬】の服用によってレジスト、並びに解除が可能。

傷痍系 Edit

【骨折】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
なお、部位によって【○○骨折】と名前が違う。
症状としては対象部位の動作が制限される。
強い衝撃で骨が折れると発生するため、大体は【出血】など他の状態異常も併発する。
レイが一番初めになった状態異常。

【出血】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
時間経過でHPが減っていくだけでなく、抜けた血の量に応じて動きが悪くなる。
【毒】や【猛毒】とは違い、傷を塞げば解消される。

【火傷】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
炎によるダメージなどで発生する状態異常。
継続HPダメージ、及び対象部位の動作が制限される。

【炭化】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
炎によるダメージなどで発生する状態異常。
対象部位の動作停止、硬化、脆弱化が発生する。
段階式の状態異常であり、【火傷】状態などから高熱に晒され続けることで症状が進行し、発生する。
継続ダメージは無いが、対象部位が全く動作しなくなり、衝撃で【炭化】した部位が崩壊する。

【???(部位欠損)】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
【骨折】などと同じくダメージによって発生する状態異常の一種。
頭部や心臓、コアなど部位によっては即死効果があり、その場合は大抵の生物であればHPの残存量に関係なく死亡する。

【???(部位切断)】 Edit

傷痍系状態異常の一つ。
【骨折】などと同じくダメージによって発生する状態異常の一種。
頸部など部位によっては即死効果があり、その場合は大抵の生物であればHPの残存量に関係なく死亡する。

制限系 Edit

【凍結】 Edit

制限系状態異常の一つ。
全身が【凍結】して身動き一つできなくなり、強い衝撃を与えられると木っ端微塵に砕け散る。
熟練者からは「たしかに恐ろしいが、レジスト手段はいくらでもある」という評価で、実際、高熱を発するスキルや【凍結】避けや防寒の装備で回避できる。
 
ただし、【白氷乙女 コキュートス】の《地獄門》*2は条件がある代わりに、特典武具等の耐性スキルでないと、レジスト不可能なため、普通に凍る。

【石化】 Edit

制限系状態異常の一つ。本編未登場。

【麻痺】 Edit

制限系状態異常の一つ。
体が痺れて動けなくなる。
より正確に言えば、【麻痺】を掛けるスキルや毒物の威力によってAGIが10~100%マイナスされ、AGIが10を切ると完全に動かなくなる。熟練者でも嫌がるが、メジャーな状態異常なので大抵の高価な装備にはオマケのようにレジストが付いていたりする。

【拘束】 Edit

制限系状態異常の一つ。
体が動かなくなり、動作が制限される。
【麻痺】との違いはSTRでレジスト判定が可能なこと。必要な数値は【拘束】を掛けるスキルの威力によって変化する。

 

PKのBarbaroi(バルバロイ)が【超闘士】に対して使用したものは【拘束】を掛けるスキルでもトップクラスの威力だったが、【超闘士】はSTRと特典武具による「制限系状態異常レジスト」の併用で脱出した。

【脱力】 Edit

制限系状態異常の一つ。
STRに50%のマイナス補正を与える。
そのため、STRが重要な前衛戦闘職からは当然の如く嫌がられる状態異常。

【飢餓】 Edit

制限系状態異常の一つ。
解除しない限り、空腹感に襲われ続ける。
<Infinite Dendrogram>内で食事を摂らない限り解除されないため、リアルで食事を摂ってから再度ログインしても空腹感に襲われることとなる。

【酸欠】 Edit

制限系状態異常の一つ。
空気中の酸素不足などにより発生する。

【盲目】 Edit

制限系状態異常の一つ。
強力な光を見ることで発生し、光の強さによって持続時間が変化する。

呪怨系 Edit

【呪縛】 Edit

呪怨系状態異常の一つ。【拘束】の互換状態異常。
【拘束】との違いは、STRではなくMPによってレジスト判定が行われる点で、それ以外は基本的には同様。

【呪詛】 Edit

呪怨系状態異常の一つ。
他の呪怨系状態異常の効果を強める。

【死呪宣告】 Edit

呪怨系状態異常の一つ。
一定時間のカウント後、強制的に死亡する。
対処法はカウントが0になる前に【聖水】などを使用して解呪することであるが、性格の悪い術者は【麻痺】や【拘束】とセットで掛けるらしい。

【劣化】 Edit

呪怨系状態異常の一つ。
対象が身に付けている装備が、時間経過でボロくなる。
それ自体は、すぐに効果を発揮するわけでも直接害を与えるものでもないが、装備にちゃんと金を掛けた熟練者ほど蛇蝎の如く嫌う模様。

【即死】 Edit

推定、呪怨系状態異常の一つ。
対象が強制的に死亡する。
罹るだけで致命な状態異常だが、【救命のブローチ】などで防がれることが多く、実戦ではかなりの実力差がないとあまり効果はない。

【装備変更不可】 Edit

呪怨系状態異常の一つ。
懸かった時に装備していた装備から新たに装備を追加したり、変更したりできなくなる。
 
本来はあまり強力でも、致命的でもない状態異常だが、本編では【堕天騎士】の最終奥義によって付与されたため、ティアンならば死ぬまで、<マスター>でもデスペナルティまで効果を弱体化させることも解除することも不可能な強力なものになった。

その他・特殊 Edit

【爆薬化】 Edit

<エンブリオ>による特殊状態異常の一つ。本編未登場。
現在は【大提督】の<超級エンブリオ>である【大炎醸 アブラスマシ】の固有スキルによってしか確認されていない。
体液が爆薬に変質し、火気に触れるとダイナマイトさえも比較にならない大爆発が起きる。
醤油抗菌の二つ名、“人間爆弾”の由来でもある状態異常。
なお、体液が爆薬に変質しても生命活動に影響は発生しない。*3

【菓子化】 Edit

特殊状態異常の一つ。本編未登場。
文字通り、身体がお菓子に変化する。
なお、【菓子化】した部位は崩れやすくなる上に溶ける。
メルヘンなわりに超グロい状態異常。

【幼体化】 Edit

<エンブリオ>による特殊状態異常の一つ。本編未登場。
【呪術王】が持つ<超級エンブリオ>によって確認されている。
対象となる他者やモンスターを幼児(ロリショタ)化させる模様。
ステータス低下がキツイらしい。

【???(嫌悪生物化)】 Edit

<エンブリオ>による特殊状態異常の一つ。本編未登場。
レジェンダリアの<超級>が持つ<超級エンブリオ>によって確認されている。
対象の姿をその者が一番忌み嫌う生き物へと変身させる。
なお、この状態で死亡すると首から上だけが元に戻るらしい。






*1 しかし、【恐怖】に対するレジストを揃えた者であっても、圧倒的強者に蹂躙される瞬間には身動きが取れなくなることが多々あるため、その停止が本当に状態異常によるものかはわからない。
*2 厳密には【凍結】とは少し異なるが
*3 そのため、自身が爆弾に変化していると気づかずグランバロアのとある海賊がアジトごと爆破された