Z-DPSクルセイダー の変更点


 #contents
 * 構想 [#concept]
 シーズン盾が実装された時、Zdpsへの扉が開いた!(でもシーズン盾は使わない、笑)
 今流行りのサポートクルセイダー、装備の敷居の高さは流石の後期ビルド。
 
 ** 戦い方 [#fighting]
 吸い込みにコツがいるので要練習、高COOLでRALLY気分。
 
 ** 良い点 [#pros]
 Zdpsモンクと同様で安心してカベを任せられる、サポートスキルの塊。 
 PTを復帰させるとかなりカッコ良く見えます。
 
 ** 悪い点 [#cons]
 忙しい上に、立ち回りも難しいです。
 装備をそろえるだけでも一苦労(75%↑のクールダウン確保)。
 知らない人からはただ光ってるだけに見えます(--
 
 
 * スキル [#skill]
 Active Skills
 -[[Shield Glare]](Divine Verdict)
 盲目効果+20%威力UPのPT補助スキル。
 -[[Condemn]](Vacuum)
 吸い込みスキル、クセがあるので要練習。
 -[[Akarat's Champion]](Prophet)
 説明不要の復活スキル。
 -[[Laws of Valor]](Critical)
 CD100%UPのPT補助スキル。
 -[[Judgment]](Resolved)→[[Consecration]](Frozen Ground)
 CC20%UPスキル、PT補助。
 メンバー次第でスロウ効果の乗るFrozen Groundへ(DHとか)
 -[[Iron Skin]](Steel Skin)→[[Steed Charge]](Draw and Quarter、Rejuvenation)
 ダメージ軽減50%の高ランクGRのお供スキル、如何に途切れずに回せるかがビルドの鬼門になる。
 通常リフトなら移動手段(Steed Charge)に変更、Swiftmountで常時起動、攻めの白と守りの赤、
 リフトでの存在感は抜群です。
 
 Passive Skills
 -[[Fervor]]
 1H導入の必須スキル、クールダウンを確保。
 -[[Long Arm of the Law]]→[[Vigilant]]
 クリティカルでのPT貢献を延長、COOLを伸ばすと効果が薄くなるので、その時はVigilantあたりを。
 -[[Towering Shield]]→[[Vigilant]]
 Shield Glareの足止め+威力補助のサポート。
 なおトライアルだと足止め効果がマイナス効果になる場合もあるので、その時は防御系スキルに変更。
 -[[Indestructible]]→[[Lord Commander]]
 死亡への保険というより、体力回復スキルとしての意味合いが強い。
 他の防御よりのスキルとの競合性も強く、候補が色々ある。
 VigilantやHold Your Groundあたりか?
 不要ならSteed Chargeの補助でLord Commanderあたりを。
 
 *構築例 [#others]
 
 |>|CENTER:BGCOLOR(#202020):基本型 | |>|CENTER:BGCOLOR(#202020):Steed Charge型| |>|CENTER:BGCOLOR(#202020):Consecration型|
 |[[Shield Glare]]|Divine Verdict|~|[[Shield Glare]]|Divine Verdict|~|[[Shield Glare]]|Divine Verdict|
 |[[Condemn]]|Vacuum|~|[[Condemn]]|Vacuum|~|[[Condemn]]|Vacuum|
 |[[Laws of Valor]]|Critical|~|[[Laws of Valor]]|Critical|~|[[Laws of Valor]]|Critical|
 |[[Akarat's Champion]]|Prophet|~|[[Akarat's Champion]]|Prophet|~|[[Akarat's Champion]]|Prophet|
 |[[Judgment]]|Resolved|~|[[Judgment]]|Resolved|~|[[Consecration]]|Frozen Ground|
 |[[Iron Skin]]|Steel Skin|~|[[Steed Charge]]|Draw and Quarter|~|[[Iron Skin]]|Steel Skin|
 
 * 装備 [#gear]
 
 基本型(表記76.6%cooldown-paragon10%+Gogok of Swiftness15%=79.9%cooldown)
 
 [[Born's Furious Wrath]]武器、クールダウン10%を確保、他は防御よりの効果を優先。
 [[The Final Witness]]盾、クールダウン8%を確保、Shield Glareを全範囲に。
 [[Vigilante Belt]]ベルト、クールダウン8%を確保
 
 [[Captain Crimson's Thrust]]パンツ、セット効果狙い、クールダウン10%。
 [[Captain Crimson's Waders]]靴、セット効果狙い、この辺でリジェネやライフを稼ぎたい。
 
 [[Born's Frozen Soul]]鎧、セット効果狙い、ライフや全レジを優先。
 [[Strongarm Bracers]]ブレイサー、Vacuumによる威力UP狙い、他にも色々候補が上がる。
 
 [[St. Archew's Gage]]篭手、クールダウン8%、バリア効果はライフUPと考えても良い。
 [[Asheara's Ward]]篭手、クールダウン8%、優秀なセット効果
 
 [[Asheara's Custodian]]肩、クールダウン8%、VIT、LIFE、全レジ
 [[Born's Privilege]]肩、クールダウン8%、武器を変えるときに。
 
 [[Leoric's Crown]]頭、クールダウン12.5%をGEMで、可変がかなり厳しい。
 
 [[Xephirian Amulet]]アミュ、クールダウン8%、ソケット、候補は色々上がるが高GRなら雷対策は必須。
 
 [[Ring of Royal Grandeur]]指輪、クールダウン8%、ソケットがあれば超級品。
 [[Justice Lantern]]指輪、クールダウン8%、ソケット、セカンダリーがダブルで乗れば最大50%を突破します。
 [[Rogar's Huge Stone]]指輪、クールダウン8%、ソケット、V2.0までの物にはVIT750+LIFE%がつきます。
 
 [[Gogok of Swiftness]]GEM1、何よりもまず、クールダウン。
 [[Moratorium]]GEM2、ダメージカット
 [[Gem of Efficacious Toxin]]GEM3、セカンダリーのPT効果10%バフ、むしろソケットがあるかどうかが最大のカベ
 
 
 
 
 
 Steed Chargeビルド装備
 
 -[[Swiftmount]]
 #  &color(#bf642f){Doubles the duration of [[Steed Charge]].};
 高COOLがDraw and Quarterを常時起動させるキーアイテム。
 吸い込む側から、引っぱる側へ。
 -[[Wreath of Lightning]]
 Draw and Quarterと非常に相性の良いGEM、より攻撃的に、さらに早く。
  
 
 
 
 Consecrationビルド装備
 
 -[[Inviolable Faith]]
 # &color(#bf642f){Casting [[Consecration]] also casts Consecration beneath all of your allies.};
 v2.1でひっそりNEFされた、一部のConsecrationでのみ、PTの足元にも発生する。
 
 
 
 
 WAVEトライアル向け装備
 
 -[[Mad Monarch's Scepter]]
 #  &color(#bf642f){After killing 10 enemies, you release a Poison Nova that &br; deals &color(#ded2ab){1050–1400%}; weapon damage as Poison to &br; enemies within 30 yards.};
 v2.1でBUF、PTのキルカウントも計算されるように
 他にも1Hであれば候補が色々ありそう。
 Solanium、Doombringer(現状&過去品)、Azurewrathあたりが怪しい。
 
 -[[Illusory Boots]]
 # &color(#bf642f){You may move unhindered through enemies.};
 すり抜け効果でバキューム補助や脱出に使う、トライアルではオススメ。
 
 -[[Bane of the Trapped]]GEM候補4、トライアル、GRクリア目的など、強引に行くときはモラトリアムよりこっち。
 
 -[[Bul-Kathos's Wedding Band]]+[Rogar's Huge Stone]でいけば安定しますし(RORG無し)
 なかなか馬鹿にならないダメージ(範囲で10M程度)を出せます。
 #BR
 
 経験値型 (Gogok発動前で表記クールダウン最大65.4%減)
 [[Leoric's Crown]] 頭、RubyをはめてBonus Experience 最大82%
 [[Cain's Habit]] パンツ、セット効果でBonus Experience 50%
 [[Cain's Travelers]] 靴
 [[Cain's Scrivener]] 篭手。クールダウン8%減をつける
 [[Born's Privilege]] 肩、セット効果でBonus Experience 20%及びクールダウン8%減。クールダウン8%減をつける
 [[Born's Frozen Soul]] 鎧
 [[Hellfire Ring]] 指輪、Bonus Experience 45%。クールダウン8%減とソケットをつけたい
 [[Leoric's Signet]] 指輪、Bonus Experience 最大30%。クールダウン8%減とソケットをつけたい
 
 武器、盾、ベルト、ブレイサー、アミュレット、及びレジェンダリージェムは基本形と同じ。ただし、すべての装備にsecondary affixにMonster kills grant+をつけること。Bonus Experience は最大で227%になる。Monster kills grant+は2500以上を目指したい。Season 2以降であれば、[[Gem of Ease]]を武器にはめることでさらにMonster kills grant+を上積みできる。
 武器、盾、ベルト、ブレイサー、アミュレット、及びレジェンダリージェムは基本形と同じ。ただし、すべての装備のsecondary affixにMonster kills grant+をつけること。Bonus Experience は最大で227%になる。Monster kills grant+は2500以上を目指したい。Season 2以降であれば、[[Gem of Ease]]を武器にはめることでさらにMonster kills grant+を上積みできる。
 
 Patch 2.1.2で'The "Monster Kills grant X experience" affix is now multiplied by game difficulty'という変更が加えられたこと、さらにBonus Experienceの効果がGRでは乗算(キャラクターシート上では難易度による倍率に足し算されているが、実際には掛け算)になることから、高GRでは獲得経験値が非常に大きくなる。具体的には、Bonus Experienceを最大値近く、Monster kills grant+を3000弱積んだ場合、GR35で一回あたり2.9b前後の経験値を獲得できる。PLランクの上位が一日300b超の経験値を獲得している理由の多くはこの仕組みを利用しているからである。
 * その他 [#others]
 
 * trialバグ v2.11(修正済み)[#others]
 <Patch2.11で確認されました。
 <Patch2.12で修正されました。
 
 
 
 高GRキーを量産するバグが一部で公開されたもよう。
 内容は、1人モードのトライアルに4人で挑戦する、というものです。
 
 気になるやり方は、
 
 1、PTを4人集めてトライアルを受ける際に、3人はキャンセル、1人で開始する。
 2、1人モードのトライアルが開始されたら、受けた1人は即TPで街に帰る。
 3、街に帰ったTPをくぐりなおし、即戦場に復帰する。
 4、残った3人は、スグに旗飛び(*フラグ)で1人の元に駆けつける。
 
 これで、1人モードに4人で乱入できます。チーム補正がかかりませんので、
 +8くらい上のカギができます。
 ただし、カギが貰えるのは、**受けた本人だけ**です。
 
 
 
 *コメント [#comment]
 #pcomment