Top > Leapquake Slam Barb


Leapquake Slam Barb

Last-modified: 2018-08-17 (金) 00:20:53

コンセプト Edit

Might of the Earthセット利用ビルド。
2.4.2にてLegendary Powerが追加されたGirdle of Giantsを導入し、
Leapquake+Boulder Toss型から新たにLeapquake+Slam型として派生した。
当初はBoulder Toss型を敢えて外すメリットに乏しかったが、追加仕様変更が重なり
独自路線を築きつつある。

長所 Edit

  • 攻防ともに2.6.1のSet・Legendary強化の恩恵が非常に大きい。
  • Leap本来の性能による段差のスキップ、危険地帯からの離脱が可能。
  • 両手武器装備ゆえに、一級品の要求が1箇所少ない。

短所 Edit

  • 割りとスキル実装枠が逼迫しており、機動力もLeapのみとなる場合が殆ど。
  • Immortal King's Callセット以外の共通課題であるWrath of the Berserkerのダウンタイム。
  • 両手武器装備ゆえに、良ステータスの付与可能箇所が1箇所少ない。

立ち回り Edit

基本的にはLut Socksの効果で3連発出来るようにしたLeapで敵集団を踏み、自動発生するEarthquakeで攻撃する。
Blade of the TribesによりCry系でもEarthquakeとAvalancheが自動発生するが、これを当てるために近距離で使用することにはこだわらなくても良い。
というか、そこに拘れるほど防御力に余裕のあるビルドではない。
そして、2.4.2でGirdle of Giantsの強化により実装枠に加入したSeismic Slamで追撃する。これによりEarthquakeの威力が増加する。

 

難易度が上がって来ると、Leap/Death from Aboveで敵に付与するStunの持続がどんどん短くなっていく。
T13=GR60時点で、1回目のLeapでStunした敵は2回目のLeap時にはもう回復していると思った方が良い。
このため、2~3回目のLeapは方向を変えて離脱すると言ったプレイングも必要になってくる。
他にもFollowerに発生させたOculus RingのPower Circleに飛び込んだり、Eliteの特殊攻撃を踏まない方向に変更する機会も多い。

アクティブスキル Edit

アイコンをクリックすると各スキルの個別ページへジャンプします。
冒頭の通りスキル枠は割りと逼迫しており、Blade of the Tribesで発生するAvalancheにルーンを与えるために実装しておく猶予が無いことが多い。勿論、どうしても使いたいルーンがある場合は実装しても良い。

LeapLeap / Death from Above
主力の攻撃スキル兼機動力スキル。セット効果でIron Impactルーンが常備されるので、選択はそれ以外を。
EarthquakeEarthquake / Molten Fury
基本的にはLeapで自動発生するものにルーンを与えるために実装しているが、勿論このスキル自体を使用することも可。以前はCave-In(Physical)が主流だったが、GRのMob Density向上に伴い単純火力最大のMolten Fury(Fire)が復権した。Runeを乗り換える場合はAmulet・BracersのElemental Damageに注意。
Seismic SlamSeismic Slam / Rumble
従来Ancient Spear/Boulder TossのFury Dump機能が欠落していたが、Rumbleルーンに同様の機能が付与され、2Set効果がスムーズに使えるようになった。Life per Fury spentによるポーション機能も同時に獲得。Rumbleルーンは連発出来ないため、装備の属性は本命のEarthquakeにあわせる。
Battle RageBattle Rage / Bloodshed
定番。持続も長く操作に優しい。
Wrath of the BerserkerWrath of the Berserker / Insanity
超強力スキルだが、2.6.1(Season13)以降、常時変身を捨てることは元より、そもそも実装しないという選択肢も増えて来た。
 

最後の1枠はBlade of the Tribesの効果をトリガーするのに、攻撃的なThreatening Shoutか、防御的なWar Cryかの選択を行う。

Threatening ShoutThreatening Shout / Falter
攻撃重視の場合の選択。
War CryWar Cry / Inpunity
防御重視の場合の選択。冒頭の通りこのビルドは相当脆いため、ルーン選択ともども確実に一考の余地がある。

パッシブスキル Edit

こちらも欲しいものは多数あるが、防御重視の装備でHellfire Amuletを除外した場合はかなり悩むことになるだろう。

Earthen MightEarthen Might
Seismic Slam/RumbleでのFury Dump獲得に伴い、効率的なFury回転のため推奨。
RuthlessRuthless
どんな相手にも有効な期間があるため人気のあるpassive。起動条件の残Life30%は厳しく見えるが、Barbarianは単体でも対象になる攻撃力Buffが意外にも少ないため、貴重と言える。
Nerves Of SteelNerves Of Steel
殊にRingの選択がBastions of Willで、且つ主戦場がGRであるならまず間違いなく入れておいて良い。
RampageRampage
定番の攻撃力増加スキル。RG戦ではほぼ死に枠になってしまうのが玉に瑕だが、Progress Barを稼ぐフェイズでは非常に強い。
SuperstitionSuperstition
脆さが気になる場合。
Boon of Bul-KathosBoon of Bul-Kathos
Season13辺りから、MotE系ビルドでは「CDRを諦める」 or 「Wrath of the Berserkerを諦める」と言った選択が目立つようになった。変身は入れるが要所で使うのみにとどめる場合はこのPassiveも入らない。

装備 Edit

  • Might of the Earthセット
    フルセットを装備。実装している攻撃系スキルの全てに強力なブーストがかかる。
    2.6.1で強化倍率が更に大幅に伸びた。
    2.4.2期はBoots・HelmにSeismic Slam+15%をRerollという選択肢があったが、2.6.0現在のSlamはFury Dumper+EarthquakeのBufferという見方が強くなり、Slam自体の威力に関連するAffixはあまり採用されていない。
     
  • Girdle of Giants
    2.4.2にて、Seismic Slamを使用するとEarthquakeのダメージにブーストがかかるLegendary Powerを得た。
    2.6.1にてその倍率は更に向上。旧パッチのLegacy品からの乗り換えが推奨される。
    固定AffixにAttack Speedがあるが、これを不要 or Gogok of Swiftnessに一任で良いと考えるなら、Rerollしてしまうのも手。
    可能ならここにLife per Fury spentがあることが望ましい。
     
  • Blade of the Tribes
    LeapだけでなくCry系も攻撃スキルを自動発生するようになる2-handed Mighty Weapon。
    Legendary Powerとは別にEarthquakeの高いブーストが付くため、Cubeではなく装備することが必須。
    この手の能力は2.6.1で全体的にLegendary Powerに統合されたが、メジャービルドの主力武器の中では珍しくノータッチであるため、旧パッチの良品を間違ってSalvageしないように注意。
    10% Damageを狙った場合、4つ目のPrimary AffixにはCooldown Reduction 10%を狙うか、Off Handが無い分のVitalityを狙うかは悩ましい課題。
     
  • Ancient Parthan Defenders
    LeapのルーンにDeath from Aboveを選択すればsynergyを発揮するBracers。
    Seismic Slam/RumbleがFury Dumperになったことでこのビルドに適合するようになった半面、2回以上の連発が不可能になったため、下記のBracers of Destructionの効果が実感しにくくなったこともあり、2.6.0現在の主流はこちら。
     
  • Bracers of Destruction
    Seismic Slamの関連Legendary。
    連発出来ないRumbleルーンであろうと威力は高い方が望ましいと考えるユーザ向け。
    2.6.1での修正値向上は比較的大人しめ。これ単体ではRumbleの連発不可を埋め合わせる程の変化はしていないが、Cube武器枠にFury of the Vanished Peakを導入してSlamの威力を重視する手もある。
     
  • Bastions of Willセット
    GeneratorとSpenderを使用することで火力が大幅に強化されるRingのセット。
    当ビルドにおいては、LeapがGeneratorの役割を果たし、Seismic SlamがSpender枠。
    2.6.1でBand of Mightが強烈な防御力を発揮することから、Endless Walkよりも火力重視のこちらのSetが主流になった。
    このSetの使用時はAmuletがフリーになるため、Hellfire Amuletや各種属性吸収Amuletなどを好みで選択。
    勿論、CubeのJewely枠にBand of Mightを選べない理由があるならその限りではない。

Kanai's Cube Edit

  • The Furnace
    武器枠の定番。
     
  • In-geom
    このビルドでNormal Rift高速Runも行いたい場合の選択肢。
    Elite戦後はLeapでガンガン前進出来るようになる。
     
  • Lut Socks
    防具枠はこれほぼ一択。
    これを実装備するためにRoRGを導入するには、装備 or CubeのRing候補が多すぎる。
     
  • Band of Might
    2.6.1で、Triggerになるスキル使用時のDamage ReductionがMAX80%という破格の値に強化された。
    無論、Cubeに入れればMAX値の効果を発揮し、Barbarianのディフェンスの要として一気に定着した。
    これは50%DRの装備を2箇所つけた値を超える効果であり、これ一つで他部位のAffixの自由度が大幅に増す。

Legendary Gem Edit

  • Bane of the Trapped
    定番中の定番。
     
  • Bane of the Stricken
    高GR志向での定番。同一の敵に多段ヒットするスキルばかりのビルドなので、RG・ボス以外にも割りと機能する。
     
  • Esoteric Alteration
    2.6.1以降、常時変身の代わりに安定感が求められるようになり、定番の地位に格上げされた。
     
  • Gogok of Swiftness
    以前はCDRのためによく採用されていた。
    現在では変身は要所のみ or そもそも実装しないという選択が増えてきており、このGemの採用率は下がった。

その他 Edit

GRのDensity向上に伴ってEarthquakeのルーン選択がMolten Fury主流にシフトしたものの、それ以外の狩場では相変わらずCave-Inの吸い込みは便利な能力。別にCave-InではGR Pushが出来ないというような差があるわけではないので、好みのルーンにあわせて防具のElemental Damageを変更しておきたい。

 

2.6.1では関連Legendary・Setの修正値とBand of Mightの超強化を受け、ビルドの挙動はそのままに攻防ともに大幅に強化された。
ただし、全体的に主砲のダメージ強化がLegendary Powerに統合される中で、Blade of the Tribesは旧来性能のまま。
将来のパッチで同様の統合が起こる可能性はあるが、2.6.1ではとりあえず本体装備推奨なのは変わらない。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最新のビルドありがとうございます (^_- -- 2016-09-15 (木) 20:37:54
  • 恐れ入ります (^-^  編集ミスでBrawlerの説明文がRuthlessと混ざっていたので修正しました。まだ2.4.2開始から1か月、本当にBoulder Toss型より良いのか、火力と防御力のバランスと言った煮詰めはこれからですので、各位の使用感に応じて編集いただければと思います。 -- 2016-09-16 (金) 07:11:15
  • しばらくやってみたけど、Leapが再使用出来るまでSeismic Slamだと3~4発撃たないといけないから、進行スピードが遅いかな。Boulder Tossなら一発でLeapのクールダウンがなくなるのに比べると・・・ -- 2016-12-01 (木) 17:02:30
  • パッシブのEMエンジンはなくても十分リソースが確保できるので必須ではないような -- 2016-12-23 (金) 22:52:50
  • 2.5.0PTRでSlamのRumbleルーンがBoulder Tossと同じ一発全消費になってGirdle of Giants採用型がViableになった模様 -- 2017-03-18 (土) 12:09:32
  • 2.6.1での全職一括変更の準備のため現状に合わせた記述に修正。2.6.1ではCubeにBlade of the Tribeを入れて実装備は武器2本にするというような可能性が示唆されていますが、その辺はリリース後に加筆ということで。 -- 2017-08-22 (火) 05:35:46
  • 結局最後までBlade of the Tribesには統合入らなかったので、装備変更はまだ無いですね。 -- 2017-11-23 (木) 04:13:38
  • 操作は簡単だけど、いろんなシナジーを感じながらプレーできるのがこのビルドの醍醐味ですね。 -- 2017-11-23 (木) 19:41:31
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White