マップ/灰色の墓場/フレイ=イシス

Last-modified: 2020-02-04 (火) 16:50:06

灰色の墓場 Edit

フレイ=イシス.png

フレイ=イシス 一般ダンジョン
フレイ=イシス レイド
フレイ=イシス レイド ハード

ダンジョン一覧
モンスター一覧


イシス Edit

イシス.png

天空の巣 Edit

0014.png

マップ Edit

SB

マップは2部屋のみ。
1部屋目には何もない。
2部屋目はボス部屋。

世界戦移動.png 世界戦移動 Edit

テイベルスの加護を利用して他の世界に転移する。

  • ダンジョン入場時、キャラクターごとに昼の世界と夜の世界に分けられる。
    この昼の世界と夜の世界を行き来するためのスキル。
    • 自分と異なる世界にいるパーティーメンバーは半透明で表示される。
    • 支援職によるバフスキルや回復スキルの使用は通常通り可能。
  • 昼の世界と夜の世界で異なるSGギミック攻撃が同時におこなわれる。
    反対側の世界の攻撃は見えない。攻撃を受けることもない。
    • 昼夜で協力することで各種ギミックを攻略することができる。
      ギミックに成功させられると一定時間フレイ=イシスの防御力が下がる。
    • ギミックにより強制的に世界を移動させられることがある。
      必要な場面では忘れず元の世界に戻すこと。
  • クールタイムは10秒。
  • ダンジョン特殊キー(初期設定:Tabキー)で使用が可能。

侵食状態 Edit

侵食中.png
レイド専用システム。
観測塔がクリアされるとフレイ=イシス20秒間グロッキー状態になる。
この20秒が経過すると、パーティー全員がダンジョンから強制退出させられる。
強制退出させられたキャラクターは侵食状態になり、90秒間イシスへの再入場が不可能になる。
フレイ=イシスに与えたダメージは、レイド終了時まで維持される。

BOSS:フレイ=イシス Edit

フレイ=イシス.png
イシス=フレイと一であり、二を成す者。
光の果てに立ち、闇を呼び込む者。
「フレイ=イシス」

昼夜共通 Edit

居本パターンの攻撃は昼の世界と夜の世界で共通となっている。

引っかき

前方を引っかきながら周囲に羽根を撒く。
地面に落ちた羽根は数秒後に爆発する。

パンチ

前進しながらパンチを繰り出してくる。

踏みつけ爆破

地面を踏みつけると広範囲に羽根が突き刺さる。
攻撃範囲はフレイ=イシスを中心とした巨大な円上。
フレイ=イシスが手を上空に掲げた直後、羽根は爆発する。

蹴り爆破

前方を蹴り上げると広範囲に羽根が突き刺さる。
攻撃範囲はフレイ=イシスの前方一直線上。やはり爆発する。

レーザー

フレイ=イシスが宙に浮いた後、前方一直線上にレーザーを照射する。

SGギミック Edit

4種類のSGギミック存在する。

  • 30秒周期で発動。
  • 順番はランダムだが4種類1セットになっており、同じギミックを繰り返すことはない。
  • SGギミックに成功すると「イシスの防御力が大幅に低下します。」と表示され、
    30秒間、フレイ=イシスへのダメージが30%増加する。
    30秒経過後は、次のSGギミックが発動する。

SGギミック一覧 Edit

Youtubeのアラド戦記公式チャンネルにて、
GMどんぐりがネームド・ボスモンスターのギミック攻略をまとめた動画を公開しています。

我が風が空を覆いつくす!! Edit

基本的に、回避に専念するギミック。
昼の世界と夜の世界で内容が異なる。

  • ギミックの最中、昼夜どちらの世界にいても攻略に影響はない。
    立ち回りやすい世界に移動をおこなっても構わない。
    ただし、あまり片方の世界に人数が偏ると対処しづらくなり本末転倒なので注意。
  • ギミック前半は昼の世界、後半は夜の世界にいるのが楽だと評判。参考までに。

昼の世界

昼の世界にいるキャラクター専用。主に紫色の円から逃げるギミック。
紫色の円と円から発生する黒いモヤに触れるとダメージを受ける。
  • 前半
    巨大な竜巻がマップ中を移動する。
    竜巻が移動している間、2秒間隔でキャラクターの足元に紫色の円が出現する。
    出現回数は計9回。
  • 後半
    巨大な竜巻がマップ中央に移動する。
    今度はマップ全体に紫色の円が大量に出現して、竜巻に向かって移動する。
    約10秒が経過すると竜巻が消え、強制ダウンさせられる。
    すぐに続けて全体衝撃波が来るので、クイックスタンディングで回避すること。

夜の世界

夜の世界にいるキャラクター専用。主に赤い小さな竜巻から逃げるギミック。
小さな竜巻に触れるとダメージを受ける上に強制ノックバックを引き起こす。
前半・後半ともにジャンプ回避する機会が多いので、跳躍スキルがあると便利。
  • 前半
    巨大な赤い竜巻が出現してマップ中を移動する。
    巨大な竜巻は移動しながら、小さな竜巻を大量に生成する。
    小さな竜巻は巨大な竜巻から離れると、マップ端めがけて360度ランダムな方向へ直進する。
    移動速度が速い、強制ノックバック、大ダメージと厄介。
    ジャンプすることで小さな竜巻を回避することができる。
  • 後半
    巨大な竜巻がマップ中央に移動する。小さな竜巻は引き続き生成され続ける。
    巨大な竜巻から2秒間隔で衝撃波が発生する。出現回数は計5回。
    巨大な竜巻を中心に赤い円が外側へ広がっていくので、足元に円のラインがきたらジャンプで避ける。
    5回目の円がきた直後、大小の竜巻がすべて消え、強制ダウンさせられる。
    すぐに続けて全体衝撃波が来るので、クイックスタンディングで回避すること。

戦後の世界が来るだろう! Edit

フレイ=イシスの突進を妨害するギミック。
4種類のSGギミックの中で唯一、火力が必要になる。

  • 1度の突進でマップ端から端まで一直線に移動する。
    突進経路は緑色のラインで表示される。
  • 突進の回数は計4回。
    マップを横一列に4分割し、上の列から順番に1回ずつ突進してくる。
  • フレイ=イシスが昼の世界にいる時(1回目と3回目)は左から右に向かって、
    夜の世界にいる時(2回目と4回目)は右から左に向かって突進する。
    • 同じ世界にいるキャラクターが攻撃すると、フレイ=イシスのHPを減らすことができる。
    • 異なる世界にいるのキャラクターが突進中のフレイ=イシスに当たると、突進の勢いを削ぐことができる。
  • 戦後の世界ギミック中のフレイ=イシスのHPはギミック専用のもの。約200ゲージ。
  • 突進後、ダメージ床が残る。
    昼の世界からは夜の世界の地面と紫色の亀裂が、
    夜の世界からは昼の世界の地面と赤色の亀裂が確認できる。

戦後の世界ギミック攻略

パーティーメンバーが強制ノックバックして吹き飛ばされると開始。
マップ左上から突進が始まるのですぐに移動しよう。
フレイ=イシスと同じ世界にいるキャラクターは攻撃。
異なる世界にいるキャラクターはフレイ=イシスに接触することで突進を妨害する。
単純に接触するだけでも妨害は可能だが、バックステップ状態で接触すると妨害時間が延びる。
  • 攻撃・妨害担当
    異なる世界にいるキャラクターからは、フレイ=イシスが透けて見える。
    …が、猛スピードで駆け抜けていくので、目視確認は非常に困難。
    下表を参考に。
    突進昼の世界夜の世界
    1回目→→→→
    左から右
    攻撃妨害
    2回目←←←←
    右から左
    妨害攻撃
    3回目→→→→
    左から右
    攻撃妨害
    4回目←←←←
    右から左
    妨害攻撃
HPを削るために火力が必要ではあるが、スキルの無駄遣いは禁物。
ギミック後のディーリングタイムに撃てるスキルがない、なんてことにならないように注意。
フレイ=イシスのHP(戦後の世界ギミック専用)を4回目の突進が終わるまでに削りきればギミック成功。
HPが残ってしまった場合はギミック失敗となり、失敗パターンへと移行する。

戦後の世界ギミック失敗パターン

フレイ=イシスのHPを0にできないまま計4回の突進が終わってしまうと発動。
フレイ=イシスが上空に飛び上がりマップ全体に無数の羽根を落とす。
ひとつひとつの羽根から円形の魔方陣が出現して、徐々に大きくなっていく。
魔方陣の上にいると持続ダメージを受ける。
魔方陣が最大まで大きくなると、一斉に爆発して大ダメージを受ける。
羽根の数が多い上に魔方陣のサイズも非常に大きく、ほぼマップ全体攻撃。
わずかながら魔方陣のない(地面が見える)場所があれば、そこが安全地帯となる。
また、無敵状態になれるスキルを利用して回避することも可能。
男女念マスターの念障壁やエレメンタルマスターのチーリングフェンスであれば、パーティー全員を守ることができる。
前述のスキルを使用する場合、魔方陣による持続ダメージで破壊されないよう爆発寸前で使用すること。

全世界に我が羽根を撒いてやろう。 Edit

羽根撒きギミック。
必ず事前に昼の世界と夜の世界それぞれにパーティーメンバーを分けること。
片方の世界にキャラクターが偏ってしまうとギミックを攻略できなくなってしまう。

羽根撒きギミックの流れ

  1. 羽根落下
    キャラクターのいる地点に羽根が4連続で突き刺さる。これを4回繰り返す。
    羽根は歩くだけで回避できる。
    羽根が突き刺さった地面は、後のギミックによる全体攻撃の安全地帯となる。
    理由は後述するが、なるべく広い範囲に羽根を撒くようにすること。
    また、羽根落下ギミックの後は世界戦移動スキルが使用できなくなるので、
    遅くてもこの段階で昼の世界と夜の世界に2人ずつキャラクターがいる状態にしておくこと。
  2. 強制昼夜反転
    羽根を撒き終わった後、パーティー全員が反対の世界へ強制的に移動させられる。
    この時点で、次の衝撃波ギミックが終了するまで世界線移動スキルは使用できなくなる。
  3. 衝撃波
    フレイ=イシスが衝撃波による全体攻撃を計6回おこなう。
    反対側の世界にいたパーティーメンバーが撒いてくれた羽根の位置が安全地帯。
    昼の世界では黒い円、夜の世界では黄色い円の中にいるとダメージを受けない。
    衝撃波の際、キャラクターの足元に表示される赤い円の中にある安全地帯は消滅するので
    羽根落下ギミックの際に密集して羽根を撒いてしまうと、すぐに安全地帯が足りなくなってしまう。
    特に最後の衝撃波はクイックスタンディングでも回避できないので注意。

我が魔法があらゆる場所に及ぶだろう! Edit

ルーンの結界を破壊するギミック。

  • 昼の世界と夜の世界にルーン文字が描かれた石が複数出現するので、
    互いの世界に共通して存在する文字が描かれた石を破壊する。
    • 昼の世界と夜の世界どちらでも破壊する。
    • 共通している文字は1文字だけ。
  • 制限時間内に計3回正しい石を破壊するとギミック成功。
    タイムリミットは、画面中央下段に表示されているキャストバーが溜まるまで。約35秒間。
    • 1回目は3個、2回目は4個、3回目は5個と石の数が増えていく。
    • 誤った石を破壊した場合、即ギミック終了にはならないがペナルティを受ける。
      • マップ全体に大ダメージ。
      • ギミックのやり直し。
        やり直し地点は失敗したパターンから。
        例…2回目の石が4個の時に失敗した場合、全体攻撃の後に再び石が4個出現する。
  • 石の外見は昼の世界では紫色、夜の世界では赤色をしている。
     
    昼の世界
    昼8.png昼O.png昼P.png昼R.png昼S.png昼Λ.png昼↑.png昼◇.png昼/.png
    夜の世界
    夜8.png夜O.png夜P.png夜R.png夜S.png夜Λ.png夜↑.png夜◇.png夜/.png

ルーンの結界ギミック攻略

石を破壊するギミックとは直接関係ないが、ギミック時間中マップ全体に羽根が降り続ける。
羽根は地面に着弾すると爆発する。もはやお約束。
石は1度攻撃するだけで簡単に壊れるので支援職でも破壊可能。
逆に言えば、自動で攻撃してしまうスキルは誤った石を破壊してしまう恐れがある。
阿修羅の雷神の気運や男女ネンマスターの螺旋の念などは必ずOFFにしておくこと。
また、一般ダンジョンでは超5装備のセット効果が予期せず発動してしまうこともある。
1部位だけ別の装備に変更して超4の状態にするなど対処は可能だが、抗魔値には注意。
  • 正しい石の確認方法について
    ギミックの制限時間35秒に対して世界線移動スキルのクールタイムが10秒なので、
    1人で世界線移動と石の破壊を繰り返す方法は超人でもない限り不可能。
    つまり『2つの世界で共通するルーン文字の石を破壊する』という条件を満たすには、
    最低でも2人以上で協力して攻略する必要が必要がある。

攻略方法1
正しい石を伝える

自分のいる世界にある文字をチャットやボイスチャットで伝える方法。
反対の世界にいるパーティーメンバーから聞いた情報を確認した後、
自分の世界の中から共通している文字を探して石を破壊する。
  • チャットの場合、入力速度によっては攻略が非常にシビアになる。
    記号のような文字は正確に入力しようと思うと時間がかかること、
    短縮して伝えるにしても事前にどのように表現するか決めておく必要がある。
    (◇は四角形だから4、↑のような文字は画数が2だから2 など)
  • ボイスチャットを利用する場合、文字で伝達するよりも簡単だが
    外部ツールを使用することになるため野良パーティーでの利用は非常に困難。
    また、チャット同様に記号のような文字をどう伝えるか事前に相談が必要となる。

攻略方法2
世界線移動スキルを利用する

自分のいる世界の文字を記憶→世界線移動→共通している文字を破壊する、という方法。
1人だけで世界線移動と石の破壊を繰り返すことはできないが、
昼の世界と夜の世界から1人ずつ世界線移動することで可能になる。
事前に世界線を移動する順番を決めておくこと。
自分の目で見て確認する分、他人に伝えてもらうより速く攻略できる。
難点は、記憶力に自信がないと難しいこと。がんばれ。
ギミック終了後は、元の世界線に戻ることを忘れないよう注意。
例1
  • 1Pと2Pが昼の世界、3Pと4Pが夜の世界にいる
  • 1Pと3P→2Pと4P→1Pと3Pの順で世界戦移動をする
    行動石破壊時に
    各自がいる場所
    1P2P3P4P
    開始時

    1回目1P&3Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:昼→夜 2P:昼→昼 3P:夜→昼 4P:夜→夜
    2回目2P&4Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:夜→夜 2P:昼→夜 3P:昼→昼 4P:夜→昼
    3回目1P&3Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:夜→昼 2P:夜→夜 3P:昼→夜 4P:昼→昼

例2

  • 1Pと3Pが昼の世界、2Pと4Pが夜の世界にいる
  • 1Pと2P→3Pと4P→1Pと2Pの順で世界戦移動をする
    行動石破壊時に
    各自がいる場所
    1P2P3P4P
    開始時

    1回目1P&2Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:昼→夜 2P:夜→昼 3P:昼→昼 4P:夜→夜
    2回目3P&4Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:夜→夜 2P:昼→昼 3P:昼→夜 4P:昼→夜
    3回目1P&2Pが文字を記憶→世界線移動→石を破壊
    1P:夜→昼 2P:昼→夜 3P:夜→夜 4P:昼→昼
攻略方法3
わざと失敗する
生存特化。ルーンの結界ギミックを失敗してしまう方法。
失敗といっても誤った石を破壊するわけではなく、その逆。
制限時間まで石を一切破壊せずに待機する。
ギミック成功時のフレイ=イシスの防御力低下は望めない代わりに、
誤った石を破壊した際の大ダメージを受けることがない点がメリット。
連携の難しいギミックなので、状況次第では正攻法で攻略するより都合がいい場合もある。

ルーンの結界ギミック失敗パターン

戦後の世界ギミック失敗パターンと似た全体攻撃。
マップ全体に無数の羽根が落下→魔方陣が大きくなる→爆発する、という点は一緒。
異なるのは魔方陣がすぐに広がって爆発する点。
また、羽根が落下してから爆発までを計3回繰り返す。