マップ/クルン山/聖地:クルンチャード の変更点


 *聖地:クルンチャード [#n5d834fb]
 &attachref(../聖地クルンチャード.png,nolink);
 ''進入可能:Lv84 適正レベル:Lv84~86''
 ''適正ch:時間の扉''
 ''BOSS 巨竜ネイトラム''
 
 '''生き残った数少ない巨竜、ネイトラム。'''
 '''聖地の念を吸収し、天界を支配する力を得ようとする。'''
 '''本来の強さに念の力を得て、さらに強力となったネイトラムの欲望を阻止しなければならない。'''
 
 **マップ [#ac41ee48]
 |~S|~━|~━|~B|
 
 -&color(red){''【スペシャルダンジョン】入場時に8の疲労度が一括で消費''};
 -疲労度が7以下の場合入場できない
 -3部屋目は敵を倒しただけでは先に進めず、ネイトラムの攻撃を一定時間凌がなければならない
 
 **モンスター一覧 [#me130cea]
 #areaedit
 -ドラゴン闘士は咆哮してから間をおいて攻撃を行う&br;咆哮は特に効果なし
 -ドラゴン術士の電磁バリアは密着するくらい近くなければ使用しない&br;招雷はチャージ後、ドラゴン術士の前後左右に雷を放つ近接攻撃
 -ラヴァソウルのマグマ生成は最初はうっすらとマグマが見える状態で、一定時間後にマグマが生成される&br;振り回しタックルは使用頻度は低いが炎を纏って突進してくる威力の高い技
 
 |>|~名前|~Lv|~備考|h
 |>|>|CENTER:||c
 |&attachref(./火炎の子竜.png,nolink);|火炎の子竜|87|タックル&br;火炎放射(チャージ)|
 |&attachref(./dragonchamp.png,nolink);|ドラゴン闘士|87|咆哮(チャージ)&br;振り下ろし&br;両手振り下ろし|
 |&attachref(./dragon_wizard.png,nolink);|ドラゴン術士|87|杖殴り&br;電磁バリア&br;ライトニングボルト3連&br;招雷(チャージ)|
 |&attachref(ラヴァソウル.png,nolink);|&color(forestgreen){ラヴァソウル};|87|マグマ生成&br;ハンマー叩き&br;(衝撃波発生・溶岩ゴーレム召喚)&br;振り回しタックル|
 #areaedit(end)
 
 **BOSS:巨竜ネイトラム [#b68d8296]
 #areaedit
 #ref(巨竜ネイトラム.png,right,nolink);
 -ドラゴンダンジョンの時より属性抵抗が低下し、ダメージは通りやすくなった
 
 :凝視|
 『私と目が合ったものは石となる』というテロップ表示後、目があった者を100%石化させる。
 後ろを向いて目を合わせなければ回避できる。
 
 
 :吸収結晶化|
 『今度は誰が生贄になってくれるのだ?』というテロップ表示後、ネイトラムの近くにいたプレイヤーを飲み込んで、結晶化して吐き出す。
 結晶化中は何も行動できず(支援兵は仕様可)、持続ダメージを受け続ける。
 結晶を壊せば解放されるが、PTメンバーに助けてもらう・支援兵に壊してもらう・螺旋の念や設置系スキルで自動破壊するという限られた方法でしか逃れる方法がない。
 結晶化を食らってしまったらHP減少が非常に速いため、死亡がほぼ決まってしまう。
 テロップが出たらネイトラムから迅速に離れることが重要。
 
 :フレームストライク|
 巨大な手で地面を叩き付け火柱を多数発生させる。
 攻撃を受けると浮かされ、火傷状態になる。
 ランダムに発生する部分とマーカーが表示されプレイヤーを追尾しながら発生する部分(5回追尾)がある
 
 :クリスタルレイン|
 一定時間後、使用を開始する
 結晶を降らせる攻撃
 突き刺さった結晶は消えることなく、近づくと赤く光爆発する
 
 :火炎放射|
 HPが一定まで低下後使用を開始する
 火炎放射を放つ
 ボスが巨大なため、火炎放射の範囲も非常に広い
 
 :集気法|
 HPが一定まで低下すると使用する(1回)
 強制ギミックで一度だけ、HPを回復する
 拘束中は使用できないので、拘束したまま回復させずに倒すと時間の大幅な短縮が図れる
 
 ''攻略''
 -脅威となるのは吸収結晶化で他の攻撃はダメージこそ大きいものの立ち回りで簡単に回避が可能
 -ただし、クルン山全体のボスに共通して+11以上の強化武器(ハード)相当の難易度であるため+10のレア武器相当の職の場合、非常に時間がかかる
 #areaedit(end)
 *コメント欄(Wikiの編集の苦手な方はここに情報を) [#z2d9a228]
 #pcomment(コメント/マップ/クルン山/聖地:クルンチャード,reply)