'マップ/ルーク実験室/ソリウムマキナ' の第0 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

実装初期はオーラを剥いでも、同じHit数を与えるとまたオーラが再生成されるため一発火力スキルを持つ職がいなければ難易度が非常に高かった。
現在はオーラ消失後は時間経過で再生成に変更されているため、ディーリングに突入したら総火力で攻撃を加えるだけで良くなった。

  • 大きなルークの特徴として光と闇のオーラ中以外に様々な攻撃・行動に無敵がつくため、タイミングが完全に分かるようになるまでは、ルークの体の周りが無敵の白い状態かどうかを見ながらバリアや本体攻撃を行うとよい。
    無敵時間にスキルを使ってしまうと、ディーリングに入った時に手数やメイン火力スキルがなくなるという事態に陥ってしまう。
    無敵中にいかに無駄な攻撃を減らすかがルークを円滑に倒すための一番の近道。
  • 攻撃自体も光・闇共に共通したものが多いため行動を覚えるのはあまり難しくない。
    注意するのはエネルギー弾の誘導・光と闇の封印攻撃・闇の柱・暴風式くらいなため、丁寧に立ち回れば今までのボスよりも楽な部類に入る。
  • ディーリング以外は基本的に回避優先でバリア破壊を狙う。
  • オーラを剥ぐタイミング
    一般の場合:光・闇共に1回目のシールド展開をした後にシールド破壊時にオーラを剥げるように調整
    レイドの場合:光・闇共に2回目のシールド展開をした後に、シールド破壊時にオーラを剥げるように調整
    レイドでは貯蔵庫があるため、貯蔵庫とのタイミングを合わせるために2回目で行う
  • オーラを剥いだ後のディーリングは約20秒ある。
    しかし、拘束スキルを使うと終了時に無敵になり次の行動パターンへ移行するため、オーラ消失時にすぐさま拘束を行うのはレイドではあまりお勧めできない。
    (一般はHPが低いため、すぐさま拘束しても効果時間中に倒せるため問題ない)
    行動パターンをよく見て拘束は少し間をおいてからした方がよい。
  • レイドでは拘束スキルを長時間続けると、強制的に狂爆化の暴風式が発動する。
    拘束スキルを持つ職業はSGに気をつけながら戦う必要がある