Top > マカロフ > diff

マカロフ の変更点


 #include(共用パーツ/人形一覧ヘッダー,notitle)
 ----
 
 #contents
 
 ----
 
 *基本情報 [#u32a7b51]
 |CENTER:500|CENTER:50|CENTER:50|CENTER:50|CENTER:50|c
 |~No.008|>|>|>|~基本情報|h
 |&attachref(マカロフ.jpg,noicon,nolink,zoom,500x9999);|>|~名前|>|マカロフ|
 |~|>|~ランク|>|★3|
 |~|>|~銃種|>|ハンドガン|
 |~|>|~製造時間|>|00:40:00|
 |~|>|~CV|>|上坂すみれ|
 |~|>|~イラスト|>|河马|
 |~|>|>|>|~Lv.MAX時ステータス|
 |~|~HP|>|>|315(63×5)|
 |~|~火力|26|~射速|61|
 |~|~命中|61|~防御|-|
 |~|~回避|96|~弾薬|-|
 |~|>|>|>|~SD|
 |~|>|>|>|&attachref(マカロフ_SD.gif,nolink,zoom,180x9999);|
 
 |CENTER:744|c
 |~自己紹介|
 |指揮官様が命令するより、合わせてくれたほうがいいわ、私にね~|
 
 |CENTER:744|c
 |~入手方法|
 |2-5、2-6、2-1E、2-2E、3-3、3-6、4-5、4-6|
 
 |>|~陣形効果|
 |CENTER:100|LEFT:634|c
 |&ref(素材置き場/マカロフ_tile.jpg,nolink,100x100);|全銃種に有効&br;火力上昇10%/12%/15%/17%/20%&br;射速上昇6%/7%/9%/10%/12%&br;編制拡大を行うと、ハンドガンの陣形効果が上昇します。|
 **スキル [#bc50965c]
 |CENTER:90|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|CENTER:45|c
 |>|>|~スキル名|>|>|>|>|>|>|>|~効果(Lv.10)|
 |&ref(素材置き場/精確制圧.jpg,nolink,50x50);|>|精確制圧|>|>|>|>|>|>|>|6秒間、敵全体の命中を36%低下させる|
 |~レベル|~1|~2|~3|~4|~5|~6|~7|~8|~9|~10|
 |~開幕CT|>|>|>|>|>|>|>|>|>|6s|
 |~CT|15s|14.7s|14.3s|14s|13.7s|13.3s|13s|12.7s|12.3s|12s|
 |~効果|24%|25%|27%|28%|29%|31%|32%|33%|35%|36%|
 |~持続時間|>|>|4s|>|>|>|5s|>|>|6s|
 
 **セリフ [#adefc446]
 #region(セリフ一覧を開く)
 |CENTER:|LEFT:500|c
 |~入手|指揮官様が命令するより、私に合わせてくれたほうがいいわ。|
 |~挨拶|もぉ~待ちくたびれちゃったよ~|
 |~部隊編入|出番ってことね!OK!|
 |~強化完了|力が湧いてきたわ!|
 |~コミュニケーション1|うん、どうしたの?|
 |~コミュニケーション2|やっほー、元気?|
 |~コミュニケーション3|ねえねえ、今度遊びに行こうよ。|
 |~出撃|さぁ~て!実践ね!|
 |~敵と遭遇|敵さんみーっけ!|
 |~重傷|ごめん…撤退するわね…|
 |~勝利|よぉ~し!片付いたね!|
 |~撤退|私としたことが…|
 |~スキル1|自由射撃!|
 |~スキル2|私は…将校たちのおもちゃじゃないのよ|
 |~スキル3|もう警告したからね。仲間には指一本触れさせないわよ|
 |~後方支援開始|先に行くわ。指揮官、みんなをお願いね|
 |~後方支援完了|ただいま指揮官!なにかサプライズでもある?|
 |~修復|うぅ…威力がやっぱり弱かったみたいね|
 |~編制拡大|編制拡大…!火力と弾頭は?戦力に影響する?|
 |~自律作戦|みんな、慌てないで。私が指揮するから、反撃の準備を!|
 |~誓約|指揮官、あんな称号より、ずっとあなたのそばにいて、あなたに認めてもらうことの方が大切だわ。この時を忘れない。永遠に続けばいいのに…|
 |~コミュニケーション4||
 |~ローディング|待って。ちょっと様子を見たほうがいいわ|
 |~人形製造完了|新しい兵器が出来上がったみたいね|
 #endregion
 **重傷イラスト [#uf33516c]
 #region(重傷時のイラストを開く)
 &ref(マカロフ_damage.jpg,nolink,zoom,500x9999);
 #endregion
 **スキン [#e07b1bac]
 #region(かぼちゃクマさん)
 |CENTER:|CENTER:|c
 |>|~かぼちゃクマさん|h
 |~通常時|~重傷時|
 |&attachref(./マカロフ_skin1.jpg,noicon,nolink,zoom,500x9999);|&attachref(./マカロフ_skin1_damage.jpg,noicon,nolink,zoom,500x9999);|
 |>|~ガチャ「[[ハロウィン・カーニバル>宿舎/ガチャ/ハロウィン・カーニバル]]」&br;&color(red){期間:2018/10/27~11/16};|
 |>|~入手方法:スキンパック「[[ハロウィン・カーニバル>宿舎/ガチャ/ハロウィン・カーニバル]]」&br;&color(red){期間:2018/10/27~11/15};|
 #endregion
 **製造レシピ [#xef79f06]
 レシピについて
 
 **性能 [#g63bca05]
 ***総評 [#q0cf2f82]
 廉価版[[ウェルロッドMkII]]と言った趣で近いスキル・陣形効果を持つ。
 無駄の出にくい陣形補正とタンクを補助するスキルで、★3ハンドガンの中でも支援能力に優れており、
 特に敵の命中を下げる精確制圧はマカロフと[[ウェルロッドMkII]]しか持っていないレアスキル。
 ★の差があるため能力を比べると流石に見劣りするが、元が元なだけにこちらも十分優秀な性能。
 性能差は編制拡大のしやすさで補おう。HGは編制拡大で陣形補正が強化されるため、
 コアを節約できるのは大きな差別点となり得る。
 
 #br
 ***スキル [#tefcd3c0]
 敵の命中を下げる。
 発動した時に画面内におらず、後から入ってきた敵にも効果があるので、持続時間は無駄にならない。
 #br
 ***陣形バフ/編成 [#ob7fe496]
 範囲内の味方の火力・射速を上昇させる。
 後方3マスに影響が及ぶので前~中列に置けば後方のアタッカーに効果をかけやすい。
 T字陣形の中心に置けば全員にかけることも可能。
 #br
 ***装備 [#a8a28ee3]
 元々攻撃能力の低いハンドガンのカテゴリにおいて、さらに最低クラスの火力なので
 攻撃力は二の次にして、T型外骨格やサイレンサーなどで回避を補強し、
 少しでも生存力を上げてスキルを多く使ってもらうとSMGの負担が減るだろう。
 HPは低いが素の回避はハンドガン中トップクラスなので、いざという時のコントロール要員にもなれる。
 #br
 **元ネタ [#hcee722c]
 ||250||500|c
 |>|~正式名称|>|9-мм пистоле́т Мака́рова (ПМ)|
 |~種類|セミオートピストル|~開発国|ソビエト連邦|
 |~製造メーカー|ПАО «Ижевский механический завод»&br;Simson(ドイツ)&br;Арсенал АД(ブルガリア)&br;中国兵器工业集团公司|~生産対象|軍・民間|
 |~生産期間|1949-生産中|~採用国家|アゼルバイジャン, アフガニスタン, アルバニア, アルメニア, アンゴラ, イラク, インドネシア, ウクライナ, ウズベキスタン, エストニア(退役済み), エチオピア, エリトリア, カザフスタン, キューバ, キルギス, グレナダ, シエラレオネ, ジョージア, シリア(警察), ジンバブエ(軍), スロベニア(1990年代), タジキスタン, トルクメニスタン, ニカラグア, ブルガリア(1960-), ベトナム(K59), ベラルーシ, マケドニア, マルタ, モザンビーク, モルドバ, ラオス, リトアニア(退役済み), リビア, ルーマニア(警察), ロシア, 中国(59式 1959- 軍・民間), 東ドイツ, 北朝鮮|
 |~口径|9mm|~弾薬|9x18mm ПМ (Makarov), .380 Auto|
 |~装弾数|8発|~発射速度|-|
 |~初速|315m/s|~有効射程|50m|
 |~全長|161.5mm|~重量|730~810g|
 ***簡単な説明 [#qfc1c9e9]
 -第二次大戦後にソ連で開発・生産された自動拳銃。
 銃器設計者ニコライ・フョードロヴィチ・マカロフによって設計され、名前もそこから取られている。
 -開発までの経緯については、大戦中に使用された[[トカレフTT-33>トカレフ]]を代替する拳銃が必要となった為。
 トカレフは軍用拳銃としては申し分なかったものの、安全性に欠ける事から後継の拳銃が必要とされていた。
 -トカレフと比較するとサイズは小型で、拳銃弾はより威力の低い9x18mm弾へと変更された。
 また、デコッキング機能など安全装置も盛り込まれている。
 --設計に関してはドイツ製のワルサーPP自動拳銃の存在が色濃く反映されており、設計や弾薬等に影響が伺える。
 --一方でマガジンの交換に関しては、グリップ底部のレバーで固定する方式(SIG P220等同様の方式を取る銃も多い)。
 弾薬の小型化やこうした操作の変更は「軍用拳銃はあくまで補助武器であり、重要性は低い」というソ連軍部の方針が反映されている。
 -1951年に正式採用されて以降、ソ連を中心とする東側諸国で普及し、軍・警察のみならず様々な政府機関にも採用され、広まっている。
 現在でも使用する機関は数多いものの、装備としての自動拳銃のあり方も変わった昨今、より大型で威力のある自動拳銃の配備が進み、徐々に代替されつつあるが、長らく使用され続けている。
 --また、より威力のある改良型弾薬、PMM弾とそれを使用する改良型マカロフPMM、大容量のマガジンが使用できるPMM-2などの改良型も開発・生産された。
 他にも軍の特殊作戦向けにサイレンサーを組み込んだ派生型、マカロフPBも開発されており、実戦に投入されている。
 --一方で中国でも生産されており、ソ連との関係悪化後に入手したマカロフを元に[[59式]]拳銃が開発、生産されている。
 #br
 -また、トカレフと同じく犯罪に関するイメージの強い武器でもあり、日本に密輸入され、実際にマカロフを使用した発砲事件なども多く発生している。
 近年ではその小型さと威力からトカレフを上回って密輸入されており、ロシアや中国で生産されたマカロフの国内流入が問題視されつつある。
 -余談だがスライドを後退させた状態で、銃身とフレームで王冠を挟む事で栓抜きとして使える事も出来る。
 
 
 #br
 **コメント [#r2942319]
 
 #pcomment(,10,reply)