冒険者

Last-modified: 2021-03-07 (日) 02:40:17
収録拡張コストカード種別効果
基本(初版)6アクションあなたの山札から財宝カード2枚が公開されるまで、カードを公開する。
公開した財宝カード2枚を手札に加え、他の公開したカードは捨て札に置く。
 削除されたカード
このカードは初版のみに収録されており、第二版には収録されていません。
第二版および公式サービスであるDominion Onlineでは使用することが出来ません。


概要

デッキトップから順に公開して財宝2枚をサーチするアクションカード。
金貨と同じ6コストのカードだが、金貨より多くの金量を出すためには最低でも銀貨2枚以上を公開する必要がある。
安定した効果を得るには初期デッキの銅貨の廃棄は必須であるが、そういった手順を踏む場合はますます金貨で十分になりがち。
アクション権を消費してまで手札に加えられるのは財宝カードであるため、コンボに繋げるのも難しく、役割に困ってしまうサプライが多い。
デッキ構成をケアしても、運によっては勝利点カードを残して銅貨2枚を手札に加えてしまうこともあり、ままならない。

利用法

  • 銅貨を廃棄してデッキを圧縮し、ゲーム終盤でデッキに混じる勝利点カードをスキップしながら多くのコインを得る。
    • 低コストで多くのコインが得られる愚者の黄金、捨て札にして金貨が獲得できる坑道と相性がいい。
  • 呪い廃墟がデッキに混じる荒れ場で、確実に2コインを得る。
  • 泥棒義賊がはびこるゲームでも金貨と違って盗まれることがないため、改築などにより6コストの廃棄材料にする。
  • 詐欺師で金貨を冒険者に変換し、事故を誘発させる。

詳細なルール

  • デッキと捨て札に財宝カードが1枚以下しか残っていなかった場合、公開した財宝カードを手札に加え、残りのカードは全て捨て札になる。
  • カードテキストにある「捨て札に置く」は「捨て札にする」と読み替える。
    • よって、冒険者の能力で坑道忠犬を捨て札とした場合はリアクションできる。
  • 財宝カードを探し出す効果は「公開する」効果であるため、パトロンでリアクションできる。

関連カード

拡張名前関連
錬金術ゴーレムデッキから探し出すカードが、
財宝2枚ではなくアクション2枚となったカード。

余談

  • ドナルド・Xによる削除理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    This was the 6th card cut.

    My playtesters were pretty sure they didn't need to see more of it, and then I played some games with it, and man, it was not good.

    For casual players, it costs $6, Gold costs $6, if you want Adventurer you often want Gold first, maybe you never get around to Adventurer.

    Expert players will instead cite, it draws two cards and only gets Treasures, Smithy is cheaper, draws three, and can get Actions too.

    【日本語訳】

    これが6枚目の削除カードだ。

    テスタ―たちは、冒険者をゲームで目にする機会なんて誰にも求められてないことを確信していた。そして私もテストプレイを何度か行ったが、なんてことだ、これはよろしくない。

    こいつは6金、金貨も6金だ。カジュアルプレイヤーが冒険者を欲しがったとして、たいていは先に金貨を買うし、結局は冒険者を買わずじまいになるだろう。

    熟練者は鍛冶屋を引き合いに出すだろう。「こいつは6金もするくせにカードを2枚しか引けず、しかも財宝しか手札に入らない。鍛冶屋は冒険者よりも安く、3枚もカードを引けて、アクションカードも手札に入るんだ」ってね。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White