植民

Last-modified: 2020-06-19 (金) 15:33:56
収録拡張コスト種別効果
移動動物園10イベントサプライのアクションカードの山札から1枚ずつカードを獲得する。

概要

アクションカードのサプライから1枚ずつカードを獲得するイベント。
例えば一気に10枚のアクションを獲得することも有るが、アクション権の概念がある以上、全てのアクションを有用に使える場合は少ないので、サプライによって価値が大きく変わるイベントと言える。

利用法

  • カードの種類を増やし、品評会博物館の点数を上げる。
  • 一度に大量のアクションカードを入手できるので、ブドウ園庭園戦法に活かせる。
    • ただし通常の庭園戦法で10コインを出すのは難しく、このイベントで庭園自体は手に入らないため、通常の庭園戦法が取りづらく長期戦になりやすいサプライでの作戦といえる。
    • ブドウ園の場合も、10コイン出すのが現実的かどうかはサプライによる。コンボデッキを組みながらブドウ園で点数を稼いでる場合であれば難なく出せることも多い。
  • 望楼交易人を利用して、欲しいカードだけ貰って要らないおまけは処理する。
  • 連続して凱旋を購入できれば、最大で植民地超えの点数を得られる。
  • 高額カード、ポーションや負債をコストに持つカードも獲得できる。高額で、デッキにアクションカードが増えることも追い風となる市街との相性が良い。

詳細なルール

  • サプライにあるアクションカードの山札の一番上から1枚ずつカードを獲得する。
    • などのサプライ外のカードは獲得しない。
    • 廃墟はサプライにあるアクションカードの山札なので、獲得する。
    • 魔女娘で用いる災いカードはサプライに含まれるので、その山札がアクションであれば獲得する。
  • サプライの山札が空になっている場合、そのカードは獲得できない。
  • サプライからアクションを獲得する順は植民を購入したプレイヤーが自由に選択することができる。
  • 騎士廃墟分割された山札などの複数のカードからなるアクションカードの山札の場合、一番上のカードのみを獲得する。
  • 植民の効果で獲得するカードは、「アクションの山札」のカードに限られる。アクションの山札とは、『ランダマイザーカードのカードの種類表記にアクションが含まれるカードの山札』のことを指す*1
    • はランダマイザーの表記が『勝利点-城』なので、アクションの山札ではない。小さい城華やかな城が城の山札の一番だった場合でも、植民の効果で獲得することはできない。
    • 一方で、城以外の分割された山札は、全て(ランダマイザーの表記に則り)「アクションの山札」として扱われる。なので、サプライの陣地/鹵獲品の山札の一番上のカードが鹵獲品だった場合は、植民の効果で鹵獲品を獲得する。
    • 相続購入後で、屋敷がアクションとして扱われる場合であっても、屋敷は勝利点の山札なので、植民の効果で獲得することはできない。
  • 植民の効果でカードを獲得した際、カード獲得に誘発する効果が割り込むことがあるので注意。ただし、割り込んだ処理が完了したら、その後続けて植民の効果での残りのカードの獲得を行う。
    • 例えば、植民の効果で騎兵隊ヴィラを獲得した際は、(購入フェイズ中なので)その瞬間にアクションフェイズに戻る処理が割り込む。その後続けて残りのアクションカードの獲得を行い、全て獲得し終わり次第、アクションフェイズを続行する。
      • この場合、行商人のコスト変動に注意。
        例えば、場に貸し馬屋を含むアクションが3枚ある場合れば、購入フェイズ中に獲得した行商人は2コストなので貸し馬屋の効果で馬は獲得しないが、アクションフェイズ中に獲得した行商人は8コストなので貸し馬屋の効果で馬を獲得する。

コメント

  • 植民購入時、手札に牧羊犬があり、サプライの牧羊犬の山札が空だったとします。他のカード獲得に牧羊犬でリアクションし、馬の習性を選択すると牧羊犬の山札が復活するわけですが、この牧羊犬は植民の効果で獲得できるでしょうか? -- 2020-06-03 (水) 15:52:58
  • (続き)また、↑の場合、獲得は強制でしょうか?植民はサプライのカード獲得順を選べるわけなので、「牧羊犬のサプライは空だったので獲得できなかった」と処理をした後、上記方法で牧羊犬のサプライを復活させた場合は、牧羊犬を獲得しなくても良いのではないか?という気もしていますし、ドミニオンのルールは『カードの処理は可能な限り実施する』という原則があるので、先述の状況でも牧羊犬の獲得を拒否できない気もしています。 -- 2020-06-03 (水) 15:58:04

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



*1 サプライにあるランダマイザーを持たないカード(銅貨、屋敷等)は、山札内のカードが全て同一のカード種類であるため、そのカードの種類の山札として扱われる。