追求

Last-modified: 2020-06-10 (水) 11:03:47
収録拡張コスト種別効果
移動動物園2イベント+1 カードを購入
カードを1枚指定する。あなたのデッキの上からカード4枚を公開する。その中の指定したカードをデッキに戻し、残りを捨て札にする。

概要

目的のカードのみをデッキに残し、それ以外を捨て札にすることができるイベント。
追求を購入した段階で手札の財宝を使用することはできなくなるので、指定カードをデッキトップに残したことを同じターン内で利用することは難しい。
基本的に次ターンの手札を厳選するために購入されるイベントと言える。

利用法

  • 役人幽霊船などのデッキトップ汚染アタックへの対抗策としては悪くない。
    逆に、配給品などのデッキトップへ有用カードを獲得するカード使用後には購入したくないイベントであると言える。
  • 首謀者を使用したターンなど、次の手札が重要な際に目的のアクションが手札に来る確率を上げるのに利用する。
    • 幽霊で使用するアクションを厳選したいときにも便利。
  • 捨て札になる時にリアクションできるカード(坑道忠犬村有緑地)、もしくは、公開時にリアクションできるパトロンと組み合わせる。
    • なお、仮に、デッキの上から4枚のうち2枚以上をパトロンにできていて、「追求を購入すると2財源以上得られる」という状況となった場合でも、ここで得た財源は即座に使用することができるわけではないので無限コンボとはならない*1
  • 山札が3枚以下の際、次ターンに捨て札がある状態が作れるので、剣客騒がしい村など、捨て札があると嬉しいカードを活かしやすくなる。追求で指定すればこれらのカードが落とされなくなるのも嬉しい。
    • 反対に漁師は捨て札があるとコストが上がるので注意。

詳細なルール

  • このゲームで使っていないカードを指定してもよい。そうした場合、公開した4枚はすべて捨て札にすることになる。
  • のような異なる名前のカードからなる山札のカードを指定する場合、カードの種類やランダマイザー名ではなく、「粗末な城」のように個別の名前を指定しなくてはならない。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 ヴィラを購入してアクションフェイズに戻れば財源を使用するタイミングが回ってくる。『デッキの上から4枚のうち3枚以上をパトロンにできていて、「追求を購入すると3財源以上得られる」』という状況であれば、ヴィラを買い続けることはできる。