会計所 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[繁栄]]|5|アクション|あなたの捨て札のカードすべてを確認し、&br;その中から好きな枚数の銅貨カードを公開し、それをあなたの手札に加える。|

*概要 [#overview]
捨て札の[[銅貨]]を好きなだけ回収できるアクションカード。
初期デッキには通常で7枚の銅貨が入っており((ただし[[家宝>夜想曲#Heirloom]]を使用するゲームでは7枚より少なくなる。))、全て回収できれば7金も出るので、属州にも手が届く。銅貨を買い足せば、それ以上のお金も出せるだろう。
問題は、捨て札に銅貨が無いと効果が無く、シャッフル直後に引くと無意味なカードになってしまう点。また、銅貨の枚数を増やせばこのカードが手札に来る可能性も下がるってしまう。
問題は、捨て札に銅貨が無いと効果が無く、シャッフル直後に引くと無意味なカードになってしまう点。また、銅貨の枚数を増やせばこのカードが手札に来る可能性も下がってしまう。
デッキが切り直されるタイミングを他のアクションでうまく調整し、常に銅貨が捨て札に置かれるように調整できれば、安定した金量を出し続けるカードになれる。

*利用法 [#howtouse]
-[[荒れ場>用語集#areba]]で購入する。
--捨て札に銅貨が何枚あるときにこのカードを引けるかは運次第になりがちだが、[[属州]]を買えるお金が出なくなるような場で、デッキの下の方で引くだけで属州に届き得るカードを買うのは、分の悪い賭けではない。
[[屋敷]]も買えないようなターンや、追加の購入が出たターンには、積極的に銅貨を買っておくといい。
--[[不正利得]]がある場合はプレイするだけで銅貨が増やせる。
-[[地下貯蔵庫]]・[[倉庫]]などの手札を捨てるアクションで銅貨を捨て、会計所で銅貨を回収しなおす。
-使用を先延ばしにし続ける手段があれば、シャッフル直前のターンに使用できる。
--丁度良いタイミングまで会計所を温存する手段には、[[保存]]、[[星図]]、[[ウミガメの習性]]などがある。いずれも、デッキの回転が絶望的な荒れ場でも使いやすい手段なので狙いやすい。
-[[移動遊園地]]で大量の銅貨を集めて会計所で回収する。13金以上出れば会計所と銅貨4枚を山札の上に置けるため、会計所の山が枯れるまで会計所で大量の銅貨を回収し続けられる。
-[[夜警]]と組み合わせると、プレイした銅貨をプレイエリアに残した状態で山札の枚数を調整し、捨て札に大量の銅貨を残したまま次ターンの手札を作ることにより、会計所で大量の銅貨を回収できるようにする。
--[[夜警]]2枚[[会計所]]2枚銅貨8枚があれば会計所ループが組める。
-複数枚の[[ゴーレム]]と会計所だけ、もしくは会計所と山札を捨て札に置くアクションカード([[ゴミあさり]]等)だけをデッキに入れ、ゴーレムで会計所(と山札を捨て札に置くアクションカード)を使用する。
--ゴーレムを使用する前の手札に会計所があると不発になる他、ゴーレムのコストが4+&color(#ffffff,#0033cc){P};と高く集めにくいため、安定させづらい。
*詳細なルール [#rule]
-手札に加える銅貨は公開しなければならない。
-日本語訳がやや不適当で、カードテキストの「捨て札のカードすべてを確認し」とは、厳密には「捨て札のカードすべてを見る」の意味である((英語版カードのカードテキストは"''Look'' through your discard pile,"となっている))。
よって、捨て札の内容は自分だけが参照できる情報となる。
--銅貨以外については公開しないので、当然[[パトロン]]のリアクション効果は発揮されない。
-銅貨を手札に加える際、捨て札のカードの順番を変えてもよい。

//*関連カード [#relation]
//|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
*余談[#digression]
日本語のカードにコストの部分を除いて数字が全く書かれていない、非常に珍しい王国カードである。この特徴を持つ日本語版の王国カードは、会計所と[[修道院]]の二種類だけである。
なお、英語版だとカード1枚を "a card"として表すため、他にも幾らか存在する。またそのため、[[変成]]の英語版にはコストの部分も含めて数字が一切書かれていない。

*コメント [#comment]
#comment(noname)

&br;
#include(一覧/繁栄,notitle)